翁長知事のすい臓がん、リスク高い血液型とは?癌ニュース(2018/8/9 8:00)

By

スポンサードリンク

翁長知事のすい臓がん、リスク高い血液型とは?癌ニュース(2018/8/9 8:00)


危険性は喫煙に匹敵…「すい臓がん」リスク高い血液型とは? | 女性自身

「米国の国立がん研究所が’09年に発表した論文では、もっともすい臓がんになりやすいのはB型です」



この調査では、O型がすい臓がんになるリスクを1とした場合、なんとB型は1.72倍(A型は1.32倍、AB型は1.51倍)。



「すい臓がんの場合、喫煙者は非喫煙者の1.8倍のリスクがあるとされていますので、O型と比べてB型には、喫煙と同じくらいの危険性があると言えます」


追悼翁長知事~あまりにも早い逝去が教えてくれる膵臓がんの怖さ(榎木英介) - 個人 - Yahoo!ニュース

膵臓は体の奥深くにあり、がんが出来てもなかなか症状が出にくい。だから、何らかの症状が出たときには、すでにかなり進行していることが多い。このため、発見されたときは治療が間に合わないことが多いのだ。だから、5年生存率が10%程度しかない。

 翁長知事の膵臓がんは肝臓に転移があり、肝不全による肝性脳症などで意識が混濁したものと思われる。


がんを罹患しても避けたい「引きこもり」 建築家・安藤忠雄さんに元気づけられる理由 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

がんに罹患しても、自宅に引きこもらず外出し個人的にも社会とのつながりを深めるべきである。このためには、積極的に人と交わる必要が生じてくる。幸いなことに、長年大学で学生を指導してきたので教え子たちは多い。また大学外での活動も多かったので、マスコミ、省庁など各方面でさまざまな人との交流がある。

 がん治療が始まってから、基本的に夜の会合、外出は控えることにした。昼間は通常のように活動できるが、夜になると抗がん剤投与のためにやはり疲労がたまり、しんどくなるので家でゆっくりとすることにした。初めは病気の様子を見ていた友人たちは、私が昼間元気に外出できると知り次第に面会の誘いがかかるようになってきた。そうなるとどこで、昼食を一緒にということになることが多い。私がひとりのこともあるし、また家内も同伴ということもあるが、この会食でいつも楽しい時間を過ごしている。

スポンサードリンク

イラストレーター藤田香さんが47歳で死去、膵臓がんのため 「黒魔女-」の挿絵 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

累計400万部を超える児童書の人気小説シリーズ「黒魔女さんが通る!!」の挿絵などで知られるイラストレーター、藤田香(ふじた・かおり)さんが13日午前6時45分、膵臓がんのため死去した。47歳。


書籍「すい臓がん ステージIVから還ってきた男」を刊行 余命7ヶ月から寛解までの11年間に及ぶ闘病記 - SankeiBiz(サンケイビズ)

本書は、すい臓がんステージIVという絶望から生還に至る11年間に及ぶ闘病記です。
著者は、生活と心を大転換し鮮やかな自己変革を成し遂げてすい臓がんを克服しました。闘病は苦悩と焦燥の日々。その中で、もがき苦しみながら食生活を180度変えて野菜中心にし、酒を断ち、たばこも厳禁。早寝早起きを徹底し、争わず、「奉仕」「施し」は自分のためと達観して社会に尽す・・・という生き方を貫きました。
「がんで死なないために、そしてがんにならない」ために健康長寿な生き方を学ぶのにうってつけの教科書です。

関連記事