マキシマム ザ ホルモン活動休止理由はダイスケはんの椎間板ヘルニア

By




スポンサードリンク


9月16日にライブ活動休止を発表した人気ロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」。休止発表の中ではその「理由」が明らかにされず、続報が注目されました。


マキシマム ザ ホルモン ぶっ生き返す CD


詳細については17日に行われる音楽フェス「OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018」のステージ上で直接、ファンに語ることになっていました。


しかし、その後に予定されたイベントをすべて中止したことから、メンバーに「重病説」などの心配の声が広がっていたのです。


【マキシマム ザ ホルモン】ライブ活動休止、心配な理由は17日に発表

人気バンド「マキシマム ザ ホルモン」がライブ活動を休止することを公式サイトで発表しました。理由については不明ですが、大阪で17日に行われるライブイベント「OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018」への出演が最後とのこと。そして、最後のライブ活動とされる17日のステージで「休止の理由」が明かされるといいます。これは一体、何があったのでしょうか?意味深な今回の休止発表にボクはとても心配になりました。...


17日の音楽フェスに姿を見せたホルモンは、休止理由を説明しました。


どうやら、同メンバーのダイスケはんが「頚椎椎間板ヘルニア」と診断され、緊急手術が必要とのことのようです。



スポンサードリンク


ボクはてっきり、芸能界で最近立て続けに報じられる癌などの「不治の病」なのでは?とも思っていたので少しホッとしました。


その一方で、18日21時に「新曲MV」をオフィシャルサイトで緊急公開することもサプライズ発表されました。


マキシマム ザ ホルモン Official Site


関連記事