注意‼︎ ニセの末期がんブログほどステージ4の末期癌だと宣伝します

By



スポンサードリンク

読者さまのリクエスト企画「ステージ4・末期癌のニセ闘病ブログ」まとめ


こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。


今回は、読者さまからの熱いご要望にお応えして、久方振りで「ニセの末期癌ブログ」について。


最近、また自らを「末期がん」と誇張してウソの闘病記をつづるブロガーさんが増え続けているそうです。


なぜ、彼らは普通のガン闘病記を書かず、「ステージ4」や「末期がん」とウソをつき、宣伝しながら元気にたくましくニセの末期癌ブログを運営しているのでしょうか?


ボクは現在、元気にたくましくブログを書く体調ではありませんので(汗)サクッとまとめ記事風に仕上げてみました。




嘘だった末期ガン騒動! 支援者が怒り警察沙汰へ「警察に訴えでます」

嘘だった末期ガン騒動! 支援者が怒り警察沙汰へ「警察に訴えでます」 | ガジェット通信 GetNews

以前、『末期ガンだと嘘をついていたブロガーが謝罪し炎上! 有名人も騙されていた』というニュースをお伝えした。カバコと名乗る女性がブログで末期ガンであることを告白し、多くの支援者が集まりバックアップし...

末期ガンじゃないのに末期ガンだと偽り、多くの支援者を騙していたとして、インターネット上では大きな話題になっていた。ガンで闘病生活を送っている人や、その家族から励ましのメッセージも寄せられていたようで、実際にガンと戦っている人たちを冒涜した行為だとして、カバコさんは多くの人たちから批判され、ブログに謝罪文を掲載。現在はブログ自体も消滅して見られない状態になっている。


最近、似たようなカタカナ表記で2つのブログ運営してる人がいますが、もしかして同一人物でしょうか?


嘘のブログ

嘘のブログ - 猫7匹犬1匹亀2匹夫1人と暮らしています。

おはよぅございます。 私がブログを始めたのは2年前の8月の事です。その後ですね何時ごろかよく覚えていませんが カバコ さんと言ぅ人からブログに コメント がつきました。どんな内容やったかは忘れてしまいましたが コメント をくれはったんで、私...

ある日私はいつものよぅに カバコ さんの ブログ を読んでいて おやっ!!と思いました。なんか違和感を感じたんです。たとえば 癌 が転移して苦しいはずなのに、お友達とランチに出かけたことは書いてあるのに 進行性癌 転移した癌 にどんな治療をしているか書いてないんです。何日に病院行きました。なんてことは書いてあるんですが、それ以外は書いてないんです。普通それだけの病気で通院してたら、いろんな事がおきるはずです。先生が言わはった事とか、待合室であった事とか、薬の事とか、病気に関しての事を少し位書くはずです。そぅ言った事が全く書かれてないんです。闘病記じゃなくて普通の日常を送ったはる人の ブログ みたいに思えました。


ステージ4の末期がんと謳いながら通年にわたりブログを書き続けるのは、体力的にみてかなり難しいことでしょう。


胃がんでお亡くなりになった山本KIDさんの激痩せぶりを見れば明白です。


最近私は少し体調を崩しました。そぅして思いだしました そぅや カバコ さんと言ぅ人がいたはった。あの時私は カバコ さんに胡散臭さを感じて離れて行ったけど、あれから1年以上がたっているから 進行性癌 やったらもぅ亡くなってはるやろな なんて思って カバコ さんのブログを検索しました・・・なんと言ぅ事でしょう・・・カバコ さんの 闘病記 は真っ赤な嘘やったんです。


スポンサードリンク

「余命2週間です」と嘘をついた乳がん患者がネットで話題になってましたが

「余命2週間です」と嘘をついた乳がん患者がネットで話題になってましたが

目次全て嘘なのか?ガン患者は孤独がん患者だからこそ・・・。ネットサーフィンしていましたらニュースサイトで余命2週間はウソでした。女性の嘘に『ひろゆき』全力で釣られるという記事が投稿されていて、ちょっと気になったので読んでみました。ちょっと要

ネットサーフィンしていましたらニュースサイトで余命2週間はウソでした。女性の嘘に『ひろゆき』全力で釣られるという記事が投稿されていて、ちょっと気になったので読んでみました。

ちょっと要約してみると、
ニコニコ生放送という動画投稿サイトで、「余命2週間最後のニコニコ生放送。」というタイトルで動画が投稿されて、それを見たユーザーが少しでも彼女を励まそうとして励ましのコメントを残していたが、あとでそれが全て「嘘でした」と彼女本人からコメントの書き込みがあった(乳がんなのは本当らしく、1年前に手術して今はおそらく経過観察中なのでしょう)。

それを受けて、彼女に罵声や誹謗中傷が浴びているとのこと。


末期がんで余命1年…偽の闘病ブログを書く“かまってちゃん”たち

末期がんで余命1年…偽の闘病ブログを書く“かまってちゃん”たち | 日刊SPA!

末期がんを騙って飲み会に繰り出す“悲劇のヒロイン”死ぬ死ぬ詐欺とも揶揄される、本来は健康なのにあたかも病人のふりをして同情を集める偽闘病ブログは、いわば定番ジャンルだ。昨年11月には、拡張型心筋症を患う小1の甥を救うために心臓移植と渡航費1億5000万円の募金を呼びかけた女が、虚偽を認めて謝罪会見を開いたのが記憶に新しい。[…]

「最近も、治療が一段落したタイミングで闘病を支える家族ががんになったり事故に遭ったりと、妙にドラマ的な展開をして不審がられているブログや、似た展開の闘病ブログをいくつも作ってアフィリエイトで稼いでいると囁かれているブロガーが不審の目を向けられたりしています」

 こうした偽闘病ブログをウォッチングして、裏取りをするサイトまであるというから驚きだ。本当に病気で苦しんでいる人からすればひどい話である。

ボクも胃がんになってから、闘病を続けつつ、随分と多くの癌ブログを見てきました。そして多くの癌ブロガーさん達が旅立たれて行きました。


ボクが今でも読み続けている先輩の胃がんブロガーさんはもう3人しか残っていません。


お亡くなりになられたブロガーさん達には、共通していた部分があります。


それは、ご自分の癌についての病期やステージのことを「ボクはステージ4の末期ガンです」などと自ら積極的には語らなかったということ。


何とか生き続けようと、苦しみながらも、お亡くなりになるまでただ必死に闘病記をつづっておられました。


本当に末期ガンで苦しんでいるのであれば、わざわざ自分のことを末期ガンであると誇張・宣伝などしなくても、文面から伝わってきますよ。

関連記事