偽造クレジットカードで不正使用の被害で知った!カード利用のリスク

2019年02月24日
0
0
今日のエッセイ

こんにちは。ブロガーのMです。実は、生まれて初めてクレジットカードを他人に不正使用されるという被害に遭いました(汗)ビックリしましたよ…


別に、クレジットカードを落としたとか、紛失したわけじゃないのに、何故このような被害に遭ったのだろう…


自分が被害に遭ったことを知る由となったのは、カード会社から送られて来た1通のメールがキッカケでした。


偽造クレジットカードで不正使用の被害に遭った!


スポンサードリンク

カード会社から不正利用のメール連絡が来た!


下の画像が、カード会社から送られて来たクレジットカードの不正使用に関するメール


カード会社からクレジットカードの不正使用に関する連絡メールが届いた!


最初、このメールを読んだ時は意味が全く分からなかったのだけれど、メールに記載のある加盟店や金額に身に覚えがないことから、ただ事でないことに気付かされました。


とりあえず、「いいえ」というボタンをクリック。すると、『監理課に電話する』というボタンが表示されたのでさらにクリック。カード会社に問い合わせてみることにしました。


カード会社の説明でクレジットカードの不正使用の内容が明らかにされた


カード会社の担当者からはまず、ボクのクレジットカードがいつ、どこで、何にいくら使われたのかについての説明がありました。


何と、2月16日にイギリスでタクシーの利用にボクのカードが使われたとのこと。代金は7ポンドの支払いだったようです。


これを聞いたボクは一瞬、「エッ!?」となりました。


カード会社の担当者「こちらのカードのご利用にお心当たりはございますか?」と聞かれたボクは、『いえ。イギリスなんかに行ったことはありませんし…。まったく心当たりはありません。」と答えました。


「カードは手元にあるのに…」なぜクレジットカードが不正使用されたのか?その理由


問題は、ボクのクレジットカードがどのような方法で不正使用されたのか?ということ。なぜなら、カードはちゃんと手元にあるからなんです。


理由を尋ねると、恐らく偽造されたクレジットカードが使用されたのだろうということ。すなわち、ある犯罪組織が無作為にカード番号を抽出し、偽造クレジットカードを作る。その際に、たまたまボクのカードと同じ番号が含まれていた、ということらしい。


知っておきたい!クレジットカード利用のリスクとは?


しかし、腑に落ちない疑問はなお残り、さらに質問を続けました。「カード番号が同じでも、名義人まで一致させてクレジットカードを偽造するのは難しいですよね?それに、署名・サインや暗証番号も分からない訳だし。何で不正使用が出来ちゃうのですか?」


これに対するカード会社の回答は、驚愕すべきものでした。何と、クレジットカードというものは、カード番号など一定のものが合っていればカード名義人などが違っていても使えてしまうとのことです(゚o゚;;


でも、署名・サインを求められたり、暗証番号を登録してる際には入力を求められたりしますよね?しかし、これについては、店や金額によっては不要なケースがあるので、そのような場所で使用することでこの問題についてもクリア出来てしまうとのこと。


そうか!たしかに、デパートでの買い物や、コンビニで1万円以下の利用の際には署名・サインや暗証番号が不要のケースが多い。何故なのか、その基準は良く分かりませんが…。


ちなみに、今回不正使用されたタクシーの利用も、カードを機械に通すだけで使用出来るものだったらしい(゚o゚;;


今回は7ポンドという少額な被害で済んだから良かったものの、クレジットカードの利用って恐ろしいリスクが潜んでいたのですね(汗)


10%消費増税の問題で、クレジットカードの利用によるポイント付与なんていう議論が巷を賑わしておりますが、こんな話しは話題にすらなりませんよね。


もし、今の案が本格的に実施された場合、クレジットカードの利用者が爆発的に増加することになりますが、ボクと同じような不正使用の被害も比例して急増するのではないでしょうか?


クレジットカード不正使用後の対処法


結局、今回の不正使用によって、タクシーの利用代金は決済されてしまったようです。ということは、ボクに支払い義務が発生するのでしょうか?


これについては、ボクがすぐに連絡をしたことが幸いし、払う必要を免れました。イギリスで使われたことでも不正使用は明らかですしね…


今後の対処法としては、現在使っているクレジットカードの利用を停止し、新しいカード番号のものが再発行される処置が取られました。そして、新しいカードは5日後に送られて来ましたよ。


まとめ


ボク自身、何も考えずに普段使いして来たクレジットカード。利用の際には、今回の不正使用のような危険なリスクを常に孕んでいることを知っておきたいものです。


今回はカード会社からの連絡で事なきを得ましたが、ある日突然、身に覚えのない高額な請求が来て困惑することがないように、カードの利用履歴は常にチェックするなどしてクレジットカードの管理を怠らないようにした方が良さそうです。




クレジットカードのスキミング防止グッズこちら
関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
スポンサードリンク
M
Posted by M
ブロガー/ファッション研究家/会社経営/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する45歳/おうちごはん男子部 所属/料理を悪戦苦闘修行中/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする