がん ニュース(2018/7/27 23:00) 「直腸がん」の初期症状・進行症状、下血・貧血…

By

スポンサードリンク

がん ニュース(2018/7/27 23:00) 「直腸がん」の初期症状・進行症状、下血・貧血…



直腸がんの初期症状・進行症状……下血、貧血等 [癌(がん)] All About

直腸がんが進行すると、便の通過障害に伴う症状が出てきます。直腸という管の中に新しく「できもの」ができるため、便の通過が悪くなるのです。

便の通過障害に伴う症状はさまざまですが、代表的なものは、繰り返す下痢と便秘、そして「便柱狭小」といわれる便が細くなる症状です。

快便の例として「バナナ状」という表現がしばしば使われますが、ある程度の太さと固さを保った便が定期的に出ることは、腸の健康を示す大切な指標。便の形だけでも、異常がないか注意して観察するようにしましょう。


「がんに効果」と虚偽の説明、健楽園に停止命令 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

健康食品の電話勧誘で「がんにならない」などと虚偽の説明をしたなどとして、消費者庁は27日、健康食品販売会社「健楽園」(東京)に対し、特定商取引法違反(不実告知など)で3か月の業務停止を命じた。


急増する「前立腺がん」の手術で勃起神経は切除?それとも温存できるのか? - FNN.jpプライムオンライン

「前立腺がん」は、初期の段階には自覚症状がありません。
しかし現在は、信頼性の高い腫瘍マーカー【PSA検査】が普及した結果、無症状であっても、早期に発見されるケースが増えています。
がんが転移しておらず、期待余命が10年以上と判断される場合には、前立腺全摘出術が標準的な治療として行われます。
がんが前立腺内にとどまっていれば、根治が可能です。
実際、手術を受けた患者さんの5年、10年生存率はいずれも100%なのです。
しかし…「前立腺がん」手術に臨む男性は、ある大きな覚悟をする必要がありました。
それは、“男性の尊厳”に関わる覚悟です。

スポンサードリンク

がん発見がうっかり見過ごされる現場の実態 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

最近、胃腸の調子が悪い。あるいは、検診で精密検査を受けろと言われた。いろいろな理由で胃や大腸の内視鏡検査を受けた方も少なくないと思うが、後日、検査結果を聞きに、外来を必ず受診しているだろうか。

実は、主治医の「病理診断結果の確認漏れ」により、病気が放置されることが問題となっている。公益財団法人日本医療機能評価機構からも、医療機関宛てに注意喚起がなされている。

主治医が内視鏡検査を行い、病理診断報告書も出ていたが、患者が来院しなかったため、カルテが一度も開かれないまま時間が過ぎ、別の医師が2年前の病理診断報告書で「悪性」の所見が出ていたことに気づいた、というような事例が報告されている。


[お笑いコンビ 藤崎マーケット 田崎佑一さん]腎臓がん(1)「虫の知らせ」で受診 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

毎日、時間が空くたびに、異常なほど人間ドックが気になった。それが1週間も続き、何かおかしいと思った。当時、隔週で出演していたテレビ番組で、先輩がドックを受ける映像をたまたま見た。「これや!」。すぐその施設を紹介してもらった。

 結果は、自宅に郵送されるはずだったが3日後、電話が鳴った。「腫瘍が見つかりました」。直径約3センチという。精密検査の必要があったが、「人ごとのような感覚。精密検査では陰性だと勝手に思っていた」。だが、新妻に伝えると泣き崩れた。その様子を見て、恐怖がじわじわと湧いてきた。


▼がん関連の新書


関連記事