【終活の経済学】遺品・生前整理の極意とは?終活ニュース(2018/8/6 15:00)

By




スポンサードリンク


終活



【終活の経済学】遺品・生前整理の極意(3)作業現場から - SankeiBiz(サンケイビズ)

■札束や金塊が見つかることも

 「遺品整理をしていて現金が出てこないことはない」。ある遺品整理会社の経営者はそう断言する。遺品整理に限らず、机やタンスの引き出しを整理するだけで十円玉、五十円玉が見つかる経験は多くの人がしているだろう。

 遺品整理では、小銭ではなく「タンス預金していた札束」「税務署には知られたくない金塊」などが見つかる例がある。ネクストでも、過去には「1000万円の札束」が出てきた経験を持つ。「冷蔵庫の中から金塊が出てきた」「押し入れの奥から、聖徳太子の一万円札が何百枚も入った紙袋が出てきた」といった話もある。

 絵画、時計といったブランド物を、質屋やリサイクル業者と提携して、ちゃんと鑑定してくれるサービスをしている遺品整理業者もある。

 多くの業者は、現金、貴金属、貴重品が見つかれば、きっちり遺族に報告する。だが、「あそこは分からない」という悪評が絶えない業者の存在を指摘する風評があるのも事実だ。


終活で知っておきたいダイヤモンド葬とは(2018年8月4日) - エキサイトニュース

少子化が進み、後継者を必要とする従来型の「〇〇家の墓」では継続が難しいということで、様々な供養の形が登場しているが、その中に「ダイヤモンド葬」というものがある。遺族の依頼を受け、遺骨を使い、美しい合成ダイヤモンドを作り出し、形見として残す方法だ。スイスのアルゴダンザ社によるサービスで、2005年に世界で5番目の現地法人となるアルゴダンザ・ジャパンが設立され、日本国内でサービスを提供している。


長嶋一茂 日課は“終活”!新視聴率男を生んだ驚きのイメトレ | 女性自身

彼をよく知る仕事関係者は言う。



「じつは同時期に朝晩“終活”のイメージトレーニングをするようになったんです。『残りの人生をより自分らしく楽しもうと考えられるようになった』と話していました」



具体的にはこうだ。毎朝、起床直後に瞑想し死ぬ場面をイメージ。たとえば、獰猛な虎に殺され食べられる場面。就寝前には真っ暗にした風呂場で息が切れるギリギリまで潜水。こうした日課で自分が今、生きていることに感謝ができ、元気になれるというのだ。



「それ以降、一茂さんは『人の痛みがわかって、他人にも感謝できるようになった』と話していました。嫌だった『バカ息子』という落書きも『さんまさんのいたずらかと思った』と笑い飛ばせるまでタフになったんです」(仕事関係者)



スポンサードリンク


終活は何歳くらいから始めればいいの? | 相続チャンネル

終活を始めるのにおすすめできる年代は50代後半~60代前半です。

人によって考え方やライフスタイルに違いがあるのは当然ですが、長い人生の節目となる時期が終活に最も適していると考えられるためです。

人生の節目のきっかけとなるものは次の5つが考えられます。

子供の独立
退職
夫婦二人で楽しめる時間が増えた
将来の不安を考える時間が増えた
ご自身や配偶者の病気


いつ死んでも大丈夫? 財産は? 連絡は? SNS削除は? おひとりさま用「終活説明書」 | ダ・ヴィンチニュース

近年依頼が増加しているのが「死後事務委任制度(契約)」である。この制度は生前の日常生活をサポートし、亡くなると各種手続きに葬儀、そして財産処分・分配を行う遺言執行を開始する。

 その具体的な業務は多岐にわたる。役所での諸手続き(死亡届、保険証・マイナンバーカード、免許証、パスポートなどの返却)、葬儀と埋葬、遺品整理(家の片付け)、各種契約の解約・清算、遺産相続手続き、メールサービス・SNSアカウントの削除…。

 これだけのことを行う受任者は資格に制限がない。しかし本書にも書いてあるが、信用度が高く法的な問題にも配慮できる弁護士・司法書士・行政書士などに依頼するべきだろう。

関連記事