癌とストレスの関連が大きいのは何歳?(癌ニュース 2018/5/27 18:00)

By

スポンサードリンク

癌とストレスの関連が大きいのは何歳?(癌ニュース 2018/5/27 18:00)



がんとストレスの関連 もっとも大きいのは35~55歳  =診察室から=|暮らし・文化|診察室から|佐賀新聞LiVE

増え続けるがん患者。最近、ストレスとの関連が指摘されています。特に、心理的な要因が最も大きいのは35~55歳の年齢層です。2018年1月20日、国立がん研究センターの研究班が「自覚的ストレスが高いと全てのがんで罹患リスクが高くなり、その関連性は男性で強くみられる」ことが証明されました。特に、長期間にわたるストレスがあると、がんにつながる可能性が示唆されます。

がん予防に効くのはコーヒー? 菓子パン? バイアグラ!? 目からウロコの健康常識 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

バイアグラで大腸がんを予防できる?

「ホントです。マウスによる実験では、バイアグラで大腸がんを防いだという結果が出ています。ただし、人間を対象とした研究ではないので、オススメはしません」

 と、医学ジャーナリストの植田美津恵先生。米ジョージア大学の研究によると、マウスの飲み水にバイアグラを入れたところ、がん化するおそれがある腫瘍性ポリープが半減したという。

「バイアグラのほかに、鎮痛剤で知られるアスピリンにも、がんを防ぐ効果があるといわれています。とはいえ、大腸がんを防ぐために、バイアグラをせっせと飲むのは論外。ほかの方法でも予防できますし、服用には慎重になったほうがいいでしょう」

血中のビタミンD濃度 高い人はがんになりにくい|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

血液中のビタミンDの濃度が高い人は、がんを発症するリスクが低いことが、日本人を対象とした研究で明らかになりました。

スポンサードリンク

京大iPS すい臓がんの新メカニズム解明(関西テレビ) - Yahoo!ニュース

これまで、すい臓がんの主な原因は遺伝子の変異とされていましたが、京都大学iPS細胞研究所などの研究グループは遺伝子の変異だけでなく、細胞の働きが弱まる「脱分化」が発症に関与していると発表しました。

女性のがん死1位 命を守る40代からの大腸がん対策|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

罹患(りかん)数2位、死亡数1位と、女性にとって最も身近ながんの1つが、大腸がん。特に40代以降はリスクが急増する。大腸がんって、どんな病気? 命を落とさないために、どうしたらいい? 東京医科歯科大学大学院応用腫瘍学講座の石黒めぐみ准教授に話を聞いた。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク