癌の進行か。小さなコンビニ弁当が半分しか食べられない…

By

スポンサードリンク

こんにちは。Mです。今日で胃全摘手術後2379日目6年6ヶ月5日目の所感。胃癌の術後、ボクにとっての最大の悩みは食べること。やっぱり、見よう見真似で覚えた「料理」のことは忘れることが出来ません。料理を始めたのは、胃を全摘してみて、今まで慣れ親しんできたコンビニ弁当外食が難しいことを悟ったからです。慌てて、本屋で料理の基本書を購入。さらに、夜の通販番組で包丁まな板セットも注文しました。



胃がんの術後に買い揃えた包丁まな板セット



胃を全摘してスタートしたボクの「自炊生活」



それまでは包丁の使い方や、食べ物を炒める方法すら知りませんでした(お湯を沸かしてカップ麺を作ることは出来た!)。なにぶん、胃が無くなってから考え出したことでしたが、もしも料理が上手く作れていなかったら自炊も出来なかった訳で(汗)今頃どうなっていたのでしょうか?
(^_^;)



しかし、昨日の記事で書いたとおり、ボクは出来なかった場合を考えたりはしない性分なのです。「何も恐れる必要はない。口笛を吹くようにリラックスした気持ちでとにかく前へ進むのみだ」と、試行錯誤を繰り返しながらボクの自炊生活はスタートしました。



テレビ局から料理の取材依頼が?!



その後、一品ずつ作れる料理が増えていくにしたがい、料理が苦痛から楽しみに変わり、さらに趣味へと昇華していきました。よく「森を見よ」と云いますが、料理は細部にこだわらない感覚派(大雑把ともいう)のボクにとって相性が良かったのかも知れません。



そして、料理を作りながら写真を撮るのが習慣になりました。毎回、新しい料理を覚えては、せっせとブログに料理写真を載せるのが楽しみでした。同時に、SNSにも写真をアップしていきました。すると、ある日突然、次のようなダイレクトメッセージが届いたのです。



SNSに届いたテレビ局からのダイレクトメッセージ



朝の情報番組で「朝食」を特集するらしく、ボクの料理写真を見つけたテレビ局からの取材依頼でした。



ボクなんかが作る料理です。一体、どの料理を見たのでしょうか?
( ̄▽ ̄;)
まだ他の人にすら食べさせたことがないお粗末な料理の腕を世間にさらす訳にはいきませんから(汗)もしかすると、料理の見栄えというよりも、懸命に料理を作り続ける悪戦苦闘ぶりを紹介するつもりだったのかも知れませんが…。とりあえず、これを機にSNSに料理写真を載せることはやめることにしました。



▼美味しいご飯の炊き方






なお、今でも料理は続けています。写真をブログに載せるのをやめてからは緊張感がなくなってしまい、横着ぶりがエスカレートしておりますが(汗)ワンパターンになりつつも、一汁一菜」を基本とした食事スタイルはずっと守り続けています。



胃がんにならなかったらたぶん、一生なかったに違いないボクにとっての「料理」。自分好みの味付けは得意ですが、独学のため未だに包丁さばきは上手くありません(汗)せめて、千切りくらいは出来るようになりたかったなぁ...

スポンサードリンク

食事が出来ず、他にも異変が?癌の進行か…



しかし、何となく自炊生活にも飽きることがあります。最近、体調不良が加速している感があり、思うように食べられなくもなりました。



昨夜も、まったく食事が出来る感じがしなくて…。それで、気分転換に小さなコンビニ弁当を買ってきてみたのです。それは「2種の味の鶏弁当」という名前でした。



ところが、いざ食べ始めるとやっぱり、全く食べられる気がしない(汗)なぜかというと、何も食べていないのにお腹がパンパンに腫れていて…。それでも何とか無理して食べ続けました。しかし…



半分しか食べられなかったコンビニ弁当



とうとう、やっと半分ほど食べたところでギブアップしました。お腹に激痛が走り、これ以上は無理のようです(汗)



何かが急速に進行している…。貧血も日に日に増しているし。もしかして癌の進行なのか?!



最近では他にも、次のような異変が起きています。



①タバコがまったく吸えなくなった。
→呼吸が苦しくなり、立っていられなくなる。



②お酒が飲めなくなった(定期検診後は怖くてやめている)
→体中がシビれて動けなくなる。



まあ、もともとこの2つはやっちゃいけないこと。今まで続けていたのが信じられないですね
(^_^;)



ただ、自主的にやめるのと違い、「出来なくなった」ということがとても気がかりなんです。単に、体力が落ちてる影響だけなのでしょうか?それとも…



本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする