劇団四季の田中廣臣、肝細胞がんで死去「ライオンキング」など

By

スポンサードリンク

劇団四季「ライオンキング・ザズ役」などで活躍、田中廣臣さんが死去 51歳 肝細胞がんのため


劇団四季で知られる俳優の田中廣臣さんが20日、肝細胞がんで亡くなっていたことが21日に劇団四季の発表で明らかにされました。享年51歳。


田中廣臣


【訃報】俳優・田中廣臣|最新ニュース

劇団四季の俳優、田中廣臣が2018年9月20日、肝細胞がんにより逝去いたしましたのでお知らせ申し上げます。享年51歳でした。 中央大学文学部卒業後、テーマパーク等でダンサーとして活動し、音楽座の公演に…


田中さんは中央大学文学部を卒業後にテーマパーク等でダンサーとして活動しながら音楽座の公演にも数多く出演。


そして2000年9月、劇団四季のオーディションに合格。01年から劇団四季に入団しました。


田中さんはその後、「ライオンキング」のザズ役をはじめ、「アイーダ」のゾーザー役や「クレイジー・フォー・ユー」のユージーン・フォーダー役などで活躍。



劇団四季では、演出家の浅利慶太さんが7月、悪性リンパ腫で死去されたことが発表された矢先での相次ぐ訃報となりました。

【悪性リンパ腫】演出家の浅利慶太さん死去、劇団四季の元代表

「劇団四季」元代表の演出家・浅利慶太(あさり・けいた)さんが13日、『悪性リンパ腫』により都内の病院で死去しました。85歳でした。18日、劇団四季の公式サイト上で訃報が発表されました。“劇団四季”といえば日本のミュージカル文化を築いた先駆け的な存在。「ウェストサイド物語」「コーラスライン」「ライオンキング」等の海外作品翻訳上演から、「夢から醒めた夢」「ユタと不思議な仲間たち」「昭和の歴史三部作(『ミュージカ...


謹んでご冥福をお祈りいたします。


関連記事