【ボクの酒場放浪紀④】やきとり大衆酒場「大将」王道・肉豆腐に悶絶

By

スポンサードリンク

こんにちは。胃癌ブログの管理人です。今日は胃全摘手術後2417日目6年7ヶ月11日目になります。今回は、昨日体験した「ボクの酒場放浪紀第四章を。



【ボクの酒場放浪紀④】やきとり大衆酒場「大将」王道・肉豆腐に悶絶



どうもここ最近、まるで肝臓に再発転移した胃ガンの進行を助長させるかのごとく「酒飲みブログ」になりつつある今日この頃。



自暴自棄になりがちな行動にブレーキをかけなければ、という理性的な面が内在しつつも、どうせ結局死ぬのなら、「今」というこの瞬間を後悔のないように楽しまなくてどうするんだ?という半ば投げありな別の面すらも自分の中に同居している。



葛藤に日々の精神状態が揺さぶられている状況で、自分自身どうすれば良いのかわからなくなっているのです(汗)



ただ、今回の昼飲み一人飲みを体験してみて、ボクの体の中に隠居していた再発胃ガンは今を楽しむことすらも許さないほどに進行し続けているのか?というくらい、酒をたしなむ体力も厳しくなりつつある現実を突きつけられた思いがしました。



嗚呼。生きてる間に一人飲み出来るのも、あと何回くらいだろ…。もしかすると、これが最後になるのかも知れません。



スポンサードリンク

高円寺の老舗大衆酒場「大将」さんへ



肝臓に再発転移した癌の進行によるものなのかはわかりませんが、とにかくすこぶる体調が悪い
( ;´Д`)
外に長居していられる状態じゃなかったので今回はササッと短い時間で切り上げるつもりでした。



高円寺にある焼き鳥の老舗大衆酒場「大将」さん



そんなつもりの中で思いついたお店はやっぱりココ。高円寺にある焼き鳥の老舗大衆酒場大将」さん。



高円寺はボクが生まれ育った街ですが、物心ついた時から営業している歴史のある焼き鳥居酒屋さんです(^^)



現在は高円寺に3店舗ほど展開されていますが、夜になればどの店舗もお客さんでギッシリ。常連客が多いような雰囲気です。たまに食べたいなぁ~と思ってもいつも満席のイメージがあって、今までは1度しか入ったことがありません。



まだ開店間際らしく、お客さんもまだいなさそう。ココでサクッと軽く焼き鳥を味わって帰ることにしました♪



今回のお酒も胃ガン手術後にオススメな糖質を気にせず飲めるジンジャーハイボール!



店内に入ると、テーブル席にはすでに老夫婦らしきお客さんが1組。夫婦で仲良くのんびりと昼飲みってイイですね
(*´꒳`*)



ボクは、こじんまりとしたカウンター席に座りました。



飲み物はジンジャーハイボール



とりあえず飲み物を、と言われ今回もジンジャーハイボールを注文。ハイボールは「糖質を気にせず飲めるお酒」として胃ガン手術後にオススメなのは前回の記事に書いた通りですね。



▼関連記事

胃ガン手術後にオススメなお酒とは? - ボクの酒場放浪紀~番外編~

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。今日は胃全摘手術後2416日目。6年7ヶ月10日目になります。一昨日は体調不良で寝不足のなか、昼から一人飲み。どうやら無理が祟ったようでして…(^_^;)一気に容態がおかしくなりました(汗)▼関連記事飲んでる最中に何だか頭痛がひどいなぁ…と感じていたのですが、もしかすると急激な冷え込みの影響で風邪を引いたのかも知れません(-。-;風邪かな?と感じるまで、もしかすると慣れないハイボー...



店内は昭和の時代が漂う風情ある雰囲気!!



そして、さっそくメニューを見る。何を食べようかなぁ…。焼き鳥がメインのお店だから串焼き。しかし実はこのボク、焼き鳥を注文するのが苦手なんです(汗)



1本1本頼むんじゃあ何だかまどろっこいし、何を食べていいのかわからなくなる。そこでだいたい串盛りに走っちゃうんですよねぇ…。まだこの辺の振る舞いは未熟なお子さまレベルといったところです
(^_^;)



という訳で今回も自分のキャパにしたがい、串盛り2種と軽そうな肉豆腐だけ注文しました。今日はこれだけ食べてサクッと帰ろう…



高円寺にある焼き鳥の老舗大衆酒場「大将」さんの店内



注文してから、昔ながらの炭火でリアルタイムに焼いてくれる。もくもくと煙りで充満するこの雰囲気。店内にはノスタルジックな曲や演歌が流れています。とても風情があってイイもんですねぇ!!懐かしい昭和の時代を思い出しましたヨ
(°▽°)



食べ応えのある食感!豚おまかせ(塩)5本



ボクが注文した串焼きが運ばれて来ました!!



高円寺やきとり大衆酒場「大将」さんで豚おまかせ(塩)5本を注文



豚おまかせ(塩)5本



あれ?4本だ…
( ̄O ̄;)
ま、いっか(汗)



高円寺やきとり大衆酒場「大将」さんで豚おまかせ(塩)5本を注文



これはどこの部位だろう??実は、お恥ずかしながらこれを食べてる時は鶏肉の方だと勘違いしながら食べていました(汗)



右側は砂肝っぽい食感。左の方は焼肉でいえば牛タンっぽい感じ。本格的な焼き鳥屋さんが焼いたものはやっぱり、スーパーやコンビニで食べるのとはひと味もふた味も違うなぁ…。とっても美味しいです!!
(*´ー`*)



高円寺やきとり大衆酒場「大将」さんで豚おまかせ(塩)5本を注文



続いてこちらの2本。右が皮、左はバラかな?(この時の自分はまだ豚肉を食べてることに気付いてない)



噛みごたえがあってヨシ。ただし、ボクにとっては消化に悪いので良く噛んで食べましたよ。もぐもぐもぐもぐ…



高円寺やきとり大衆酒場「大将」さんで豚おまかせ(塩)5本を注文



残りの1本がやって来た。今、焼き上がったばかりでアツアツの軟骨!!カリカリしてとってもオツな噛みごたえです
(*'▽'*)



タレが絶品!焼鳥おまかせ(タレ)5本



続いて、もう一種類の串盛りが出来上がりました。



高円寺やきとり大衆酒場「大将」さんで焼鳥おまかせ(タレ)5本を注文



焼鳥おまかせ(タレ)5本



アッ!!こっちが鶏肉だったのか…
( ̄▽ ̄;)



内容は、ねぎ(ヒナ肉)、シシトウ(ヒナ肉)、ヒナ肉、とり皮、とりレバー。



高円寺やきとり大衆酒場「大将」さんで焼鳥おまかせ(タレ)5本を注文



最初はシシトウから食べたのですが、あまりの美味しさに舌鼓!!脂が乗ったお肉がとても柔らかくて極上の味わい
(*´꒳`*)
何よりもこの、甘い焼き鳥のタレがやみつきになりそうなほどに絶品です!!きっと、長年のあいだ継ぎ足してきた歴史ある秘伝のタレなのでしょうね♪



まさかの量に唖然!王道・肉豆腐で悶絶



最後に、「お豆腐だから」と気軽に注文した王道・肉豆腐がやって来ました。



高円寺やきとり大衆酒場「大将」さんで王道・肉豆腐を注文



ドドーン!デカッ!!
( ̄O ̄;)



やべっ、またやっちゃったな…
( ̄▽ ̄;)



写真では非常にわかりづらいのですが、まるで丼ほどある大きな器に、これでもかと言うくらいに大盛りな肉豆腐が入っています。



自分的には、居酒屋チェーン店のメニューにあるような少量に違いないと思っていました。



以前に食べた大量のポテトサラダ



以前に食べたポテトサラダも然り。このようなお店はサービス満点なんだ…。胃無しのボクはメニューのひとつひとつにも気を配って注文しなきゃならないんですね(汗)



【ボクの酒場放浪紀②】絶品ポテトサラダに悶絶! 炭火焼鳥 とんきち

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。今日は胃全摘手術後2410日目。6年7ヶ月4日目になります。本日の所感は、昨日の続きをつづります。体調不良により、リアルタイムな更新が出来ずに申し訳ありませんm(__)m▼前回の記事うちでは寝たきり状態が続き、高熱もあってなかなか食事が出来ない(汗)しかし、昨日も書いたように、癌で死ぬまでの間のひと時を一瞬だけでも大切に生きたい、という気持ちもあってヘッドスパの帰り道に一人...



しかし、これだけの量が出て来たら、胃があった頃のボクでもお腹いっぱいになっただろうなぁ…。



今は卵を食べただけで苦しくなりそ…
(~_~;)



高円寺やきとり大衆酒場「大将」さんで王道・肉豆腐を注文



とりあえず、覚悟を決めて食べ始めました。



牛肉の旨味が良く染み込んだ甘い汁。ジックリと煮込んであり、この本格的な味わいはとても焼き鳥屋さんで出される肉豆腐とは思えません。



惜しむことなく盛られた大量の牛肉、こんにゃく、木綿豆腐。こんにゃくは細かく切られてありますが、胃全摘後はこんにゃくが消化できない(汗)



良く噛んで食べましたが…。実は、木綿豆腐っていうのもけっこうお腹が張るんですよね。美味しいので苦しみながらも何とか完食しましたが、食後のお腹はまるで腸にコンクリートブロックでも詰め込んだかのような異物感
( ;´Д`)



苦しくなったボクはとうとう我慢が出来ず、急いでお会計を済ませて帰路につきました。



まとめ



今回お邪魔した老舗のやきとり大衆酒場大将」さん。焼き鳥を始め、本格的な絶品料理を味わいながらお酒をたしなむことが出来る素晴らしい名店だと思いました。



惜しむらくは、ボクの胃が無いこと。何故もっと元気な頃に出入りしなかったのだろう?と悔やまれる次第です。



健常時は朝から深夜までの過酷な重労働が20年近くも続き、自分の時間をほとんど持てなかった。しかし、今までいくら仕事を頑張ったところで何ら意味がなかったことは、胃ガンという大病を患ってみてから初めて痛感しました。



今、このブログを読んで下さる読者さんに伝えたいこと。それは、決して仕事で自分を犠牲になどしないで下さいということです。



過酷な労働で体を壊しても結局、職場はあなたを見捨てるだけ。助けてなんかくれないのです。そんなことになるくらいなら自分の時間を大切にして下さい。



仕事と違い、元気な頃に今回のような体験をしていたならきっと、ボクにとってはその思い出が貴重な財産となったことでしょう。



実は今回、体調が悪くて、たったひと口のジンジャーハイボールで吐き気が起こりました(汗)ぜんぶ食べ終わるまで我慢していたものの、結局1杯でギブアップしました。



また、ついウッカリとして血糖値の上昇をブロックする薬「セイブル」を持たずに外出してしまい、食べ始まって気付くも後の祭り(汗)焼き鳥までは影響がなかったものの、肉豆腐を食べているうちに起こった血糖値スパイクがかなりキツかった
(~_~;)



胃ガンで胃を全摘したあとの食事は、いろんな制約があって本当に難しいものですね。本来、「ボクの酒場放浪紀」はグルメのカテゴリーで書くべきですが、胃全摘後の視点から見る食レポとしてつづりたいので、胃がん闘病記・日記のところで書いてます。



昭和レトロな雰囲気で本格的な焼き鳥やお酒が愉しめる老舗やきとり大衆酒場「大将」さんは是非オススメ。夜になればなるほどお客さんで混雑しているので、なるべく早めの時間の方が良いかも知れません。



用事で近くまでお越しの際は是非一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?



とても美味しかったです。ごちそうさま!!!



店舗情報はコチラ:大将 本店 - 高円寺/焼鳥 [食べログ]




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする