漫画「はだしのゲン」のコラ画像がネットで流行、出版社が注意の声明

By

スポンサードリンク

はだしのゲン 第1巻


漫画「はだしのゲン」のコラ画像“ゲンコラ”流行に出版社が声明

汐文社は、「弊社書籍内のイラストの転載について」と題するお知らせを公開しました。これは、Twitterを中心に「はだしのゲン」のコラージュが広まっていることを受けての声明だとみられます。

私も子供の頃、漫画「はだしのゲン」を読みました。戦争や原爆の恐ろしさは、この作品を通して学びました。同作は、作者の故・中沢啓治さんが原爆による被爆体験をもとにして戦中戦後の時代を生き抜く人々を描いた自伝的漫画です。

その名作「はだしのゲン」が今になってなぜネット上で流行し、ワンシーンを用いたコラージュ画像などに利用されているのでしょうか?

内容としては、「はだしのゲン」に登場するシーンの吹きだしや、絵の一部などを変えてコラージュするという遊びのようです。

違法性があるため、あえてこのブログでは掲載しませんが、Twitterでは「#ゲンコラ」などのハッシュタグとともに多くのコラ画像がアップされていました。

私も実際に“#ゲンコラ”というハッシュタグで検索した画像を見ましたが、内容的にはヒドイものでした。

スポンサードリンク

このようなことが気軽に蔓延するネット住民の法意識の低さには唖然としてしまいますが、こんなことが起こる背景には“アルプスの少女ハイジ”を使ったCMなどが影響しているのかな?と感じました。

今回の出版元・汐文社による声明は、ネット上での流行がエスカレートしていることについて注意を促すと同時に、「転載は基本的にお断り」と、イラスト転載についての法的な見解を公式サイトで改めて明確にしたものです。

汐文社は、コメント上に「弊社書籍内のイラストの転載について」との文書を掲載し、同社著作物の2次使用に関する規定や注意事項を記したページのリンクを掲示。

「下記にあるように、弊社は、弊社書籍内のイラストやマンガの転載は基本的にお断りしています」「作品の著作権者が不利益を被るような内容であると弊社が判断した場合には、著作権者にお知らせしています」とつづっています。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク