【胃がん】ボクにとっての終活。そうだ、メルカリだ!!

By




スポンサードリンク


【胃がん】ボクにとっての終活。そうだ、メルカリだ!!



こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。明日はがんセンターの診察なので、胃がんの術後後遺症について報告する内容を整理したりしなきゃならないのだけれど…と思っているうちに日付が変わってしまった(汗)



【ボクの場合】今後の定期検診は?胃無しがお腹いっぱい食べるって?

こんにちは。胃がん ブログ の管理人Mです。昨日の悪夢から少しでも解き離れ、現実的な思考回路に戻りたいと願っているのですが、昨夜は一睡も出来ず…。かといって、気がおかしくなるほど悩み抜くという訳でもなく、ただ茫然自失といった状態が延々と続いております(汗)昨日の「肝臓がん」と告知されたことがよっぽどショックだったんでしょうね。こんな時に何ですが。人間って、とても優れた生き物なんだなぁ~って、逆に感心...



どうしても昨日から、茫然自失の状態から戻らない。おまけに、ヒドイ目まいのせいもあるのか、目前の景色が1日中ぼやけて見えていた。



現実逃避したいのにそれも出来ず、まともに眠ることすらかなわない。低血糖は頻繁に襲ってくるし、何だか背中にも違和感がある。一体、このままどうなっちゃうのでしょうねぇ…(汗)



とりあえずは何か、今すぐやっておくべきことがあるはず。そう思ったところでふと、あることが脳裏に浮かんだ。



そうだ。終活だ‼︎



スポンサードリンク


胃がんが再発・転移した疑いの高いボクにとっての終活とは何だろう?と考えた時、なぜか一つの出来事を思い出した。



それは、母親が亡くなった約2年前のこと。以前、ボクが母親の誕生日にプレゼントしたオメガの高級時計を勝手に身内の兄が換金。私腹を肥やしていたことが発覚した。





いつも、犯罪のこととか、様々な悪事の話題にしか登場しない身内の兄ですが、実際に本当なのだから仕方がない。仮に、良いところを探そうとすれば、何か作り話でも考えなければなりません(汗)



その時計の話しを知った時は「何て悪い奴なんだ」と思いました。彼には『前科』があったので、さらに怒りが込み上げて来ました。



その前科とは、甥っ子が大学受験に合格した時。お祝いに、ロレックスの時計をプレゼントしました。ところが、とある日に兄と遭遇した時のこと。甥っ子にプレゼントしたはずのロレックスを腕に巻いていたのです。



理由を尋ねると、「ポンコツ先生」は言いました。『床に捨ててあったんだよ。』



このような人間にはいずれ大きな天罰が下ることは間違いありません。まあ、すでに犯罪者として処罰され、人生終わってますけどね(笑)



ボクは、この一連の話しを思い出したことで、今やるべきことがわかったような気がした。



そうだ。身の回りの物をすべて処分してしまおう‼︎人間なんて死ぬ時はあの世に何も持って行けません。ならば、プラスの財産はぜんぶ売り叩いてしまおう。その上で莫大な?マイナス財産はポンコツ先生のために遺してあげよう‼︎



以前、ポンコツ先生に言われたことがあります。



「お前のマイナス財産なんて、死んだら相続放棄すればいいんだよ。」



表向きには、法律でそのようになっています。しかし、実社会ではそんな生易しい話しで事は済みません。また、放棄できないようにする方法も存在します。まあ、この辺のことは企業秘密にしておきます。



とりあえず、考えたのはメルカリ。高級時計やバッグなど、二束三文にしかならないかもしれませんが構わず売ってしまい、身の回りの物をすべてなくしてしまおう。少なくとも、ポンコツ先生に渡るよりかはマシです。まともな人に使ってもらえるのですから…。





まずは会員登録。さっそく出品してみることにします。

関連記事