【大岡越前】俳優の加藤剛さん胆嚢がんで死去、お奉行様役で活躍

By




スポンサードリンク


大岡越前 第五部(7枚組) - 映像と音の友社


俳優加藤剛さん(80)が6月18日に胆嚢(たんのう)がんで死去していたことが発表されました。9日、所属する劇団俳優座が明らかにしました。加藤剛さんはかつてお馴染みの長寿時代劇ドラマ大岡越前」などで知られています。お別れの会は9月22日に行う予定といいます。




スポンサードリンク


加藤さんは早大で演劇を学んだのち、俳優座養成所入りしました。1962~63年放送のドラマ「人間の條件」では主人公を演じて一躍注目となり、70年には月曜午後8時のTBSナショナル劇場」枠で始まった「大岡越前」の主役に抜擢。名奉行・大岡越前守忠相として長きにわたりお茶の間の人気をつかみました。大岡越前はその後99年までシリーズが続き、加藤さんにとってはまさに当たり役となりました。



また、映画では72年の「忍ぶ川」で清純派女優栗原小巻と濡れ場を演じ「コマキスト」男性たちに衝撃を与えています。74年の「砂の器」では、暗い過去を背負った主人公の音楽家役で感動を呼び、76年のNHK大河ドラマ「風と雲と虹と」では、主役の平将門を熱演しています。ミステリードラマや舞台にも数多く出演してきました。


今年の2月には、綾瀬はるかさん主演の「今夜、ロマンス劇場で」に主要キャストとして出演しましたが、昨年12月に息子で俳優の加藤頼さんと出演した「徹子の部屋」で痩せた姿が視聴者を驚かせ、心配の声が広がっていました。


謹んでご冥福をお祈りいたします。


関連記事