【がん代替治療】小林麻央、北斗晶を分けたものは?癌ニュース(2018/6/24 9:00)

By




スポンサードリンク


【がん代替治療】小林麻央、北斗晶を分けたものは何だったのか



がん代替治療:小林麻央さんと北斗晶を分けたものは何だったのか|やまもといちろうコラム(2017年9月2日) - エキサイトニュース(2/3)


「某著名人の方が、がんの発覚時点から当院の診察、治療を受け、当院の指導により標準治療を受けることをせずに手遅れになったという報道は事実無根でございます」という反論が示されているものの、そもそも無届の臍帯血による治療で乳がんに効果的な治験があるとするデータが乏しく、逆に前出の通り代替治療は標準治療の数倍の死亡リスクがあるとする論文がしっかりとある以上は、もしも標準治療を受けずに代替治療を進めていたならば小林麻央さんが早世してしまった理由とされても違和感はありません。

 一方、同じ乳がんを患い標準治療を即断して大手術を経験している北斗晶(50)は、術後一年の現在、概ね良好の経過のようです。もちろん、一度はリンパ節に転移している以上、楽観視することはできないのですが、周辺の情報を見る限りいまのがん治療においては適切な治療を行えた、あとは天に任せる状況ではないかと感じます。


自殺リスクの高い胃がん患者の特性は|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット


胃がん患者の自殺リスクは米国一般住民の約4倍で、診断から3ヵ月以内が最も高いことがわかった。さらに「男性」「白色人種」「独身」「遠隔転移のある病期」が有意に自殺リスクの増加と関連していた。東海大学医学部付属八王子病院放射線治療科の菅原 章友氏らが報告した。


末期がんから自力で生還した人たちが実践している9つのこと (2/4) | プレジデントオンライン


・抜本的に食事を変える
・治療法は自分で決める
・直感に従う
・ハーブとサプリメントの力を借りる
・抑圧された感情を解き放つ
・より前向きに生きる
・周囲の人の支えを受け入れる
・自分の魂と深くつながる
・「どうしても生きたい理由」を持つ




スポンサードリンク


抗がん剤勧める医師、なぜ自身ががんに罹ると使用拒否?「時間無駄」「つらい副作用」 | ビジネスジャーナル


抗がん剤の効果が疑問視されるようになっているなか、注目すべき調査結果が発表された。6月9日付読売新聞記事によると、大森赤十字病院(東京都大田区)の佐々木慎・外科部長は、このほど「自分が進行がん患者だったら抗がん剤治療を受けるか」というアンケート調査を医師53人と薬剤師29人(計82人)に行い、その回答を得た。

 質問は自分が「胃がん患者」になったという前提で回答するもので、抗がん剤治療を「受けたくない」「限定的なら受けても良い」と消極的な回答をしたのは、ほぼ4人に1人の21人。その理由としては、「根治しない」「時間が無駄」「延命を望まない」「副作用がつらい」だった。


ヤジ受けた患者・ヤジ飛ばした議員両方に嫌がらせ殺到 「死ね」「見苦しい」 - BuzzFeed Japan


受動喫煙対策を参考人として訴えたがん患者の長谷川一男さん(47)に、自民党の穴見陽一衆院議員がヤジを飛ばし、謝罪した問題で、両者のもとに匿名での抗議や嫌がらせメールが大量に寄せられている。

「死ね」「肺がんになって苦しめばいい」などと、嫌がらせの言葉を繰り返し浴びせかける人もいるという。

こうした動きに対し、ヤジを飛ばされた当事者である日本肺がん患者連絡会の長谷川一男さん(47)は、「誰かを誹謗中傷し、対立が深まることを求めていたわけではない」と冷静になるように呼びかけている。

関連記事