がん治療中、非情な離婚宣告!!夫「お前とはムリ。」癌ニュース(2018/9/11 9:00)

By




スポンサードリンク



無題

がん治療中、非情な離婚宣告 夫が「お前とはムリ。やっていけない」、話し合いもできず


がん治療中に、夫から離婚を求められた女性が弁護士ドットコムに相談を寄せました。夫からは「離婚したい、家にもどるつもりもない、お前とは無理だからやっていけない」と言われましたが、女性は離婚には同意せず、別居を始めたそうです。

女性によると、半年ほど前から夫に異変がみられました。仕事を理由に朝帰りが多くなったものの、「(病気治療中は)家の事もやってくれたり私の病気の事で迷惑ばかりかけていた」と後ろめたさを感じ、我慢していたといいます。うるさい事は言わず、どこで何してたのかも聞かないようにしていました。

最近になって、離婚を申し出てきた夫。相談者は、その理由は女性関係なのだろうと考えていますが「確実な証拠はなく携帯もロックがかかっており証拠はつかめていません」と話します。夫は何か話しても怒鳴ってキレるため、話し合いは成立しません。

女性は不倫の証拠を掴んでいないそうですが、離婚調停をすることになったら離婚に同意しなければならないのでしょうか。


がん患者が感動した空港スタッフのサービス


サラさんは7月29日の夜、乗客のステーシー・ハートさんから、預けていた荷物が届かないという連絡を受けました。ステーシーさんは予約を変更し直行便で目的地に到着したのですが、荷物だけは乗継便に乗ったまま、別の空港へ搬送されてしまったのです。

 ステーシーさんの荷物には、抗がん剤治療の副作用を抑える薬が入っていました。彼女は7月30日の朝までに、必ず荷物を受け取る必要があったのです。なぜなら、翌朝から病院で抗がん剤治療を受けることになっていたからです。少しパニック状態だったステーシーさんは、自分がステージ4の直腸がんを患っていることを告げ、翌朝までに必ず荷物を見つけてほしいと懸命に説明しました。

 サラさんは必ず届けると約束したものの、荷物が最寄りの空港に到着したのは7月30日の午前2時。このままではステーシーさんの治療時間に間に合わないと判断したサラさんは、乗客記録から彼女の住所を特定し、車で荷物を届けることにしました。幸い、ステーシーさんは空港から20分の場所に住んでいました。

 翌朝、玄関には励ましのメッセージが書かれた彼女の荷物が置かれていました。

「ステーシー、荷物が遅れてしまってごめんなさい!私とサウスウエスト・ファミリーは皆、あなたの幸運を祈っています。ガンなんか、やっつけちゃえ!心を込めて。サラより」


有名人の命を次々に奪っていく乳がん「手術すべきか否か」の判断(週刊現代)


実際、乳がんにおいて「切るべきか、切らざるべきか」というのはもっとも重要な選択だ。小林麻央さんは「切らずに治す」という判断を下し、抗がん剤と放射線治療を重視していた。

肝心なのは患者自身がどのような治療に納得できるかだが、セオリーでいえば標準医療に基づいた乳房温存手術が望ましい。ほかの術式は複雑ゆえに体内を傷つけるリスクがあり、放射線治療のみで完治は非常にむずかしいからだ。

いまは乳房の再建手術が進歩していて、がんの切除を行うと同時に再建することもできる。精神的なストレスも以前より少なく済ませられるのだ。

ほかのがんとくらべて、乳がんの手術は身体への負担も少なく、高齢者でも受けられる。

乳がんは早いうちに切除手術をする。乳房を失うのはつらい選択だが、妻に長生きしてもらうにはそのように考えておくのが建設的だろう。



スポンサードリンク


「乳がん」予防は、月1回のセルフチェックを忘れずに!


女性は生理周期で胸が張るので、生理が終わって1週間後ぐらいにチェックするのがよいでしょう。ポイントは、まず鏡の前に立ち、左右の大きさの違いや形のゆがみなど、バストの状態を見ます。次に両手を上げ、ひきつれたり、へこんだりしているところがないかを確認します。そして、仰向けになってバストを外側から内側に触り、しこりがないかチェックしたら、最後に乳首を軽くしぼり、血液などの混ざった分泌物が出なければOKです。


回復事例から見る治癒効果 がん患者に顕著な改善


法輪功を学習した末期がん患者に、延命効果や症状の改善、がんの完治など様々な臨床事例が見られたことを報告した論文が、米国臨床腫瘍学会(ASCO)に承認され、同学会のオフィシャルサイトで発表された。

 ASCOは世界で最も影響力のある臨床腫瘍学会で、毎年開催される世界最大規模の学会には、全国から約3万人もの研究者が参加することでも知られている。



「健活手帖」第7号、9月11日発売 特集は「女と男の更年期」「乳がん最新治療」 さくらももこさん53歳の衝撃、生稲晃子さん克服記も


がん特集では、特に女性のがんの中で最も患者数が多い乳がんにスポットを当てています。53歳の若さで亡くなったさくらももこさんの教訓、生稲さんの克服記のほか、乳がんの手術で全国トップクラスの実力を持つ、がん研究会有明病院乳腺センター乳腺外科の宮城由美副部長に最新治療の現状を聞き、手術現場をルポします。


≫『さくらももこさんの記事』を読む


≫『生稲晃子さんの記事』を読む

関連記事