がんってどんな病気?なぜ体に悪いの?癌ニュース(2018/6/22 15:30)

By




スポンサードリンク


がんってどんな病気? なぜ体に悪いの?



がんってどんな病気? なぜ体に悪いの?|ヘルスUP|NIKKEI STYLE


がん細胞はこの遺伝子の情報がおかしくなることで生まれるんだ。がん細胞は正常なときとはちがって、細胞分裂をくり返してどんどん増殖(ぞうしょく)する。それが大きなかたまりになって、目に見えるほどの大きさのがんになるんだ。

 がんは食道や胃、腸、心臓(しんぞう)や骨など体の様々な場所にできる。脳や血液のがんもあるんだよ。日本人で多いのは、男性では胃、肺、大腸。女性では乳房(にゅうぼう)、大腸、胃のがんが多いよ。がんができた場所は正常な働きができなくなって、体全体の健康を維持(いじ)することが難(むずか)しくなってくる。がんが大きくなって症状(しょうじょう)が悪化すると、亡(な)くなることもある。日本人の3人に1人はがんで亡くなる。たいへん大きな病気なんだ。



なぜ心臓に「がん」はできにくいの?(All About) - Yahoo!ニュース


1. 心臓は身体の表面にはないため
まず第一に、心臓が身体の表面にはないということが挙げられます。心臓には、胃腸における消化管のように中が空の管は通っていませんし、肺のように外界と接する表面もありません。がんが極めて少ないのは、まずこのためです。

その代わりに奥のほうにある細胞からできる「肉腫」は、心臓においてもわずかながら発生することがあります。しかしがんと肉腫をあわせても、心臓から発生する悪性腫瘍は極めて少ないのです。その原因として次のことが考えられます。

2. 心筋はあまり増えずコピー回数が少ないため
心臓の細胞のうち、「心筋」と呼ばれる筋肉はあまり増えません。増えないものはコピー回数も少なく済むため、コピーミスの可能性も少なく、結果として悪性化しにくくなるのです。そうは言っても、少数ながら心筋細胞をコピーして造る機能はあるため、悪性化する可能性がゼロではありません。

3. 心臓の温度が高いため
心臓は体の奥に位置しており、保温性の良い環境にあります。熱を発生する肝臓のすぐ隣にあることからも温度が高い臓器です。普通私たちの体温は腋窩つまり脇の下で測定しますが、心臓の温度はそれより1度前後高いのです。悪性の細胞は高温に弱いため、心臓には悪性細胞が一層生まれにくく、また悪性の細胞が血流に乗って他臓器から流れて来ても、心臓に定着、つまり転移することが少ないと考えられます。

4. 心臓が作るAPPなどのホルモンの作用のため
心臓はANP(心房性ナトリウム利尿ホルモン)などのホルモンを作っており、これが悪性細胞を抑える作用を持つため、悪性細胞ができにくく、また転移もしにくいと考えられています。


医療者ががんになって 患者に学び、力つなぐ|視点オピニオン|上毛新聞ニュース


私の職業は助産師です。がんを患う前は看護師をしていました。忙しいながらも、患者さんのためにと思い、自分なりに精いっぱいの看護を行っていたつもりでした。しかし、自分が実際に病気になり手術や抗がん剤治療を受ける立場になったときに思ったことは、患者さんのことをどんなにわかっているつもりでいたかということでした。

 頭を悩めることは限りなくありました。病気になるということは、自分だけでなく家族も含めた周囲の人の生活が一変するということ。病気を頭で理解することはできても気持ちが追いついていかないこと。採血や点滴を行う時の痛みや結果に対する不安の大きさ。治療に多くのお金がかかること。医師や医療者に対する期待と気兼ね。期待がかなえられない・不安を察してもらえないと感じたときの悲しみや怒りや絶望。結果説明内容の不足感。医療者の言葉遣い、部屋やベッドサイドにくる時の礼儀や態度―。これらの一つ一つに頭を悩め、神経が敏感になりました。



スポンサードリンク



糖尿病とがん、NDBで解析【JDS2018】|MMJ|医療情報サイト m3.com


次に、糖尿病患者の死因トップで約40%を占めるがんについて、国内約34万人のデータ解析から、糖尿病患者は大腸がん、肝臓がん、膵臓がんの発症リスクが1.5~3倍増えるという推計を紹介。がん併存の有無は、糖尿病患者の診療で考慮すべき重要な因子だが、現時点では、どの程度の糖尿病患者ががんを併存しているか不明なため、NDBで糖尿病患者に占めるがん患者の割合を分析した。

 年度ごとの集計では、2014年度に糖尿病と記載された約2500万のうち、がん併存は約900万人と推計された。レセプト病名も含まれるため、実際より多く推計されていると分析。都道府県ごとのばらつきも大きいという。


「心の悩み」が身体にがん症状を起こす場合がある|日刊ゲンダイヘルスケア


「息子は悪性リンパ腫でしょうか? 1カ月ほど前、中学時代に仲が良かった同級生のN君が悪性リンパ腫で亡くなったとお母さんから電話がありました。N君は、大学に入ってすぐに首のリンパ節が腫れて熱があったようで、中でも悪いタイプだと診断されたようです。その後、息子はN君に2回ほど会ったらしいのですが、『頭髪はすっかりなくなって、顔は丸く膨らんでいた』と、ショックを受けていました。N君と最後に会ってから半年ほどになります。息子は浪人して2年目で、どうしてもS大学に入りたいと頑張っているんです……」


関連記事