10月21日(日)ボクが読み続けてきた秀逸な胃がんブログ3つ

By




スポンサードリンク


こんにちは。胃癌ブログの管理人です。今日は胃全摘手術後2390日目6年6ヶ月16日目になります。今回は、ちょっとした所感をつづっておきます。





「高度リンパ節転移胃癌」ボクの胃がん発覚当時



ボクは、2011年の暮れに差しかかる11月の上旬に、東京にある警察病院で胃がん宣告を受けました。その後、すぐに病院を転院。築地にある特定機能病院の国立がんセンター中央病院で再検査したところ、通常の標準治療が不能なほぼ末期に近い進行ガンであることが分かりました。そして、ボクに告げられた正式な病名は「高度リンパ節転移胃癌」というものでした。



▼胃ガンの発覚する約3ヶ月前。1日の睡眠時間が3時間程度で多忙な仕事の日々を10年間も続けており、体力にも限界が来ていた。

胃がん発覚の約3か月前の写真



苦しいメンタル面にある時に知った「胃がんブログ」の存在



胃ガン治療中の写真



10年ほど前には「不治の病」とされた胃ガンの進行状況を知らされたボクは、今後のメンタル面をどのように保っていけば良いのか皆目見当がつきませんでした。そんな苦しい状況の中で、少しずつ知りはじめたのが「ブログ」の存在だったのです。



胃癌のボクが闘病生活を送るうえで必要な情報は「現場の声」だった



胃ガンのことを知るためには、医師の説明だけでは不十分です。胃ガンと向き合い、治療や闘病をしていくためにはまず、全体像を把握しておくことも大切。そのための書籍も多く発売されています。ボクの場合はこちらの本を購入しました。







しかし、情報としてはこれだけで足りるのでしょうか?答えは「NO」でした。とある映画で、主演俳優が「事件は会議室で起きてるんじゃない 現場で起きてるんだ!」と叫んでいるワンシーンがありますが、あれは名言だと思います。






胃がんの解説本には、胃を手術した後の後遺症や食事についても書かれています。おおよそのことを知るためには有用ではありましたが、その解決方法としてはボク的にはまったくの役立たずなものでした。



例えば、食事面。食べものは良く噛んで「唾液で溶かす」とか、「少量に分けて食事回数を増やす」とか、「補食を多く摂る」とか…。



少ない唾液なんかで消化できるのはごく限られた食品だけです。ほとんどが消化できません。消化が出来ず、お腹が張って苦しむのに、短時間で少量を回数多く食事するなんてもってのほか。お腹が苦しい時に補食なんてなおさら無理ですから(汗)



後遺症だって然り。ダンピング症状をやわらげるためには少量の食事をゆっくりと、なんて言っても、それでも血糖値はスパイクしますから…。



結局のところ、胃がある人がいくら胃なし患者の事を思って書いてもしょせんは机上の空論胃なしの苦しみは実際に現場で苦しんでいる患者さんにしか分からないのです。



胃ガンの治療中から術後にかけ、同じ胃がん患者さんが書いたブログの存在は「現場の声としてボクにとっては非常に大きなものでした。



いくら本を読んたところで、実生活の中では具体的にどのようにすれば良いのか分かりません。そんな中で、他の同じように胃ガンで苦しんでらっしゃる患者さんがどうしているのかを知ることが出来たのは非常に貴重なことだったのです。



胃がんブログの有用性



よく、「ブログで日記を書いてはいけない」と言う人がいます。たしかに、日々の何気ない事象をただ記しただけの内容では、芸能人のプライベートでもない限り、他人様のことなんて興味のないどうでも良いことです。



しかし、闘病日記」に関してだけは例外だと思います。



人間という生き物は昔から群れをなし、まわりの風習・慣習や先人たちの生き方を参考にしながら行動する習性があります。よって、「癌の闘病」などのように、今の自分と同じ境遇の人がまわりにいない時は、途方に暮れてしまうことになります。



そんな時、ガンの先輩達がブログでつづる「闘病日記」の存在は、今後の自分が闘病生活を送るうえでの参考として非常に有用な役目を果たしてくれるのです。



ボクが胃ガンの闘病をするのに役立ったブログの書かれ方



実際のボクがそうでした。まわりには癌で闘病中の人はいないし、ボクにアドバイスや手助けしてくれる人についても、身内を含め皆無に等しい状態でした。



苦しくて不安な状況の中、スマホから「胃がんブログ」をネット検索すると、さまざまな闘病日記が表示されました。ボクはその中から、なるべく自分に近い病状の闘病日記を探しました。



しかし、ボク位の進行癌で闘病日記を書いているブログはさすがに発見することは出来ませんでした。それでも、何とか似たような状況にある闘病日記を見つけては参考にさせてもらったものです。



ボクが読んできた闘病日記でとくに参考になったのは、その書かれた記事がいつの闘病段階のものなのかが明確にされているブログでした。例えば、この記事は「術後〇年〇ヶ月〇日目」に書かれた日記であるとか。自分が今、こうして苦しんでる時にあのブログの人はどのように過ごしていたのだろう?と簡単に調べることが出来るのです。



ボクが今でも読み続ける「胃がんブログ」は3つ



ボクも胃がんの手術をしてから6年半。胃ガン発覚から7年を迎えようとしています。その間、読み続けてきた胃がんブログのほとんどは更新が途絶えてしまいました。なぜなら、ブロガーさんがお亡くなりになったからです。



ですから、ボクが今でも読んでいる、胃ガンの先輩にあたる方が書いている闘病日記のほうも、今ではたった3つほどに減ってしまいました。



前置きが非常に長くなってしまいました(汗)そんなわけで、今回はボクが胃ガンになってから参考にし、読み続けてきた良質な胃がんブログを3つご紹介させていただきます。



なお、ご紹介するのは、今でもご存命で元気にお過ごしになられていると思われる方の胃がんブログに限定させていただきます。



スポンサードリンク


胃がん闘病の時期が明確でとても秀逸!最初から読んでもらいたい胃がんブログはコレ!



まず一つめ。「やべっ バナナ早食いしちまった!」という胃がんブログで書かれている闘病日記です。記事が「術後〇日目」という風に構成されており、かつその内容も具体的でせきららに書かれていてとても参考になりました。





ボクなんかが書く闘病日記など比較にならないほど秀逸な内容で、ぜひとも最初から通し読みしてもらいたい胃がんブログだと思います。



患者を支えるご家族や身内の方におすすめしたい秀逸な胃がんブログはコレ!



二つめは、「あしたも、ここでね。」という胃がんブログです。このブログは患者本人によるものではなく、傍らで胃ガン闘病生活を支えている奥様によって書かれています。





がん患者をもつ家族や身内は「第二の患者」と呼ばれます。このブログでは、胃がん患者の夫を支える苦悩や、後遺症を克服するためのさまざまな工夫が細かくつづられていてとても秀逸だと思います。



とくに、胃がん術後のさまざまな後遺症について、患者本人の目線になって凄く工夫をされており、素晴らしいです。ぜひともご家族や身内の方に参考にしてもらいたいです。



ボクは胃がん患者本人ですが、このブログの「あしたも、ここでね。」というタイトルがとても魅力的に感じ、ついつい明日もここに訪問してしまいます
( ̄▽ ̄;)



ほのぼのとした家族との日常生活がつづられた秀逸な胃がんブログはコレ!



三つめは、「コッコロのこころ」という胃がんブログです。胃がんの闘病記録がこと細かく書いてある訳ではありませんが、胃がんになったママさん家族に囲まれて幸せに過ごす日常がつづられています。





精神的につらい感じになった時、このブログを読んでいるとほのぼのとした気持ちになって癒されたものです。



まとめ



以上の3つが、今でもボクが読み続けている胃がんブログになります。しかし、最近はいずれも更新頻度が少なくなってしまったのが残念なところです。



現在では、この3つ以外に他の胃がんブログを訪問したことがありません。他にも秀逸なブログがあるのでしょうが、ご紹介できずに申し訳ありません。



ボクが胃がんになり、今まで生きてきた中で、ブログにつづられた患者さんの生の声はとても励みになりました。ありがとうございました。まもなく訪れるであろう「死」を目前にした時、この胃がんブログというプラットホームの場を借りて感謝の意を述べておこうと思った次第です。



本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。



P.S. 気温がグッと下がる日が多くなってきて、冬の匂いがする季節が訪れましたね。今の体調には寒さがとても堪えます…




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply