【がんと免疫】免疫力の低下を体感した1日、本当にこわいですね…

2019年03月23日
0
0
胃がん闘病記・日記

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。「免疫力の低下」って、本当に恐ろしいものですね(^^;)

転移性肝がんの進行で、免疫が下がると、ほんのちょっとした事で、体にてきめんな影響が起こってしまうんです。今日はホトホトそれを実感しましたよ(汗)

スポンサードリンク

ここ数日の「春の予感」で油断してしまった

ここ数日、気温が20℃近くにまで上昇しましたね。さすがにもう春なのだなぁ、と思いました。

最近は、暖房をつけたり消したりしてましたが、もう必要ないよねって…。昨日からずっと暖房をつけずに過ごしていたんです。

夜中にソファーで横になった時のこと。ウトウトしはじめたと思ったら、そのまま眠ってしまいました。

布団をかけずに2、3時間。ブルブルと震える体に「おかしいなぁ」と疑問を抱きつつ、そのまま眠り続けました。

頭痛と喘息のような咳、外は真冬並みの寒さだった

目が覚めると、やけに頭痛がひどい。さらに、喘息のような咳が止まらなくなりました。どうやら、寝てる間に鼻水が気管に下りてしまったようです。

そして、部屋の中がやけに寒いことに気付きました。スマホで現在の気温を確認したら、外は8℃のようです。コートを着なきゃいけないくらいの寒さだったんですね(汗)

どうやら、またひどい風邪を引いてしまったようです。最近は、ちょっとした油断がすぐに体への悪影響として現れます。

普段、人間が病気にならず、平穏に暮らしていけるのは、免疫力がしっかり体を守っているからなんですよね。

こんな体になって、はじめて「免疫」というもの大切さを体感しています。同時に、自分から免疫力をどんどん奪い去ってゆく「癌」は、本当に恐ろしい病なのだな、と。改めて実感した次第です。

本記事は明日の「胃がん闘病日記」の代わりに…

風邪で寝込んでいるイメージ画像

この記事を書いている今も、喘息のようなひどい咳と頭痛に苦しんで起き上がることが出来ません(汗)

免疫力がないと、いつものように自然治癒してくれないのかしら(^_^;)

もうすぐ明日になりますが、しばらく眠ることにするので、明日分のリアルタイムな闘病日記はこれを代わりに…。また、ちょっと動けるようになったら更新できると良いのですが(汗)

コンスタントに予約投稿した記事は公開されていきますが、実際のボクはずっと寝込んでますのであしからず(^_^;)

明日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と19日目。転移性肝がんで余命宣告を受け、治療を放置してから4ヶ月と28日目になります。

良い週末をお過ごし下さいませ。

love.

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする