[続報] 車椅子の山本KID徳郁は末期の消化器ガン?グアムで闘病生活

By




スポンサードリンク


格闘家の山本KID徳郁さんが27日、自身のインスタグラムで「がん闘病」を告白したことが話題になっています。

KID 山本徳郁フォトブック

《私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています。絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!》

引用:https://www.instagram.com/p/Bm7yioNAbCC/?utm_source=ig_web_copy_link

しかし、山本KIDさんの投稿には具体的なことが書かれていないため、ガンの種類や病期などでさまざまな憶測が飛び交っています。

ところが、山本KIDさんの病状や現在における闘病の様子について、一部メディアにより新たな情報が出始めているようです。

今回は続報として、山本KIDさんに関する新たな情報をまとめてみました。



スポンサードリンク


山本KIDさん、がん治療で闘病中の場所は「グアム」

報道によると、山本KIDさんは現在、グアムで治療を続けているといいます。

「2年前に病気が判明し、現在はグアムで治療を続けている」(格闘技関係者)

2018年の6月、「“神の子”山本KID徳郁と一緒に未来のチャンピオンを発掘する」というプロジェクトが突如中止になりました。

その理由として「KIDが急遽、アメリカ遠征に行くことになった」ためとされましたが、山本KIDさんの激やせぶりを見たファンの間では「病気なのでは?」という噂が飛び交っていました。

さらに「家族、姉妹も看病のためグアムに行っています。彼は現地に友人も多く、周囲の力強いサポートで、闘病生活を送っています」と上の格闘技関係者が語ったといいます。

山本KIDはかなり進行した「消化器系のガン」で車椅子生活

さらに前出の格闘技関係者の話しは続きます。現在の山本KIDさんはやせ細り、座っているのがやっと。どうやら車椅子で生活しているようです。

「消化器系のガン治療のため、グアムの病院で闘病生活を送っている。本人はふらついて、歩けないほどだ。日本を離れ、グアムで治療しているのは、周囲の目を気にしてのことだという」(前出の格闘技関係者)

消化器系のガンということは、食道、胃、小腸、大腸をはじめ、肝臓、胆のう、胆管、膵臓のうちいずれかのガンということになります。

さらに、山本KIDさんの衰弱した様子が本当なら、遠隔転移したステージ4の末期ガンである可能性が濃厚なようです。とても心配になりますね…。


≫もっと『山本KID徳郁さんの記事』を読む

関連記事