元モー娘。吉澤ひとみ被告が芸能界引退をFAXで発表

By




スポンサードリンク


元モーニング娘。メンバーの吉澤ひとみ被告が28日、芸能界の引退を発表しました。


吉澤被告は、酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴されましたが、27日に保釈となっています。


とっかえっ娘。/石川梨華,吉澤ひとみ,安倍なつみ,安田圭,加護亜依,高橋愛,河谷英夫(脚本),つんく♂(製作総指揮)


今回の引退発表は所属事務所を通じ、FAXにより行われました。


吉澤被告による、自筆署名入りの文書には「この21日間独りでこれまでの人生を振り返り、自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました」と書かれており、「なにより、怪我をされた方々に深くお詫びを申し上げます」と謝罪する内容となっています。


その上で、「今まで18年間お世話になった芸能界からは引退致します」と引退することを報告しました。



スポンサードリンク


さらに、吉澤被告の今後については「自分が犯した罪を償い、一社会人として母として恥ずかしくない行動ができるよう、一歩一歩進んで参ります」とコメント。


そして「今日まで応援し支えて下さったファンの皆様、ご支援いただいた皆様には、裏切るような結果となってしまったこと、本当に、本当に申し訳ございませんでした」と結びました。


今後、公判や刑の重さについて考えれば「芸能界引退」は当然のことでしょうが、芸能人の引退なんてあってないようなものですからね…。


公開されたドライブレコーダーのひき逃げ映像をご覧になった方も多くいらっしゃるかと思いますが、あれは今観てもひどいものです。



そもそも、日常生活であんな軽率な行動をとる人がこんな短期間のうちに心を入れ替えることが出来るのでしょうか?


今回の引退発表で一区切りがつき、禊が済んだように考えるのは間違いだと思います。


≫もっと『モーニング娘の記事』を読む

関連記事