病苦や災いの元凶⁈日蓮正宗に創価学会のニセ御本尊を鑑定して貰ったら…

By



スポンサードリンク

創価学会のニセ御本尊により「病苦などの災いが続いてませんか?」


こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。


実はボク、先日とある読者の女性から相談を受けたことがキッカケで自宅にある「御本尊」のことがちょっと問題になりまして。


創価学会員からの執拗な勧誘に悩む読者から相談を受けました

先日、このブログ「ゆうらり Happy Smile」に1通のメールを頂きました。内容を確認してみると、ボクが度々ブログに書いている宗教団体「創価学会」に関する相談でした。ボクの身内には、元犯罪者で認知障害を持つ兄がおり、創価学会に洗脳されていることはこのブログでも告白した通りです。彼は、胃がんの手術を控えたボクに対し「今すぐ創価学会に入会して仏壇を買わないと手術が失敗して死ぬことになる」と脅かし、数十万の仏壇...


創価学会の被害者団体に所属する方と話したところ、創価学会の組織を通してもらった御本尊というのは「ニセ本尊」なのだそう。


そればかりか、これを所持していることで病苦や経済苦、人間関係の悩みなど、ますます悪い方向に導かれていくと言われました。


もともと信仰心のかけらもないボク。「癌で死ぬ」と脅かされて高額な仏壇一式を無理矢理に買わされただけです。


しかし、創価学会から御本尊というものを押し付けられてからというもの、不幸や災いが立て続けに起こっているのは事実です。


そこで、どうすれば良いのか尋ねたところ、日蓮正宗で御本尊を鑑定してもらった方が良いとアドバイスを受けました。


日蓮正宗といえば、幼い頃によく連れて行かれたお寺があったので試しに電話をしてみました。


かくかくしかじかと事情を説明すると、無料で鑑定してもらえるらしい。しかも、匿名でも可能とのこと。名前を知らせずに済むのなら勧誘も怖くないし。



ということで、先日お会いした女性を連れ、思い切ってお話しを聞きに行って来たんです。当然、「ニセ御本尊」も持参しました。


スポンサードリンク

創価学会のニセ御本尊は「授与書き」を勝手に削って改変されたもの⁈


お寺に到着し、さっそく住職さんに御本尊を鑑定してもらいました。すると、次のことが判明したのです。


創価学会は、日寛上人の御本尊にしたためられていた「授与書き」(この御本尊を、誰に与えると、日寛上人ご自身が書かれた部分のこと)を勝手に削ってカラーコピーした上で会員に販売しているそうです。


ボクが所持する御本尊は、日寛上人のお心に背き、日寛上人のお徳を汚す大罪を犯しているらしい。


住職いわく「たとえ姿形は日寛上人の御本尊とそっくりであっても、血脈付法の御法主上人の許可がないので、大聖人の『たましい』が写されておらず、『日寛上人の御本尊』とはいえないシロモノです」とのこと。


そして、「『邪宗の魔札』と同じ『ニセ本尊』にいかに唱題しても願いが叶わないばかりか、病苦や経済苦、人間関係の悩みなど、ますます悪い方向に導かれていくことは必定です」と言われたのです。


自分の素性や詳しいことは何も告げなかったけれど、住職の言われたことは素人が聞いても筋が通っているので怖くなった…。


普通に考えても、特定の人に宛てて書いたものを、宛先を削って万人に向けて書いたように作り変えた文書など良いわけがないんです。


「あの世」とか「神」とか「仏」などを信じたことがないボクですが、将棋が好きなこともあって「ゲン担ぎ」くらいは考えたりします。


ボクは、創価学会の誰から(身内です)この御本尊を受け取ったのかなど、その身内の住所や氏名を伝え、強要された経緯についても説明しました。


その上でいったんニセ御本尊を持ち帰り、日を改めて再度お邪魔することになりました。


人によってはゴミで捨てたり燃やして処分したりしているようですが...



出典:創価学会だった親が死んで初盆なんですけど、御本尊返せ!って五... - Yahoo!知恵袋


ボクの場合は、「ニセ御本尊」の他に数珠や教本などを一式、日蓮正宗側で預かって貰うことにしたのです。


ニセ御本尊には仏法に敵対する「魔の力」があり、これを拝むと魔の通力によって現罰を受けるそうです。


日蓮大聖人の仏法において「似て非なるもの」を用いることは、大謗法にあたるのですね。


「百害あって一利なし」とはこの事を言うのだと思いました。


関連記事