癌のヒーリング療法って「霊感商法」のことですか?

By




スポンサードリンク


こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。今日は胃全摘手術後2397日目6年6ヶ月23日目になります。



ブログにも書き続けている体調不良高熱が追い撃ち。相変わらずの寝たきり状態から脱却出来ずにおります。



しかし、何とか必死にパブロンを飲みながら(熱を下げる薬はこれしか常備していない)苦痛に耐え忍ぶGTO逆境にとことん強いオジサン)振りを発揮している次第です。



そんななか、頑張って闘病日記を更新。今日の所感をつづります。





癌ブロガー要注意!「ヒーリング療法」なる勧誘メールを送り続ける痛い男



ボクのブログにあるお問い合わせフォーム経由で、頻繁にメールを送ってくる男がいます。



ボクの胃がんブログに癌の霊感商法のダイレクトメールが送られて来た



内容を確認してみると、「ヒーリング」なるものを提供して病気や痛みを改善する会社と名乗っています。



ボクの胃がんブログに癌の霊感商法のダイレクトメールが送られて来た



ヒーリングって、翻訳すると「癒し」ですが、他にも「治療」や「治癒」と訳す場合もあります。どうやら、メールの送信者は『ヒーリング療法』というもので病が治せると言いたいようです。



ちなみに、これまで多く治療をしてきたとする病名の中には「がん」が含まれています。



ボクの胃がんブログに癌の霊感商法のダイレクトメールが送られて来た



メールの文言には「完治」した人もいると書いてありますね。



読者の方は、ボクが何を言いたいのか既におわかりだと思いますが、とてもお粗末な内容ですね。病名の所で、全ての癌をひとくくりにして「がん」と書いてしまっていますが、このメールの主は癌のことをよく理解されているのでしょうか?



スポンサードリンク


癌のヒーリング療法は霊感商法?ネットで検索してみた



ボクの胃がんブログに癌の霊感商法のダイレクトメールが送られて来た



遠隔なら移動もなし。何か日本語の使い方も意味不明。書いてある文章を読んでも、何を伝えたいのかよく理解できません(汗)



念のため、ヒーリング療法と、このメールに記載のある「とある人物」をネットで検索してみました。すると、「スピリチュアル療法」やら「霊感療法」やら、いろんな宣伝文句を使った話題の人物のようです。



その手法について簡単に言うと、「ハンドパワー」らしい。むかし流行りましたよね(笑)ちなみに、上に書いた「遠隔」というのは、ビデオ動画を通してその人からハンドパワーが送られてくるらしいです
(^_^;)



ボクの胃がんブログに癌の霊感商法のダイレクトメールが送られて来た



要は、「霊感商法」というヤツですね。けしからん。おまけに、誘導するブログへのリンクが貼られていて、ボクと同じFC2ブログ。しかも無料のアドレスです。



ボクの胃がんブログに癌の霊感商法のダイレクトメールが送られて来た



そして、文末の方には、ハンドパワーの教祖として崇められている人物は「とにかく驚きの治癒力をもっている」とある。どうも、日本語の使い方が未熟な子供が書いているとしか思えませんな。



しかも、1人1万円。こんなお粗末なダイレクトメールで騙される人がいるのでしょうか?



メールに記載の「霊感商法ブログ」について調べてみた



あまりにもお粗末で、少なくともハンドパワーの持ち主として話題になったり荒稼ぎしている人物からのものとは思えません。



そこで、ちょっとだけ送信元について探ってみることにしました。こんなメールを送りつけてくる主の背景には、どのような「人物像」が想定できるのでしょうか?



まず、メールに貼られたリンク先のブログにどれだけのアクセスがあるのか。専用のサイトで調べてみました。すると…。



ボクの胃がんブログに癌の霊感商法のダイレクトメールが送られて来た



データが不十分で計測できなかった(汗)すなわち、ほとんど誰にも見られていないブログということです。



ボクの胃がんブログに癌の霊感商法のダイレクトメールが送られて来た



こちらは、数少ないアクセスの流入元についての計測結果。ほとんどが「ダイレクト」となっています。



要するに、くだんのブログへのアクセスは、メールに貼られたリンクをクリックして訪れる人がほとんど、ということになります。



メール送り主の「人物像」を探ってみた



以上の状況証拠から推察するボクの結論。これは、紛れも無く単なる「情報商材」です。



このメールを送ってきた男は、ハンドパワーの教祖様から高額な情報商材を売りつけられた人に間違いない。



すなわち、




①「ヒーリング療法」を紹介すれば大儲け出来るとの謳い文句に騙されてセミナーに参加し、高額な情報商材を購入。


②「こうすれば自動的にお金が入って来る!」と、教えられたマニュアルにしたがい、与えられた素材(メールの文章もたぶん、その一つ)を使ってブログを開設。そして、闘病ブログ宛にひたすらメールを送りつける。



以上から窺い知ることが出来るメール送り主の「人物像」は、『副業で一獲千金を目論み、投資詐欺に騙された痛い男』です。



メールの内容や、肝心なヒーリング療法自体も含め全てがお粗末。ボクをはじめとする闘病ブログにダイレクトメールを送る手法に関しても、ブログアクセスを図るものとして昔からいろんな所で紹介されています。



これは今でも、ニセの癌ブロガーさんなどが良く使っている手法でもあります。末期ガンでお亡くなりになりそうなブロガーさんに寄せられる、多くの励ましコメントに紛れて自分のブログに上手く誘導する訳です。



「ラクしてお金が儲かる」という言葉に今でも多くの人が騙される現実



してみると、ハンドパワーでヒーリング療法を提唱する教祖様にとっての主たる目的は、副業目的で一獲千金を目論む人達に情報商材を売りつけること。患者の我々なんてどうでもイイ訳です。



ヒーリング療法」なんて、情報商材を売りつけるためにでっち上げた、単なるネタに過ぎないということ。



それにしても、ひとつひとつ闘病ブログを探してはひたすらメールを送る。1日にどれだけの労力と時間をかけてこのような作業をしているのでしょうか?



数百通のメールを送ってみて、果たして何人がブログを覗いてくれるでしょうか?そして、そのうちの何人がヒーリング療法にお金を払うのでしょうか?



たぶん、1円も儲からないですよね
( ̄▽ ̄;)
こんな、気の遠くなるような作業をする位なら、時給1,000円のアルバイトをした方が良いのではないかと思うのはボクだけでしょうか?



一時期、「ヒルズ族」なんて言葉が流行りましたね。同じような手口で多くの人が騙されて、高額な情報商材を購入しました。ボクの知り合いの不動産屋も、似たようなFacebook詐欺に遭って破産しました。



ラクしてお金儲けが出来るなんてあり得ない話しなんですが、今でも多くの人が騙されてしまう現実があるようです。



たしかに、「ヒーリング=癒し」を求めるのも大切ですけどね…。



ボクの場合、今大切なのは「時間」。あまり癒しを求めると「現実逃避」につながり、悪戯に時間ばかり過ぎ去ってしまうのが怖い状況でもあります(再発ガンが進行するだけだから)。



せめて、癒しを求める時は音楽を聴く程度にとどめています。







本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。



P.S. 多くの方々からの励ましのメール。ありがとうございます!!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply