「肝臓ガンになりました」胃癌の再発・転移を弁護士に告白

By

スポンサードリンク

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。今日は胃全摘手術後2382日目6年6ヶ月8日目になります。今日の所感。



弁護士にメールで告白「肝臓がん」になりました



実は現在、1億数千万円の損害賠償を請求する民事裁判をやっています。胃がんの後遺症でなかなか思うような仕事が出来ず、任せていた部下にその間のちょっとしたスキにつけ込まれて被った損害について責任を取らせるためなんですね。



胃がんの後遺症で苦しむ中で部下が悪事を働いた



しかし、日本の裁判というのはおかしなもので、こちら側が100%正しくても簡単にはいきません。相手側(被告)も当然ながら様々なウソの主張を繰り返しながら粘ってきます(そうしないと1億円以上の支払い義務が判決で確定しますからね…)。ところが、口頭弁論が開かれるのは1ヶ月~1ヶ月半おき。非公開準備手続きというのもありますが(ほとんどが口頭弁論ではなくこれになる)、1回につき所要時間は5分~10分程度。毎回ろくに会話もせず、書類の受け渡しだけで終わります。てなわけで全然進まないんです
( ̄▽ ̄;)



皆さん、くれぐれも気を付けて下さい。よく、「訴えてやる‼︎」とか言って相手を黙らせようとする人がいますが、そんな簡単なものではないですよ(汗)とにかく時間がかかります…。



そんな、裁判のこともありまして、ブログにもプライベートなことをなるべく書かないようにして来ました。ちょっとした事が不利な材料になってもいけませんからねぇ…



ちなみに数日前、裁判をお願いしている弁護士からメールが来ていた。たぶん、次回の裁判に提出する書面について目を通してという内容だと思うのだけれど。



ところが、貧血がヒドイとメールが開けないし、読めない
( ̄▽ ̄;)
そのうち、催促のメールがやって来ちゃいました(汗)



何とか、上がらない頭を手で押さえてメールを開き、お返事を…。あっ、そうだ。弁護士に今の状況を報告してなかったんだ。



弁護士へのメール 胃がん再発・転移したことを告白



メールの冒頭に、胃ガンが肝臓に再発・転移した疑いがあることを告白しました。たぶん、ビックリするだろうなぁ…。これで、仮に今後のボクが突然死や孤独死してしまったら、誰が死に追いやったのかと大騒ぎになってしまうのかも知れません。

スポンサードリンク

映画「幕末純情伝」昔は牧瀬里穂さんが好きだった





目まいで苦しみながら、横になってテレビの音だけ聴いていた。たまたま、映画幕末純情伝」が放送されていた。懐かしい…。女優牧瀬里穂さんが若かりし時に主演した2作目だと思う。たしかこの作品は映画館に観に行った記憶がある。なぜなら、この頃のボクは牧瀬里穂さんの映画デビュー作「つぐみ」を観て以来、彼女の神秘的な美しさの虜になっていたからだ。







彼女の美少女ぶりはダイヤモンドの原石のような感じがして、今の眼で見てもやっぱりきらびやかだなぁ、と思った。





本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする