転移性肝がんで余命わずかなボクが何と徹夜作業?!背中が痛い…

2019年02月28日
0
0
胃がん闘病記・日記

転移性肝がんで余命わずかなボクが何と徹夜作業?!背中が痛い…


こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。本日は胃がん(原発巣)の術後から6年10ヶ月と23日目。また、転移性肝がんの告知から4ヶ月と4日目になります。


実は、もの凄く、背中が抜けそうな痛みを我慢しながら徹夜でとある重要な書類を作っていました(~_~;)


火事場のクソちからを出せば何とか?と思ったのですが、死期の迫った今の体ではやっぱり無理がありました(汗)


頭までガンガン痛み出し、目も回って来ましたよ(T_T)


おまけに突然、もの凄い低血糖まで襲って来まして…


それでも何とか、甘いコーヒーを4杯も飲んで、やっと完成させました!!

スポンサードリンク

という訳で、今はまったく体と頭が言うことを聞きません(汗)癌の野郎!!


何だか、意味不明な記事になってしまいましたが、今回はこれくらいで(^_^;)


取り急ぎ、まだ生きてるよ~という生存のご報告です。


しかし。この徹夜でかなり寿命を縮めた気がするなぁ…(゚o゚;;


以上、現場からMがお伝えしました。


本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
スポンサードリンク
M
Posted by M
ブロガー/ファッション研究家/会社経営/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する45歳/おうちごはん男子部 所属/料理を悪戦苦闘修行中/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする