女優・八千草薫さん肝臓がん公表、昨年1月に手術の膵臓ガンに続き

2019年02月27日
0
0
癌ニュース

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。久しぶりに癌のニュース記事を書きます。自分に再発した転移性肝がんの症状をネットで調べようとしたところ、女優八千草薫さん(88)が肝臓がん公表なさったことを初めて知りました。しかも、昨年1月には膵臓がん手術されていたとのこと。それから約1年後に肝臓ガンが発覚したそうです。


ネットの情報だけでは、肝臓に発見された癌が果たして原発巣の膵臓ガンが転移したものかどうかは知る由がありませんでした。しかし、もしそうなのだとすると、1年という短い期間での再発の上、原発巣が早期で発見しづらい膵臓がんということも非常に心配な材料ですよね…。


現在、ボク自身も他人の病気を心配できるような体調ではありませんが、原発巣は違えど同じ肝臓がんということでとても心配になってしまった次第です。


女優・八千草薫さんの出演映画「くじけないで」


スポンサードリンク

女優・八千草薫さんの略歴


八千草薫さんは、1931年1月6日生まれの大阪府出身。宝塚音楽学校を卒業後、宝塚歌劇団に入団。美貌を兼ね備えた清純派の娘役として宝塚の一時代を風靡し、絶大な評判と人気を博しました。


1957年5月31日付で歌劇団を退団後は、東宝映画舞台テレビドラマなどで多くの作品に出演。


また、当時の「お嫁さんにしたい有名人」の統計では、たびたび首位に輝くなど、おっとりとした良妻賢母役が好評を得ました。


しかし、そんなおっとりとしたイメージとは裏腹に、仕事にはプロとして一切妥協しない厳しい一面も持ち合わせているそうです。


今後は仕事を休業し治療に専念するも、復帰へ向けて誓いのコメント


最近まで精力的に女優としての活動を続けてきた八千草さんですが、4月スタートのテレビ朝日の昼ドラマ「やすらぎの刻~道」のヒロイン役などを降板。今後は仕事を休業し、治療に専念されるようです。


88歳という、かなりのご高齢なこともあり、とても心配になりますが、八千草さんは女優業への復帰を熱望しており、「より一層楽しんでいただける作品に参加できるように帰ってまいります」と誓いのコメントを残しています。


大型本 – 2011/11/21
文藝春秋 (編集), 文芸春秋= (編集)


監督:山田洋次 主演:渥美清, 倍賞千恵子, 前田吟
助演俳優:三崎千恵子, 太宰久雄, 笠智衆, 佐藤蛾次郎, 松村達雄, 八千草薫

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
スポンサードリンク
M
Posted by M
ブロガー/ファッション研究家/会社経営/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する45歳/おうちごはん男子部 所属/料理を悪戦苦闘修行中/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする