【肺腺がん】東てる美、がんの手術で「肺の5分の1取った」と報告

By

スポンサードリンク

CD/東てる美/60にして


16日に放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!」のなかで3・5センチの『肺腺がん』が見つかったことを報告した女優東てる美さん(61)がフェイスブックを更新。18日に肺腺がんの摘出手術を受けたことを明かしました。肺の5分の1を切除したといいます。


東さんは手術を受ける直前にもフェイスブックを更新しており、「父も母も癌で亡くしているので癌は覚悟してましたから、あまり驚く事もありませんでしたが、あの時に『名医のTHE太鼓判』に出演していなかったら…」などと心境を明かしていました。

スポンサードリンク

東さんの肺腺がんは、「名医のTHE太鼓判!」の番組企画で受けた人間ドックなどで早期発見されたもの。病期を示す進行状況はステージ1Bだったとされます。


フェイスブックの書き込みは術後に病室で行っていた模様です。「とりあえず…無事生還。17時頃手術が終わって徐々に麻酔も冷め、まだ何となく眠い感じではありますが、FBも出来るくらいに回復してきました」とつづった上で「痛み止めの硬膜外麻酔か効いてるので何も痛みはありません。凄いね!! 今の医学って!!」と、術後の状況を説明しています。


さらに「肺の5分の1取った」と報告した東さんは、「早期発見ならこんなに早く回復に向かうんだね。やはり検診が大事だわ。つくづく思った本日でありました」などと心境を吐露。早期発見の大切さをうたっていました。



≫もっと『東てる美さんの記事』を読む

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Tag
肺腺がん東てる美がん手術
Share & 拍手
スポンサードリンク