【後期ダンピング症候群】術後6年7ヶ月目なんですけど…

By




スポンサードリンク


こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。胃ガンで胃の全摘手術をしてから6年7ヶ月以上も経ったんですけどねぇ…。症状は昔よりもひどくなっている(汗)



現在、とてもハードな後期ダンピング症候群が襲来。対応に苦慮している最中です
( ;´Д`)



【後期ダンピング症候群】胃ガンの術後6年7ヶ月目なんですけど…



▼前回の記事の続き。

迷って、躊躇して…。思い悩んでいます

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。11月29日(木)は胃の全摘手術をしてから2430日目。術後6年7ヶ月24日目になります。今日はなぜか、ひとつの行動をするのにいろいろと躊躇し、悩んでしまう変な1日です。朝起きてまず、体温計を手に取るかどうか迷う。なぜなら今日もマッサージ(ヘッドスパ)に行こうと心に決めている自分にとっては高熱を確認したところで何ら意味を持たないからです。で、さんざん迷った挙句、体温を計る...



迷って、躊躇して。思い悩んだ挙句に昼飲み決行!というより、やるかやらないかという2択に迫られたらボクの場合はほぼ100%やるんですけどね
(^_^;)



しかし今回の選択はボクにとってかなりヘビーなものとなりました(汗)



スポンサードリンク


再発胃ガンが発覚して、しかも転移したのが肝臓ですよ。治療も始められずに真っ昼間から酒なんか飲んで何やってるんでしょうかねぇ…



【後期ダンピング症候群】胃ガンの術後6年7ヶ月目なんですけど…



飲み終わったらすでに日が暮れてました。



苦しみに耐えながら急いで帰宅するや、そのままソファーになだれ込む。寝込んでピッタリ3時間後に激しい動悸が始まりました。



「ヤベッ。後期ダンピング症状だ!!」



急いで飛び起き服を脱ぐ。その後あっという間に冷や汗で全身びしょ濡れです(汗)しかし今回は先回り出来たので服を濡らさずに済みました
( ̄▽ ̄;)



すかさず口にブドウ糖を含みながら甘いコーヒーを作って飲みました。



今まではセイブルという薬を飲むことで何とか回避して来たんですけどねぇ…。食べ物の選択次第では結局こうなってしまう訳です。



胃ガンの術後6年7ヶ月も経っているのにこんな有り様。だから現在でも気軽に外食が出来ないのです。



今回の一人飲みに関しては「ボクの酒場放浪紀」第七章で詳しくつづる予定です。



以上、現場からMがお伝えしました。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする