司法書士Qが戸籍偽造!犯罪に悪用された東京都港区役所の紙~第9章

2019年03月20日
0
0
事件ファイル

【登場人物】

①司法書士Q→6歳上の、身内の兄。私が転職して約3年後に重大犯罪を犯す。

司法書士で業務禁止の懲戒処分になると同時に、東京法務局の刑事告発により執行猶予付きの有罪判決が下される。

しかし、執行猶予期間中に無許可の測量会社を設立。

さらに、土地家屋調査士の名義借りを受け、無資格業務を長年行なった疑いで現在、法務省と東京法務局が合同調査に着手。この件で、警視庁にも情報提供がされる。

②私(M)→この当時はまだ20代前半。子供の頃、DVを受けた兄に再び関わったことで人生が転落。

この頃から、プライベートがまったくなくなる仕事漬けの日々が始まる。

その結果、十数年後にほぼ末期の胃がんを宣告される。

実録 司法書士の事件簿~私が見た戸籍偽造の真相 - 港区役所の紙

スポンサードリンク

相続登記で補正に動くも、新たな相続人に行方不明者

前回の記事で書いたとおり、司法書士Qが東京法務局福生出張所に申請した相続登記は戸籍が足りずに補正扱いとなりました。

あわてた司法書士Qは、急いで不足する戸籍謄本を集めたところ、新たな法定相続人がウジャウジャ出てきたのです。

遺産分割絡みでもあり、間違った相続登記としては最悪のパターンです。おまけに、「決済」にかかる根抵当権設定登記を連件申請しているため、後戻りできません。

新たに出現した(というより、司法書士Qが見逃していただけですが)全員の相続人達から、遺産分割協議書にハンコを押してもらわなければアウトです。

仮に、私のようなヘソ曲がりが相続人に含まれていたら厄介なことになります。

すでに相続登記が出されてるなんていう事情を知ったあかつきには、簡単にはハンコを押さないこともあり得ますよね。

幸いにも、そのような人はいなかったようです。しかし結局、全員から遺産分割協議書を取り付けることは出来ませんでした。相続人の一人が行方不明者だったからです。

ここで、司法書士Qの悪運は尽きました。

相続人に行方不明者が含まれる場合の相続登記

ちなみに今回のケース「相続人が行方不明の場合」は、どのように相続登記をすべきだったのでしょうか。

法定相続の場合は、保存行為として全員のために法定相続分のまま登記は可能です。しかし、遺産分割の場合は当事者全員の関与が必要です。

方法としては、次の2通りが考えられます。

①失踪宣告→みなし死亡の手続き

②不在者財産管理人を選任

①に関しては、普通失踪の場合「7年間」という行方不明に関する要件が必要です。今回のケースが失踪宣告に該当するかどうかは微妙なところでしょう。

よって、通常なら②の不在者財産管理人を選任し、管理人を代わりの当事者として遺産分割協議を行なうところです。

しかし、これには手続きに数ヶ月以上の期間を要すため、すでに相続登記を申請した今回のケースでは無理なことです。

同時に根抵当権設定登記を申請した後では、登記を取り下げることも出来ません。そもそも、このようになったすべての原因は、司法書士Qが戸籍のチェックを怠ったことにあったのです。

東京都港区役所の備品を戸籍偽造の犯罪に悪用

ここまで来たら、司法書士Qがとるべき道はただひとつ。登記をいったん取り下げることしかありません。

まずは当事者に謝罪して、今後のことをどうするのか話し合うしか他になかったのです。

ところが、司法書士Qがその方法を選択することはありませんでした。

「見つからなかった相続人は、死んだことにしてしまおう。」

司法書士として否、そもそも人間として決してやってはならぬことに手を染めようと考えたのです。それは、「戸籍の偽造」でした。

なぜ彼がそのような発想に思い至ったのでしょうか?まったくもって理解に苦しむところです。

想像してみて下さい。「犯罪」であること以前にそもそも、戸籍など簡単に偽造できると思いますか?

しかしこの時代は、役所が発行する証明書について「改ざん防止」の処理を施している所とそうでない所がまちまちでした。

よって、司法書士Qは「偽造」について、何らかの情報を持ち合わせていたようです。

手始めとしてまず、港区役所のコピー機に使われている用紙を大量に入手しました。当時、港区役所で使用されていたコピー用紙は、発行される戸籍謄本と同一の物でした。

用紙についての情報や入手方法など、司法書士Qがなぜ知っていたのかは私も知りません。これらの情報はすべて刑事から聞いた話しです。

もしかしたら同業で共有してる情報なのか、別に協力者がいたのか…。刑事にも同じように答えました。

ともかく、港区役所から持ち出した備品が犯罪に悪用されたのです。

深山 亮 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
日本一の過疎の村へ訳あって落ちてきた司法書士の久我原。村唯一の法律家となった彼のもとを、遺産相続や家庭問題を抱えた依頼人が訪れる。ところが田舎ならではの因習や濃密な人間関係に翻弄され―はたして人々の苦悩を解決できるのか!?人情味あふれる連作ミステリー。



関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする