【市販薬と床ずれ】よくある胃ガン手術後の悩み「胃ガンあるある」

By




スポンサードリンク


こんにちは。胃がんブログの管理人です。11月23日(金)に体験して苦しんだ症状と「胃ガンあるある」的な悩みを備忘録のつもりで書き記しておきます。



▼関連記事

「財前教授の総回診です」医療ドラマのリアル

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。11月23日(金)は胃の全摘手術後2424日目。6年7ヶ月18日目でした。この日の備忘録をつづります。昨日の一人飲み。そんなに飲み食いもせず、自分的にはセーブしたつもりの昼飲みだったのですが…帰宅後。どうも調子の方がすこぶる悪い。それほど酔いが回ったわけでもなく、強いて挙げるならビールでお腹の張りに多少苦しんだ程度でした。▼関連記事【ボクの酒場放浪紀⑤】また来たよ!目利き...



ちなみに、何とか食事量を復活させ、体力を維持しなければ!と努力はしているのですが、いかんせんお粥すら食べるのがキツい(汗)



仕方ないので、お粥をさらに煮込んで雑炊で食べてみるのですが、これだと全然体力がつきませんね…
(~_~;)
どうやら、米は今の体調に合わないようです。そこで、パスタと素麺を交互に食べて様子を見ています。



【市販薬と床ずれ】よくある胃ガン手術後の悩み「胃ガンあるある」



そんな中でのマイブーム。100均ショップで購入した器具を使い、卵とマヨネーズ、水だけで玉子焼きを作り、料理の中に入れて煮込んで食べる「何でも玉子焼き」にハマってます。



作った玉子焼きを煮込むと味が染み込んで美味しい。思わずハマってしまったのですが、こんな食べ方は邪道でしょうか?





スポンサードリンク


胃ガンあるある①悩ましい術後の頭痛と市販薬の服用



突然の事でした。頭痛が始まり、痛みはさらに体中の節々にまで及んでいきました。



高熱の時によくありがちな症状ですね。今までの高熱でこうならなかったのが不思議だとは思っていたのですが…



胃がある健常者の頃は、頭痛といえば即効性のあるバファリン。いつも常備していたので、気軽に服用していた記憶があります。



しかし、胃がんになって胃を全摘してからは、飲むのがこわくて一度も買ったことがありません。「胃に優しい」とか言われると、胃に作用する成分が関係する薬はどうしても躊躇せざるを得ないんですよね。



市販薬の服用。頭痛とともに、胃がんの術後にとっては非常に悩ましい問題で、胃ガンあるあるのひとつです。



だから強い頭痛が始まると本当につらい。ずっと我慢しているしかなかった…
(~_~;)



胃ガンあるある② 要注意な術後の「床ずれ」が寝たきり状態で発生



ずっと寝たきり状態でいたら、「床ずれ」らしきものが起こってしまった(汗)注意はしていたのですが…。



胃がん術後の床ずれも、注意すべき「胃ガンあるある」のひとつですね。



ボクの場合、お腹まわりの筋肉をすべて切除されため、胃の手術後はうまく寝返りすることが出来ません。



だから定期的に意識して、自発的に寝返りするよう気を付けてはいたのですが…。



現在はお尻の肉が腫れ上がり、股関節とふくらはぎの痛みに苦しんでいます(汗)



今度は重症低血糖で動けず



先日から始まった、断続的に意識を失いかける症状は影を潜めています。



11月20日(火)死の予兆?!何度も死にかけた1日でした…

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。11月20日(火)は胃全摘手術後2421日目。6年7ヶ月15日目でしたが、この日は何度も気を失いかけました。今まで体験した事がないような感覚に襲われ、これは「死ぬのかな?」「死にかけているのかな?」と肌で感じた瞬間でもありました。それでは、胃ガン闘病記をつづります。...



たぶん、寝たきりでいたからなんでしょうけど、今度は重症低血糖が頻繁に起こって頭が上がらず、いっそう寝たきり状態に拍車をかけました。



再発転移ガンの苦しみで来年生きてる姿がイメージ出来ない



毎日さまざまなバリエーションで増え続ける体調不良の嵐



きっと、治療を放置したまま転移した肝臓で進行する再発胃ガンに何らかの因果関係があるのでしょう。



この苦しみが続くなか、最近では来年に生きている自分の姿というものがまったくイメージ出来なくなりました。



そんな状況のなかでは尚更のこと、今という時間を大切に生きようという気がますます強くなりますね。



本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする