食事も出来ず、起き上がれず。癌の進行と死期がどんどん近づいてくる

2019年03月16日
0
0
胃がん闘病記・日記

食事も出来ず、起き上がれず。癌の進行と死期がどんどん近づいてくる



こんにちは。胃がんブログのMです。本日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と11日目。転移性肝がんで余命宣告を受けてから、治療を放置して4ヶ月と20日が経過しました。



昨日の事は、これといって特に書く内容がないよう(笑)なぜなら、1度も食事が出来ず、1度もまともに起き上がることが出来なかったので…。



あ、そうだ。1度だけ、煮干しを少しかじりました。気持ち悪くなったので…。別に、お腹が空かなくて食べられないのではなく、食べたくても食べられないだけなので。一応、これでもお腹は空くんですよ~(汗)癌の進行で、体が衰弱したこともあるけど、胃がん術後から悩み続ける血糖値の後遺症がますます食事にブレーキをかけている。血糖値の薬も切らしてしまい、がんセンターに貰いに行くことも出来ません(汗)



何か変化があったとすれば、如何わしい電話がかかってくるようになったくらいかな?反対に、身内への説得をお願いしてる先生からは何の音沙汰もなくなったし(汗)



こんなありさまの寝たきり生活で、悪戯に時間だけが過ぎ去っていく。そして、まもなくと思われる「死期」が、癌の進行と一緒にスクラムを組みながら、どんどんスピードを加速させて近づいてくる。



これが、癌を放置せざるを得ないボクについての赤裸々な現状です。

スポンサードリンク

寝たきり状態のボクにとって、ここ最近は、好きなことを、好きなブログに書くことが唯一の楽しみ。というより、寝たきりで出来るのは、ブログをやる事くらい、というのが正確な表現かも知れません。



ブログが好きとは言っても、体が動きさえすれば、他にもやりたいことはたくさんあるんですけどね(^_^;)



昔は無類の「読書好き」だったので、何か本でも寝ながら読めると良いのだけれど、視力がめっきり落ち込んだ現在は、まともに近くの文字すら見えなくなった(汗)



何でもこだわり好きなボクにとっては、ブログをいろいろいじくったり、カスタマイズするのもその内のひとつです。そして、その一抹をブログに書こうとすると、ついつい柄にもなく長文になってしまうのです。



前回の記事も然り。しかし、さすがに今の体調では、書き終えた後にグッタリとしてしまいました(汗)



そろそろ、スマホを持つ手に限界がやって来ました(汗)るいそうと診断された体がさらに激やせしてしまい、握力も無くなって来ました。



そろそろまた、痛み止めと睡眠薬代わりに日本酒でも飲んで、少し眠りたいと思います。



本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。



love.



P.S. 癌の進行を日に日に実感しながら、苦しみの増す体を受忍し続けているけれど、この事に何か意味はあるのだろうか?今後、生き続けても、楽しみは失われ、ますます辛くなるばかりだと思うのだが...。そう考えると、生きている意味が全く分からない。ハンドルネームはMなれど、別に苦しむことが好きな訳じゃあない。嗜好のほうはむしろS寄りなんだけどなあ…。


関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
スポンサードリンク
M
Posted by M
ブロガー/ファッション研究家/会社経営/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する45歳/おうちごはん男子部 所属/料理を悪戦苦闘修行中/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする