乃木坂46をモー娘。メンバーが侮辱?「ただの女の子集団」に批判殺到

By




スポンサードリンク


モーニング娘。'18のリーダー譜久村聖さんが2日に配信された朝日新聞のインタビューで語った「アイドル論」について、ファンの間で物議を醸しています。

モー娘。の譜久村さんはインタビューの中で「AKB48さんや乃木坂46さん、欅坂46さんなどいろんなアイドルがいますが、私たちのほうが踊っている。そこに対する自信は強く持っています」と、パフォーマンスとして他のアイドルグループより上であると強調しました。

譜久村聖写真集「二十歳」

ところが、「私はモーニング娘。を、ただの女の子集団にはしたくないんです」と宣言したことで「ただの女の子集団」という言葉がファンの逆鱗に触れてしまったようなんです。

思わず「本音」が出てしまった、ということなのでしょうが…。

この譜久村さんの発言を受け、乃木坂ファンからは「乃木坂46とかはただの女の子集団なんだね」「他のアイドルダメっていってるようなもの」「負け犬の遠吠えか」などと、テンション高めな突っ込みが続いているようです。

しかし、モー娘。も坂道グループも好きなボクとしては、この批判についてはちょっとどうなのかな??と思いました。



スポンサードリンク


たしかに、人気としては乃木坂46を筆頭に、モー娘。よりも全体としての支持率は高いのでしょう。

でも、生放送などでの歌唱力やダンスなどでは明らかにモー娘。の評価のほうが高いです。最近のモー娘。による歌とフォーメーションダンス両方のパフォーマンスがいかにハードであるかが実際、画面を通して鬼気迫るものが伝わってきますよね。





この点に関して、AKBや坂道グループは突っ込まれることも多いですよね。実際、17日のMステに出演した欅坂46のパフォーマンスを観て、たしかに凄いけど歌ってないし…。声を聴きたいのになぁ、と違和感を感じましたから...。やっぱり、せっかくの生放送なのだから、激しいパフォーマンスで歌は乱れてしまっても生の声を聴きたいですよ。

大切なのは、それぞれのグループにはそれぞれの特性があるわけで、その辺の嗜好がファンになったりならなかったりする分かれ道だと思うんです。

要は、好みの問題。同列に扱うことなんて出来ないし、甲乙つけようとするのはナンセンスな話しです。今の流行や人気ばかりを追うのは本当のファンではないのでしょう。

ましてや、自分の嗜好に合わないグループを排除しようなんてもってのほかです。ここが、昔から根付く閉鎖的な日本人としての悪い部分でもある訳です。やってることは他の宗教をすべて批判する創価学会と同じですよね?

まあ、とはいえ結果的にファンを逆なでする発言になってしまったことは確かですね。譜久村さん本人はあくまでもモー娘。の話しをしただけだと思いますが…。

結果的に、譜久村さんにその気がなくとも、誤解を招きかねない「失言」となってしまったようです。

関連記事