まさか。再発した進行ガンの症状?!歩けなくなる…死の宣告3日前

By




スポンサードリンク


こんにちは。胃癌ブログの管理人です。気が付けば、もう3日前…。ボクにとって「」という『死の宣告』が下される3日前なのです。



再発ガン 死の宣告スケジュール



それまでにやっておかなければ、宣告の後は自分自身がどう壊れてしまうのかが皆目見当がつかない。しかし、体調不良が続き、いろんな事が引き延ばし引き延ばしとなってしまっているのです
(~_~;)



どうせ死ぬのであれば、すべて放置してしまうというのも選択肢の内の一つなのかも知れません。しかし、性分というものがそれを許しません…。



今日こそは徹底的に書類を作り上げ、明日中に手続きを済ませてしまおうと気合いを入れるも、1日ごとに体調が悪くなっている…。



そして、「ある事」に気付きました。



スポンサードリンク


たびたび記事に書いていることですが、トイレに行くと鉄の錆びた匂いを伴い、強い吐き気が起こります。これは、貧血を治すために服用を始めた鉄剤の影響なのかと思っていました。



ひどい貧血のため処方された鉄剤



ところが、日に日に目まいは増すばかり(汗)今日もトイレで用を済ますと、同じ異臭で強烈な吐き気。そして、トイレを出ると、あまりに目まいが強くて真っ直ぐ歩けなくなりました。



そこで思ったのです。コレってもしかして、血便ではないのか?!と。たしかに毎回、真っ黒な便。たまたま同時期に鉄剤を服用しているから勘違いしていたのかも知れません。



その後、頭が上がらなくなるので再び寝込んでしまった。



これがもしも血便だとするならば、再発ガンの進行のせいなのか?癌の再発・転移ってこんなにも早いものなのだろうか?!



しかし、体調に癌の症状が出る頃には、かなり進行してしまっているはず。したがって、体調不良が加速するのは可能性として十分ありえる話しです。



このままだと、3日後の「死の宣告」を受けに病院へ行くのさえままならなくなって来ました。だからといって、たった一人ではどうしようもない。このまま放置するより仕方ないのです。



すべては元犯罪者の身内(興味や批判したい気持ちがおありの方はボクのプロフをご一読下さい。リンクがあります)のせい。というか、「不作為による計画殺人(故意による保護責任者遺棄致死)」が思惑通りに進行しているというべきなのかも知れません。



元犯罪者 身内の兄



癌という死の宣告と同時に、もう一方の元犯罪者からも死を追い詰められている。果たして、ボクは一体どちらの原因が先で死ぬことになるのであろうか?



やる事が出来ず、横になりながら悶々とそんな事を悩んでいる状況です。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply