A社が不動産担保ローンを実行!事件の発端、運命の相続登記~第7章

2019年03月20日
0
0
事件ファイル

【登場人物】

①司法書士Q→6歳上の、身内の兄。私が転職して約3年後に重大犯罪を犯す。

司法書士で業務禁止の懲戒処分になると同時に、東京法務局の刑事告発により執行猶予付きの有罪判決が下される。

しかし、執行猶予期間中に無許可の測量会社を設立。

さらに、土地家屋調査士の名義借りを受け、無資格業務を長年行なった疑いで現在、法務省と東京法務局が合同調査に着手。この件で、警視庁にも情報提供がされる。

②私(M)→この当時はまだ20代前半。子供の頃、DVを受けた兄に再び関わったことで人生が転落。

この頃から、プライベートがまったくなくなる仕事漬けの日々が始まる。

その結果、十数年後にほぼ末期の胃がんを宣告される。

前回の記事で、司法書士のQは、ろくに戸籍をチェックすることなく、従業員の指摘にも耳を貸さず…。「相続関係に問題がないので、融資を実行して構わない」ことを消費者金融会社のA社に伝えたところまで書きました。

▼前回の記事

【事件の相続関係】司法書士Qに「人生最大の因果応報」が!~第6章

【登場人物】①司法書士Q→6歳上の、身内の兄。私が転職して約3年後に重大犯罪を犯す。司法書士で業務禁止の懲戒処分になると同時に、東京法務局の刑事告発により執行猶予付きの有罪判決が下される。しかし、執行猶予期間中に無許可の測量会社を設立。さらに、土地家屋調査士の名義借りを受け、無資格業務を長年行なった疑いで現在、法務省と東京法務局が合同調査に着手。この件で、警視庁にも情報提供がされる。②私(M)→この当時は...

あとの仕事は放置。従業員にすべてを押し付け、「創価学会」のイベントに顔を出すことを理由に帰っていきました。

司法書士のバッジ

【補足】一般の方々はご存知ないと思いますが、このような「資格業」において、本職である司法書士が仕事を従業員に丸投げすることは違法行為です。よって、懲戒処分の対象となります。
スポンサードリンク

創価学会を口実に/人生が破綻した司法書士Qは自業自得だった

「出資法」という悪法によって全盛時代を迎えた消費者金融会社にピッタリと寄り添い、暴利を貪っていた司法書士Qには、何かしらの「おごり」があったのでしょう。彼の、経営者としての資質はゼロに等しかったのです。

創価学会にうつつを抜かし、仕事を疎かにしたことで、30代半ばにして招いた「人生の破滅」。いわば、創価学会が不幸のキッカケとなった訳ですが、未だQはそれに気付いていません…。

注)もっとも、Qが口にした「創価学会」が本当だったのかは分かりません。ただ仕事をサボるための口実だった可能性もあるのです。もしそうなのであれば、まさに自業自得ですね。

司法書士Q

現在でも創価学会にどっぷりとハマり続けている姿を見ると、哀れにさえ思えてきます。「洗脳」というものは本当に恐ろしいものです。

【事件の発端】問題のある不動産への相続登記が法務局に持ち込まれる

まもなくして、司法書士Qが問題ないと伝えた案件について、消費者金融A社の融資が実行される日がやってきました。いわゆる「決済」です。

お客さんには、「現金」で融資金が手渡しされます。金額が数百万、数千万だろうが、消費者金融からの借金は、現金が直接支払われるのです。

決済に立ち会った司法書士はその引き換えとして、担保(借金のカタ)にとる土地建物の登記に必要な書類(権利証など)と司法書士費用を受け取る。そして、法務局へ行き登記申請を行なう訳です。

法務局

ちなみに、この事件に関する登記の管轄は、統廃合でなくなる前の東京法務局福生出張所でした。

「戸籍が全然足りないんだけど…」法務局から補正の連絡がきた!!

しかし、前回の記事で書いたとおり、法務局が相続登記を完了させるには戸籍がぜんぜん足りません。当然ですが、3日も経たないうちに法務局の権利調査係から「補正」の連絡が入りました。

注)補正とは、申請された登記の内容に不備があった際に法務局から訂正を求められること。定められた期間内に補正が出来なければ、登記は却下される。
avatar_b26_20180326014220f19.jpg

申請された相続登記で、添付された戸籍が全然足りないんだけど...すぐに追加で提出してもらえませんか?

エッ?戸籍が足りない?!わかりました。とりあえず内容を確認しにお伺いします!!

戸籍謄本

すぐに司法書士Qの顔が蒼ざめたのは言うまでもありません。しかも、この時はまだ、もの凄い数の法定相続人が潜んでいることを彼は知りませんでした。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする