肝臓に宿る再発転移胃ガンは確実にボクの体を蝕んでいると悟った日

By

スポンサードリンク

こんにちは。胃癌ブログの管理人です。胃全摘の手術後6年半も経ってから肝臓へ転移・再発したことがわかったボクの胃ガン余命宣告をされてから3週間になろうとしています。



▼関連記事

GTO…。主治医の言葉でめちゃくちゃに泣きたくなった

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。流石にもう、ブログを書くのをやめようかとも思いましたが…。「オレも男だ!!」歯を食いしばっての更新です。再発胃ガンの検査結果を聞きに大学病院へ胃がんの再発→肝臓への癌の転移を調べるために先週おこなった造影剤CT検査。今日はその結果を聞くための診察日です。大学病院に着きましたが、時間のほうがかなり押してしまいました。どうも、なかなか足が前へと進まなかったのです(汗)...



まだ、3週間?もう、3週間?その間に過ごして来た日々をどのように考えるべきなのかは非常に難しい。されど、ボクに宿った再発胃ガンは確実にボクの体を蝕んでいるようなのです…。





極度の貧血で鉄剤を服用し始めてからまもなく1ヶ月



胃がん術後6年半目の定期健診で行なった血液検査の結果、極度の貧血状態にあることが判明。処方された鉄剤を服用し始めてからまもなく1ヶ月と10日が経とうとしています。



▼関連記事

貧血の原因は?【胃ガン発覚時と現在】 2つの血液検査結果を比較

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。今日は胃全摘手術後2381日目。6年6ヶ月7日目になります。今日の所感。前回の記事の続きになってしまうのですが、どうも貧血の状態についてその原因が気になってしまって…。胃全摘患者に考えられる「貧血」の原因は2つ胃がんの術後であることも含め、ボクなりに思い当たるフシを考えると次の2つ。① 鉄欠乏性貧血食事中の鉄結合物質は、通常、胃酸、ペプシン等により消化され、十二指腸およ...


胃ガン再発の告知からガタガタと加速する体調不良、鉄剤で吐き気が…

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。先日の定期検診の後から、ちょっと何とも言えないような精神状態がずっと続いています。当然、こんな状況が体に悪影響をもたらさないはずはなく、一気に体調を崩してしまったようです。血液検査で鉄の欠乏が判明したので急遽、飲み始めた鉄剤。ところが、これを飲んだ辺りから体調が急変。体に合わないのか、副作用なのか…...



しかしまったく改善の兆候は見られず。
(~_~;)
鉄剤はもう僅かしか残っていないのだけれど、全部飲み終わったあとはどうなってしまうのか?少し恐怖を感じています…。



実は、先日の行政相談のあたりから体温測定を疎かにしている(汗)



まずいかな?と思いつつ、今日も週課のマッサージ(ヘッドスパ)に出かけたのだけれど、ヒンヤリとした外気に触れた瞬間、突然襲ってきた寒気目まいかすみ目が起こり、目前の景色がチカチカする
( ;´Д`)



何とか美容室に到着するも、ただ座っているだけでもツライ自分がいる。背中と肋骨にピリッ、ズキっていう痛みが断続的に起こり、肋骨を押さえている自分を心配そうに眺めている店員さん。



毎回、丁寧なマッサージを施してくれるけど、首は足首のように細くなり、腕もマッチ棒みたく痩せ干せた。マッサージする側も大変だと思う。ゴメンナサイ。こんな体になっちゃって…



肝臓に宿る再発転移胃ガンは確実にボクの体を蝕んでいると悟った日



美容室を後にすると、目まいが一層ヒドくなった(汗)今日も食事が出来てないので、低血糖も混在しているのだろうか?ちょっとこのまま真っ直ぐ帰る自信がなくなった。



すべては再発転移ガンの進行によるものなのか?体調不良は確実に日常生活を支障あるものに変えつつある…。そして、未だ治療を行えるメドが立たない自分はまもなく誰かの計画通りに死ぬことになるのかも知れない。



出先でそんなことを感じつつ、また何か食べて帰らなくては。しかしもう、糖質の高いスイーツは体力的に血糖値スパイクダンピング症状)がキツいんです。となると、まともな外食が出来ないボクに残された道はただひとつ。



また一人飲みかぁ(汗)ちょっと体がツラいけどやむを得ん。しかし、こんなことを繰り返すようじゃ気軽に外出も出来なくなりそうだな…。

スポンサードリンク

高円寺の老舗大衆酒場「大将」さんへ



何だか最近、「酒飲みブログ」化してしまってすみません
( ̄▽ ̄;)
肝臓に転移再発した癌のことを考えたらとてもお酒なんて飲むべきじゃないのはわかっているのですが(汗)



現状、いつ死ぬか、殺されるのかわからない身なので今この一瞬を大切に過ごしたいという思いが優先されてしまうんです…



高円寺にある老舗の大衆酒場「大将」さん



そんな訳で、今回は高円寺に昔からある老舗の大衆酒場「大将」さんにお邪魔してみました。



普段は外までお客さんで溢れかえるほどの人気店。しかし、今日はまだ開店直後ということでお客さんは老夫婦が1組だけでした。



再発転移ガンで体調不良のなか、低血糖で午後2時から昼のみ



詳細は「ボクの酒場放浪紀」第四章で書くことにします。



血糖値の薬を忘れて急いで退散、帰宅後の高熱は…



飲み始めたら、血糖値の上昇をブロックするセイブルを忘れて来たのに気付いた
( ̄O ̄;)



ヤバイなぁ…



と思いつつも、それよりもまずお酒をひと口飲んだだけで吐き気が襲って来た
( ;´Д`)



結局、長居できずに急いで退散。



再発転移ガンによる体調不良で癒しスポットを通り過ぎる



いつもの癒しスポットでワンコがこっちを振り返るのを待ってる余裕もなかった(汗)



帰宅して。久方振りに体温測定してみると…



再発転移ガンで日常生活にも支障が…。今日の体温は40.2℃



40.2℃!!



この後はグッタリ。寝込んでしまいました…。



まともに日常生活すら送れなくなってきた自分。



酒場では、哀愁漂うノスタルジーな曲が流れていた。ハイボールを片手に、しんみりと曲を聴きながら焼き鳥を食べつつ思った。







「自分は何も悪いことをしていないのに、なぜこんな人生を歩んでいるのだろう…。ただ、まわりの人間や環境に運がなかったことと癌になったこと。それだけなんだよなぁ…」



P.S. そうすれば。一度だけ会ったことのあるボクの姉は、テレサ・テンさんに似ていました。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする