胃ガン手術後の定期検診日も6年半目、最悪の体調ですが…

By



スポンサードリンク

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。今日は、ボクの胃全摘手術後2373日目。すなわち、胃ガンの術後6年5ヶ月と28日目にあたります。


そんなわけで、ちょうど6年半目の「胃がん・定期検診の日」がやって来ました。


胃がん 術後 定期検査の病院


ちなみに、前回の検査は半年前でした。本来なら、手術で取りきれず残ってしまった癌の関係もあるので、3ヶ月おきの検診じゃなきゃならないと強く主治医から言われているのですが…。


裁判を始めたこととか、諸々の諸事情により、無理を言って前回から半年おきにしてもらったのです。


まあ、検診期間を延ばしたことで癌が進行してしまったら元も子もないのだけれど、全ては自己責任。


出発前に低血糖が‼︎ 処置に困り準備が遅れる


検査前日は眠れないことが多い。別に、緊張や検査を心配してという訳じゃなく、胃がんの術後は時間通りに動くことが難しくなったので、時間を気にしてるうちにどうしてもこうなってしまうのです。


今日の予定はたしか、超音波検査。食事や飲み物が制限されているけれど、ずっと体調不良が続いているのでこんな時はかなり辛い。


何だか、急に裸になった時のことが気になった。それで、シャワーを浴びがてらワキ毛処理をしてみたら異様に時間が押してしまった(汗)


シャワーから出ると、辺りの景色が急にかすみ出した。と同時に意識が曇り始める。「ゲッ‼︎ 低血糖か⁈」


とは言っても、時間もないし甘いものも飲めない(汗)どうしようもないので、このまま我慢して出発するしかなかった。


スポンサードリンク

移動中なおも続く低血糖、体調不良で今日も遅刻


かすみ目で、朦朧とした意識のまま体だけ動かし病院へ急ぐ。すると、電車に乗ったとたんに顔が熱っぽくなり、メガネが曇り始めた。


「ああ…。」この後はだいたい、ドッと冷や汗が流れ始まるのです。満員電車の中で我慢が出来ず、何度か途中下車。そうこうしているうちに結局、今日も遅刻してしまいました(汗)



急いでチェックインを済まさねば‼︎


それにしても。胃がんの術後6年半もの間、こんなことの繰り返し。ああ。何で胃ガンなんかになったんでしょうねぇ…
(^_^;)


-つづく-

関連記事