【がん闘病 山本KID徳郁さん死去】41歳、復帰への思いかなわず

By

スポンサードリンク

山本KIDさん、がん闘病の末41歳の若さで死去



がん闘病を発表し、治療中とされた格闘家山本KID徳郁さん(41)が18日に死去しました。この訃報は山本さんが主宰する「KRAZY BEEK」の公式ツイッター上で報告されました。


「神の子」山本“KID”徳郁 ~世界王者への軌跡~ [DVD]


Twitterには「山本KID徳郁を応援して下さった皆様」とした書き出しで「山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」というコメントがつづられています。




スポンサードリンク

山本KIDさん、復帰への思いかなわず


山本さんは8月26日にインスタグラムで「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」と、がん闘病中であることを発表しました。


しかし、がんの種類などの詳細は明かされず、ファンの中ではさまざまな心配の声が続出していました。


「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と誓っていた山本KIDさん。


山本美憂さんの話しでは、山本KIDさんは決して復帰を諦めずにおり、弟への想いを語るコメントが公開されたばかりでした。


【がん闘病】 山本KID を姉・山本美憂が語る「弟は有言実行だから」

「がん闘病中」であることを自ら公表した格闘家・山本KID徳郁さんについて、姉の山本美憂さんが弟への想いをコメントしました。16日に公開されたWEB番組「RIZIN CONFESSIONS」#21でのインタビューですが、収録が7月9日とのことで山本KIDさんの現在については不明です。山本美憂が、弟・山本KID徳郁のがん闘病についてコメント「自分のカラダがキツいのに…」40歳を超えてなお格闘家として挑戦し続ける美憂さんですが、近くでずっと...


1977年3月15日に川崎市で生まれた山本KIDさんは、幼少時からレスリング・フリースタイルで活躍しました。


桐蔭学園高を中退した後はレスリング修業のため渡米し、アリゾナ州王者に輝くなど実績を残しました。


帰国後、山梨学院大時代には全日本学生選手権大会を制覇。2000年のシドニー五輪出場を目指していたものの、果たせず2001年に総合格闘家へ転身。修斗でプロデビューを果たしました。


その後は、格闘技のK―1や総合のHERO’S、DREAMなどで活躍を続けてきました。


まだ41歳という若さです。また一人のレジェンドが癌によって旅立たれました。


天はあまりにも酷いことをする。惜しみても余りある突然の訃報にショックを受けました。


謹んでご冥福をお祈りいたします。


≫もっと『山本KIDさんの記事』を読む

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Tag
山本KID徳郁さん死去がん闘病
Share & 拍手
スポンサードリンク