【医師の説明】抗がん剤治療による脱毛と副作用について

2018年02月01日
0
0
胃がんヒストリー

【医師の説明】抗がん剤による脱毛と副作用について





抗がん剤の術前化学療法1日目が無事終了


3種の抗がん剤を使用する術前化学療法の1日目。何とも言えない不気味な緊張感の連続でしたが、無事に終わりました。


▼前回の記事

【抗がん剤治療】ドセタキセル、シスプラチン、TS-1の化学療法が開始

失意で"胃がんの回顧録"がとん挫中自分が胃がんを患ってから、これまで治療をしてきた経緯などをあまり詳しく述べてこなかったなぁ、と。そこで、今更ながら、少しずつ当時のことを思い出しながらブログに書いている次第です。▼前回の記事抗がん剤治療が延期、高熱で思い出す「幼少期の悪夢」続く体調不良で抗がん剤投与が3日延期2011年12月15日にがんセンターへ入院した時のこと。翌日から抗がん剤を使った術前化学療法をやる予定...


しかし、心配なのが副作用です。2日目以降に一体どんな症状が現れるのか。抗がん剤といえば映画で観るようなイメージしかありませんから、やっぱり心配でした。


抗がん剤の副作用、私の場合


点滴による抗がん剤のドセタキセルシスプラチンは1日目だけ。2日目以降はTS-1を朝夕2回ずつ服用しながら経過観察です。がんセンターでの入院は続きます。


吐き気食欲不振味覚障害色素沈着口内炎便秘下痢など…。あらゆる事態を想定し、覚悟もしていました。


しかし、3日目、4日目、5日目…。時たま下痢はしましたが、とくに際立った副作用は感じませんでした。


入院中ということもあり、運動不足で食欲はありませんので、食欲不振が抗がん剤の副作用とも限らない。


自分は"体力"だけが取り柄。たとえ食欲がゼロでも感情を押し殺し、出された食事はすべて完食しました。


抗がん剤でこれといったヒドイ副作用に見舞われることもなく、やっと"退院の日"が決まりました。2011年12月24日クリスマスイブでした。


退院間際に医師から副作用の説明、「脱毛」のこと


入院中、化学療法中の間ずっと担当して下さる腫瘍内科医が、毎日のように様子を見に病室を訪れてくれ、いつも励ましてくれました。


私にこれといった副作用が見られないのは奇跡的だとビックリされてたので、私自身ホッとしたというか…。年齢的には若い感じですが、精神的なケアも心得た、とても親切な医師でした。


しかし、最後の最後でショッキングなことを言われました。映画で必ずと言って良いほどシーンに現れる脱毛の説明です。


「Mさんがいくら体力に自信があっても、頭髪の弱い毛根は抗がん剤の副作用には耐えられないんですよ。

抗がん剤を始めてちょうど2週間経った頃に、髪の毛がバッサリ抜け落ちるのだけは覚悟しておいて下さい。

出来れば、それまでの間に髪の毛を短くしておいた方が後始末しやすいかも知れませんよ。」


抗がん剤による脱毛と副作用について医師の言葉


気になっていた"脱毛"ですが、やっぱりこの私にも起きるんだ…。


生まれてこのかた、あまり髪の毛を短くした経験がない。小学生の頃に一度、2分刈りにしたくらいかな。


まあ、自分は男だから髪の毛なくても何とかなりそうだけど。綺麗にバッサリなくなるのだろうか?まばらな感じはキツイなぁ(汗)


そんな事を思いながら無事に退院しました。


退院直後に焼肉屋へ、味覚に異変が

スポンサードリンク

12月24日の午前中いっぱいで退院手続きを済ませ、がんセンターを出る。昼食は、車で迎えに来てくれた親族達とそのまま焼肉屋へ行きました。


やっと病院食から解放され、ガッツリご飯が食べられる。そう思いながら、大好物の焼肉を口に頬張ると何だか味がおかしい…。


焼いた肉が、とても煙たいような、石油臭いような…(汗)本来の記憶に残る、美味しい焼肉の味が感じられなかったのです。しばらくしたら味覚の方は戻りましたけど…。


帰宅してタバコを吸ったらひっくり返る


久しぶりに我が家に帰宅。それほどではなかったけれど、タバコを吸ってみたくなった。吸ってみて何か変化が起こるのか?という興味も半分。


恐る恐る、マイルドセブンのスーパーライトに火を付ける。煙を吸うと、普段の数倍以上に重く感じ、一瞬だけ意識が飛んで後ろにひっくり返った!


怪我をしなかったのが幸いでしたが、危ないところでした。


ちなみに、タバコの方も2本目からは慣れました(汗)


脱毛の準備、覚悟の美容室


ウッカリすると、脱毛の時期がすぐにやって来てしまう。いろいろと対策を考えた結果、決めました。


  1. 髪の毛を2分刈りにする。
  2. 脱毛後に備えて帽子を用意する。


まずは、1.から。12月29日、長いこと行きつけの美容室へ行き、「髪の毛を2分刈りにして下さい」とお願いした。ちなみに、つい最近パーマをかけたばかりだったので、担当の店長さんにビックリされました。とくに理由は言いませんでした。


抗がん剤による脱毛と副作用について医師の言葉


こんな感じ。


帽子はいろいろと調べて、用事でいろんな所に行ったついでに少しずつ買い足していきました。


なかでも、だいたいいつも被ってたのが、がんセンターに売っていたこんな感じのもの。



薄手でちょっと真冬はスース―したけれど、逆に通気性が良かったかな...。肌触りが優しく、何度も洗濯できるので、無地のグレーの物など何枚か替えを買って交互に被って仕事してました。


あとは、普通にファッションで被る用のニット生地のタイプも買いましたが、けっこう汗をかいてむれたりするので不便でした。


退院後の副作用


退院後も継続して、決められた期間はTS-1を服用します。周りに誰もいない一人暮らし。何か異変が起きたらすぐにがんセンターへ連絡するように言われてました。


環境や食事の変化のためでしょうか?下痢がどんどん酷くなる。10回、20回と増えていき、とうとう危険を感じました。


夜遅くにがんセンターへ電話。担当の腫瘍内科医はいなかったが、代わりの医師が対応してくれた。とりあえず、下痢が治まるまでTS-1の服用をやめて良い事になった。


しかし、TS-1をやめると今度はがんの事が心配になる。1回だけ中止し、あとは下痢をしても我慢して飲み続けた。薬に慣れたのか、下痢は次第に治っていきました。


抗がん剤投与からまもなく2週間


まもなく2012年になろうとする頃のこと。


入浴中にふと思った。


抗がん剤を始めてからあと2、3日で2週間。本当に脱毛って起こるのだろうか?


とても気になり、髪の毛を引っ張ってみた。


皆既月食


胃がんの術後5年9ヶ月26日目。


今日は"皆既月食"なのをウッカリ忘れてました。


その時間にお風呂に浸かっていると、兄が動画を送ってくれました。


(初回投稿:2018年2月1日)

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
スポンサードリンク
M
Posted by M
ブロガー/ファッション研究家/会社経営/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する45歳/おうちごはん男子部 所属/料理を悪戦苦闘修行中/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする