あなたの「ダンピング症候群」原因はコレ?胃がん手術に“技術格差”癌ニュース(2018/8/24 8:00)

By




スポンサードリンク



無題


(3ページ目)“技術格差がある”胃がん手術 切除する場合に注意したい「ダンピング症候群」 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

胃を切除する場合、もう一つ考慮しなければならないのが「ダンピング症候群」と呼ばれる後遺症が起こりうること。これは食後に腹痛や吐き気、冷や汗、めまいといった症状が起こる現象で、胃がなくなったために食べ物が一気に腸に流れ込んでしまうのが原因だ。

 これを予防するため、胃の出口(幽門)の機能を残す「幽門輪温存胃切除術」という方法がとられるようになった。また、胃を切り取る範囲を必要最小限にとどめる「部分切除(縮小手術)」も行われている。これらの手術も根治性を担保しながら、質の高い手術を受けるには一定の技術が必要だ。したがって、経験値の豊富な執刀医の手術を受けるのがいいだろう。

 かつて、胃がんは生存率を上げようと、積極的に広範囲に切除する手術(拡大手術)が行われてきた。しかし、遠くのリンパ節や臓器(脾臓、膵臓、十二指腸や大腸など)を根こそぎ切除しても成績は向上せず、そればかりか患者が死亡するリスクも小さくなかった。そのため現在では、手術の傷を小さくして、胃の機能を残す方向に進んでいる。


「がんの見落とし」「強引に勧められる治療法」 医師の困った対応にどうする!? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

Q:一つの治療法だけ強引に勧めてくる

A:その治療法がベストのことも。説明を求めましょう

 外科医は手術を、放射線治療医は放射線治療を、というように、医師は自分が専門とする治療法をすすめがちです。しかし、がん治療はチーム医療が基本となっている現在では、その傾向も徐々に薄れてきています。

 治療方針の説明のときに、担当医が、「手術しかない。そのほかの治療法ではよくならない、すぐ手術しないと治療効果が上がらないよ」というように、ほかの治療法をまったく考慮する姿勢を見せない場合は、「ほかの医師の意見も聞いてみたいので」とセカンドオピニオンを受診する意思を伝えましょう。


治験特集『国立がん研究センター東病院の治験実施体制』 VOL.2 – がん情報サイト「オンコロ」

国立がん研究センター東病院で治験を受けるには?
冒頭で示した通り、国立がん研究センターは日本一治験を行っている医療機関である。

では、国立がん研究センターで治療されていない患者さんは、どのように この医療機関での治験の参加を検討すればよいのか?

「私の外来患者さんに大勢いらっしゃるのですが、普段は地元の病院で標準治療を受けていて、数カ月に1度地元の病院で撮影されたCT検査を受けた後に画像を持参されます。そのときに以前の画像と比べて『今の標準治療を続ければよいのでは』と説明する患者さんが多い一方で、『このタイミングで治験に切り替えたほうがよいのでは』と判断した場合は、治験実施の数カ月間当院に通院していただきます。」

このことは、もともと東病院で治療を実施している患者さん以外にも数多くの患者さんが治験に参加していることを物語る。

「標準治療の診療を受ける地元の病院と、東病院を行き来する。上手に当院を利用するアイデアもあるということです。患者さんがその調整をするのは大変なため、我々が地元の病院の先生方と調整して患者さんが動きやすいシナリオを作るのが仕事だと思っています。」

標準治療にて治療を実施しているときから東病院にも定期的に受診をして、主治医と東病院の医師と一緒に治療戦略を検討するといったことを活用する。そういったことが先ほど示した『タイミング』を検討するうえで一番良い方法ではないだろうか。



スポンサードリンク


進化する乳がん治療 再発転移が早いタイプも薬の治験始まる 沖縄県医師会編「命ぐすい耳ぐすい」(1153) | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

乳がん治療もやっぱり早期発見にはかないません。乳がんを早期で発見すると20年たっても90%再発しないため、医療費も格段に安くなります。早期発見とは2センチ以下で見つけることです。早期に発見すると難しいトリプルネガティブ乳がんも90%近く再発を防げます。


乳がんに罹患して仕事を続ける場合に不安なこととは? - ライブドアニュース

乳がんに罹患して仕事を続ける場合、仕事面での不安なことは何か尋ねたところ、20代では「仕事量」や「労働時間」など労働に関することが目立った。一方、30代・40代・50代では、休暇体制など会社の制度への不安に加え、人間関係や家庭との両立など他者との関わりが不安なことの上位を占めた。

乳がんに罹患した場合、生活の中で不安なことを聞くと、20代、30代、50代は子育てや介護などが目立った。40代は、治療費や生活費など金銭面の不安をあげる声が多かった。

「20代~50代は、社会・家庭の中でも、中心的な役割を果たさなければならない時期です。そこに病気が重なる可能性も十分にあるので、事前に自分のライフプランの中に病気になることも含めて考え、備えておくことが大切」と桜井氏。サポートを頼める人や病院、必要な金額などの情報を事前に収集することをすすめている。

関連記事