俳優の津川雅彦、死去 ~ 愛妻の朝丘雪路を追うように

By




スポンサードリンク


俳優・津川雅彦(本名:加藤雅彦)さんが4日に亡くなっていたことが7日、明らかとなりました。78歳でした。

ひとひらの雪 [Blu-ray]

津川さんが最後の公の場となったは、妻の朝丘雪路さん(享年82)が今年4月27日に亡くなった時に行われた5月20日の記者会見。「彼女を残すよりはいい結果になった」と悼んでいましたが、愛妻を追うように津川さん自身も逝ってしまいました。



スポンサードリンク


津川さんは芸能一家に生まれたことで有名です。子役として数本の映画に出演しましたが、本格デビューを果たしたのは1956年の映画「狂った果実」への出演でした。その後は一躍、日活のスターとなり活躍を続けました。

日活映画のみならず、「ミンボーの女」(92年)などをはじめとする伊丹十三監督作品の常連として活躍したことでも知られています。

また、2006年には祖父の姓を冠した「マキノ雅彦」名義で『寝ずの番』を初監督しました。

朝丘雪路さんとは1973年に結婚。しかし、長年連れ添った朝丘さんが5年前にアルツハイマー型認知症を発症していました。

3年前からは津川さんが施設から自宅に引き取り献身的な介護を続けてきたものの、津川さん自身も昨年秋から肺炎を患い闘病を続けていました。

また昭和の大スターが天に召されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

関連記事