司法書士Qの危険な逸脱性、「戸籍偽造事件」は必然だった~第10章

2019年03月20日
0
0
事件ファイル

【登場人物】

①司法書士Q→6歳上の、身内の兄。私が転職して約3年後に重大犯罪を犯す。

司法書士で業務禁止の懲戒処分になると同時に、東京法務局の刑事告発により執行猶予付きの有罪判決が下される。

しかし、執行猶予期間中に無許可の測量会社を設立。

さらに、土地家屋調査士の名義借りを受け、無資格業務を長年行なった疑いで現在、法務省と東京法務局が合同調査に着手。この件で、警視庁にも情報提供がされる。

②私(M)→この当時はまだ20代前半。子供の頃、DVを受けた兄に再び関わったことで人生が転落。

この頃から、プライベートがまったくなくなる仕事漬けの日々が始まる。

その結果、十数年後にほぼ末期の胃がんを宣告される。

司法書士Qの危険な逸脱性、「戸籍偽造事件」は必然だった~第10章

スポンサードリンク

平和な世の中に成り立つ「社会規範」という前提

司法書士Qが申請した相続登記。補正になり、あわてて動いたものの、新たな相続人がゴロゴロ出現。そのうちの1人は行方不明であることが判明しました。

司法書士Qが戸籍偽造!犯罪に悪用された東京都港区役所の紙~第9章

【登場人物】①司法書士Q→6歳上の、身内の兄。私が転職して約3年後に重大犯罪を犯す。司法書士で業務禁止の懲戒処分になると同時に、東京法務局の刑事告発により執行猶予付きの有罪判決が下される。しかし、執行猶予期間中に無許可の測量会社を設立。さらに、土地家屋調査士の名義借りを受け、無資格業務を長年行なった疑いで現在、法務省と東京法務局が合同調査に着手。この件で、警視庁にも情報提供がされる。②私(M)→この当時は...

もう、こうなってしまってはどうしようもなく、とにかく相続登記を取り下げるよりありません。真っ当に社会生活を営んでいれば誰もが十中八九おなじことを考えるはずです。

当たり前のことですが、世の中には皆に共通する「社会規範」というものがあります。誰もがその規範に則って行動するはずだという前提があってこそ、平和な社会が成り立っているのです。

そうした、規範から逸脱した行為を「一線を越える」と表現することがありますが、ときにはそれが「犯罪」を構成する要件となったりもするのです。

司法書士Qの危険な逸脱性で皆が不幸な人生に

司法書士Qは、このような事態になったとき、相続登記を取り下げることはそもそも眼中になく、「見つからなかった相続人は死んでしまったことにしよう。」と考えました。

私がそれを知ったときは、Qがそのように考えたことについて少しも疑問を持ちませんでした。なぜなら、身内の兄である彼の思考は、幼い頃から危険な逸脱性が垣間見られたからです。

彼は、思い通りにならない事が少しでもあると、親や私に暴力を振るいました。その結果、家庭崩壊しました。

そのまま大人になった彼は、嫁にまで暴力を振るいました。実家に逃げ帰った嫁に対し、「実家に放火する」と書いた手紙を毎日送り続けました。

幼い子供にも暴力を振るいました。その結果、子供が「チック障害」を発症しました。その後、大学生となった子供は、彼から解放される手段として家出を選択しました。

私も含め、彼に関わった者は、すべてが不幸な人生を強いられました。

彼の思考回路は「犯罪」が常識?

人間は、進むべき道に迷った時どうするか。何通りかの候補や選択肢を思い浮かべて比較検討するはずです。

通常なら、A・Bという選択肢はどれも社会規範の範囲内に収まることを考えるものです。しかし、Qの場合は違ってました。A・Bの中には、側から見たら「犯罪」と呼べるものまで、まるで常識であるかのように含まれるのです。

本人には、逸脱の自覚がありません。改善されぬまま大人になったのです。物事の分別がわからずに、時には犯罪にあたるようなことまで同列に扱ってしまう訳です。

今回の相続登記に限らずとも、いつかは犯罪を犯してしまっても不思議ではありません。彼の思考回路はそれほど危険なものなのです。

現在でもその傾向は変わりません。彼は現在、土地家屋調査士という別の資格業をしていますが、私が仕事を紹介しても、ほとんどが長続きしません。紹介した取引先からクレームが来るのです。

中には、「もう二度とあの人には頼まないから」と怒りをあらわにする社長さんもいました。その他にも「あの人と話すとおかしな事ばかり言って会話にならないから間に入ってもらえないか」という社長さんまでも(汗)

このことをQに伝えても「そんな訳ないだろう。相手の頭がおかしいんだよ」となるのでどうしようもないのです。

カレーハウスCoCo壱番屋からスプーンを万引き

彼が思考の選択肢を考える際、無意識に犯罪行為を含めてしまう例としては、以前にこんなことがありました。

私は胃がんの手術直前に引っ越しをしたのですが、日数的にギリギリだったので細かい物を揃える時間がなく、入院中にQが揃えてくれました。

これについては助かったのですが、内容を確認してビックリ。

司法書士Qの危険な逸脱性、「戸籍偽造事件」は必然だった~第10章

これは食器のスプーンです。CoCo壱のロゴが入ったものが何十本も入っていたのです。私は生まれてから一度もCoCo壱には行ったことがありません。すかさずQを呼び出し、万引きしたスプーンをすべて突っ返しました。

きっとQは、私が食事をするスプーンがないことに気付いてこう考えたのでしょう。

「あれ?スプーンがないな。CoCo壱からゴッソリもらって来るか。」

今回述べた、危険なQの逸脱した思考回路。これを前提として、次回はQがどのようにして戸籍を偽造したのかを取り上げていきます。

司法書士サイトはこちら

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする