さくらももこさんの死因となった乳がんとは?癌ニュース(2018/8/28 8:00)

By




スポンサードリンク



放送開始20周年記念 さくらももこ劇場


さくらももこさんの死因となった乳がんとは? 女性の30歳~64歳のがん死第1位 - ハフィントンポスト

漫画「ちびまる子ちゃん」の原作者、さくらももこさんが8月15日、乳がんのため、53歳で亡くなった。生活の変化に伴い、乳がんにかかる人は国内で増加傾向だ。年9万人近くが新たに乳がんと診断されている。

乳がんは乳管から発生することが多く、マンモグラフィや超音波などによる乳がん検診のほか、しこりや皮膚の変化があるのを本人が気づいて診察につながることが多い。

国立がん研究センターがん情報サービスのまとめによると、30代から乳がんと診断される人が増え始め、40 代後半から 50 歳代前半にピークを迎える。また、乳がんで亡くなる人も年々増えており、女性の30~64歳でがんの死亡原因の第1位でもある。


小島瑠璃子さん出演のがん保険TVCMオンエア開始のお知らせ|SBI損保のプレスリリース

SBI損害保険株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役社長:島津勇一、以下「SBI損保」)は、ブランドキャラクターである小島瑠璃子さんが出演するがん保険の新TVCM「瑠璃子のがん保険講座」篇を2018年8月27日よりCS放送を中心に放映を開始いたします。


「パパのがんちゃん治るよ」 娘の言葉が生きる気力に 子供に理解をさせるには…:イザ!

一般的に子供にがんであることを伝える際「3つのC」が重要といわれている。1つ目は「がん(cancer)」という病名を伝えること。「病気」という曖昧な表現をすると、子供は想像を働かせ、混乱を来たす可能性があるためだ。

 2つ目は「誰のせいでもない(not caused)」ことを伝えること。低年齢の子供ほど「自分が心配をかけたから、自分のせいで親が病気になってしまった」と自分を責める傾向にあるという。このため、誰かのせいでなる病気ではないことを伝える必要があるのだ。

 3つ目は「伝染しない(not catchy)」ということ。「何か病気になると髪の毛が抜けるかもしれない」と病気全般を恐れることがある。このため、がん患者である親と同じものを食べても、うつらないことなどを分かりやすく説明することが求められる。



スポンサードリンク


さくらももこさん乳がんで死去 検査で見つけられないがんもある? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

いまや日本人女性の12人に1人がかかるといわれる乳がん。一方、医療技術の進歩で検診の精度は上がっているが、見つけにくいがんもある。早期発見のために、検診ではどのようなことに気をつければいいのか。Q&A形式で紹介する。

* * *
Q:検診を受けていれば安心?

A:検診で100パーセント見つかるわけではありません

 がん検診には有効性が高いものとそうでないものがあります。現在、がんによる死亡率を低下させることが、科学的な方法によって認められていて、簡便で公共政策として費用がさほどかからない検診は「胃のX線検査と内視鏡検査」「子宮頸部の細胞診」「乳房のマンモグラフィー(乳房X線検査)」「肺の胸部X線と喀痰細胞診の併用」「大腸の便潜血検査」です。これらは自治体から補助金が出ているため、無料、または少額で受けられます。

 それ以外の検診は有効性が確立されていなかったり、費用がかかりすぎたりといった問題点があります。


神戸新聞NEXT|総合|「子ども欲しかった」25歳がんで死去の山下弘子さんの遺志継ぐ意見書

闘病生活の中でも大好きな海外旅行を続け、30カ国近くを訪れた。昨年6月、交際していた前田さんと結婚式を挙げた。旧姓の山下弘子名義でブログ発信や出版を続け、その生き方は多くの人の共感を呼んだ。

 だが、母親になるという夢だけは、どうしてもかなわなかった。昨年暮れ、凍結保存に向けて卵子摘出を望んだ弘子さんに、医師は「あなたはもう無理です」と告げた。生殖機能に影響する可能性がある抗がん剤治療を、弘子さんは既に5年近く受けていた。

関連記事