【まとめ】胃がん克服ファミマ澤田社長「お医者さんと弁護士さんは…」

2019年03月11日
0
0
癌ニュース

コンビニエンスストア ファミリーマート 鉄道模型


こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。久しぶりに胃がんニュース記事を調べてました。気になった記事がいくつかあったので、備忘録のつもりでまとめてみます。


スポンサードリンク

胃がんを防げ!「こっそり減塩作戦」も…塩分取り過ぎ対策企業続々【新潟発】


胃がんを防げ!「こっそり減塩作戦」も…塩分取り過ぎ対策企業続々【新潟発】 - FNN.jpプライムオンライン

新潟総合テレビ 新潟県が胃がん罹患率1位…一体なぜ? 減塩に取り組む企業続々…その方法は? イメージ払拭へ…「こっそり減塩作戦」 胃がん罹患率1位は新潟…塩分取り過ぎ原因か 厚生労働省は今年1月、ガン


WHOが去年出したデータでも、胃がんになる方は食塩の摂取量が多かった。関連性はあると思う。(塩分の)摂取量を減らせば減らすほど、胃がんや高血圧疾患のリスクが下がるといったデータが出ている。


まるで便のようなキツい口臭、実は胃がんの可能性あり


まるで便のようなキツい口臭、実は胃がんの可能性あり│NEWSポストセブン

 がんは早期発見、早期治療が大原則。日常の些細な異変に気づくかどうかが、重要となる。たとえば、体重減少は胃がんの初期症状に多く見られる。獨協医科大学総合診療科教授の志水太郎医師はこう話す。
「食欲が…


「それまでなかったのに、強い口臭が出てきたら、胃がんの可能性がある。実際に私の母がそうでした。まるで便のようなキツい口臭がするので、病院で内視鏡検査を受けたら、胃がんだった。幸いにも比較的早期で、手術をして15年経ちますが、今も元気です」


胃がん治療 開腹手術せずに食事が楽しめるLECSとは?


胃がん治療 開腹手術せずに食事が楽しめるLECSとは?|ニフティニュース

 日本人の死因第1位であるがん。これまで長く、「見つけたら切る」が治療の常識だった。外科手術でがんをすべて切除すれば再発の可能性が減るという前提に立ち、「早期発見、早期切除」が大目標とされてきた。 だ…


「見つかった年齢によっては手術は受けない」とする比企医師が早期胃がんへの“別の選択肢”とするのが「LECS(腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除)」だ。
「口から入れた内視鏡と、お腹に開けた孔から差し込んだ腹腔鏡を用いて、胃の内と外から局所的に腫瘍を取り除く治療法です。全摘手術と比べて切除範囲や体への負担が少なく食事制限も必要ないため、術後の退院が早く生活の質も維持できます」


内容紹介
低侵襲性に優れたLECSは,多様な可能性を秘めた手技として,さまざまな疾患に応用されていくことが期待される。本書は,腹腔鏡・内視鏡合同手術研究会(LECS研究会)が,よりLECSの安全性や技術の向上,そして普及を目指し,研究会編の手術書として企画したものである。classicalなLECSから関連手技(変法),さらには胃噴門部だけでなく十二指腸,大腸のLECSなど,LECSの手技すべてについて,イラストと写真を用いて解説されている。




ニンジンと胃がん、肝がんの関係 がんにならない食生活#6


ニンジンと胃がん、肝がんの関係 がんにならない食生活#6 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

前稿の「アブラナ科の野菜」に続き、がん予防に効果のある食材の“野菜・果物篇”の第二項は、ニンジンに代表される「緑黄色野菜」について検証していきます。緑黄色野菜のがん予防効果の牽引役は、「β-カロテン」…


β-カロテンは、緑黄色野菜には必ず含まれているカロテノイドという名の色素成分の1種。抗酸化作用と呼ばれる、がんや老化の原因となる活性酸素を抑制する働きを持っており、以前からがん予防に何らかの効果を示すのではないかと期待されていました。

 そこで、国立がん研究センターの研究班が実施した多目的コホート研究では、このβ-カロテンを含むカロテノイドやビタミンなどについて、それぞれの血中の含有率の違いによって将来のがんの発生率に差が出るかどうかを追跡調査しました。

 この調査では、血中に含まれるカロテノイドやビタミンなどの含有率を、高い順に4段階に分けて検証していますが、結果は「β-カロテン濃度が高い男性」に、胃がんの発生率が低いことが分かったのです。


商品の説明
にんじんをたっぷり使用した濃厚でフルーティな甘さを実感できるキャロットジュース。素材を活かした贅沢な味わいをお楽しみください。こだわりの生活を送る健康志向の高いあなたへ。キャロットジュースでくすみのない生活を。β-カロテン1.2倍(※)、糖度10 ※「日本食品標準成分表2015年版」にんじんジュース比。キャロット100%




胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」


胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」(BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

コンビニエンスストア大手・ファミリーマートの澤田貴司社長(61)が2月3日、都内で開 - Yahoo!ニュース(BUSINESS INSIDER JAPAN)


幸運なことに澤田さんの場合は、がんになる前から信頼する医師という「優れたナビゲーター」がいた。心の準備ができていたからこそ、過剰な心配に苛まれることもなく、治療の前後も穏やかに過ごすことができたと澤田さんは感じている。

「僕もいろんな会社を経営してきたんで、苦労もいっぱい経験してきたんですが、下手な専門家に会社を委ねていたら大変なことになることもあるなと。公私それぞれの経験から思うのは、お医者さんと弁護士さんは間違っちゃいけないということ(笑)」。これは、身に染みて思っています」


伊藤忠からユニクロを経てファミリーマート社長に就任した澤田貴司。3週間に渡って自ら店舗スタッフを経験し、中食改革を中心とした商品力強化や、店舗の負担軽減策を進めている


関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
スポンサードリンク
M
Posted by M
ブロガー/ファッション研究家/会社経営/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する45歳/おうちごはん男子部 所属/料理を悪戦苦闘修行中/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする