がん克服の医師がみずから実践する素朴な食事術(癌ニュース 2019 3/24)

2019年03月24日
0
0
癌ニュース

がん克服の医師がみずから実践する素朴な食事術、癌ニュース20190324


スポンサードリンク

梅宮辰夫さんは6度 大空真弓さんは9度 多発するがんを克服する人の共通項

「30年以上前から、僕は血液や心電図、レントゲンの検査を2カ月に1度、継続的に受けてきました」

 幾度ものがんを克服した人は、頻繁に検査を受けて、がんができるたびに早期発見できているのが特徴です。梅宮さんは定期的に受けていた血液検査で前立腺がんが見つかり、その後の検査が尿管がんの早期発見に結びついたといいます。

「(尿管がんは)かなりの早期発見です。手術後の経過観察をきちんとしていたことが功を奏したのだと思います」とは、前立腺がんの主治医の言葉。まさにその通りでしょう。キャスターの鳥越俊太郎さんが、大腸がんの度重なる転移を早期発見できているのは、検査のおかげでしょう。

梅宮辰夫さんは6度 大空真弓さんは9度 多発するがんを克服する人の共通項(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

【Dr.中川のみんなで越えるがんの壁】 驚いた人は、少なくないでしょう。俳優の梅宮 - Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイDIGITAL)

がんと闘った巨泉さん、受け入れた愛川さん…高齢期の「告知」にどう向き合うか

いまやがんは「不治の病」ではなくなりました。隔世の感があります。かつて医者は、がんを発見すると、告知をするかしないか、悩んだものです。しかし、いまやすぐに告知し、治療方法を告げます。

 多くの患者さんはそれを受け入れ、手術を受けますが、かえってがんを悪化させ、寿命を縮める場合があるから厄介です。それは多くの場合、高齢になってがんが発見された場合です。これまで私も治療法の相談を受けてきました。

 あるときから決めたことがあります。患者さんが後期高齢者となる75歳以上なら、なるべく手術を避けるということです。自分の周りで、75歳を過ぎて手術して、元気になった方がいないことに思い至ったからです。

がんと闘った巨泉さん、受け入れた愛川さん…高齢期の「告知」にどう向き合うか(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース

いまやがんは「不治の病」ではなくなりました。隔世の感があります。かつて医者は、が - Yahoo!ニュース(読売新聞(ヨミドクター))

がんを克服した医師がみずから実践している「素朴な食事術」を明かす

オートファジーとは、簡単にいうと人体の古くなった細胞を新しく生まれ変わらせる仕組みのことです。細胞が新しく生まれ変われば、NK細胞の活性も高まります。つまり、オートファジーを誘導させることは、がんの再発を防ぐのに効果を発揮するのです。

では、どうすればこのオートファジーを誘導することができるのでしょうか。そのために有効とされるのが、間歇的断食です。

間歇的断食とは1日のうちに16時間程度はものを食べない時間、すなわち「空腹時間」をつくる食事法です。16時間というのがポイントで、16時間の空腹時間を作るとオートファジーが誘導されることが、昨今の研究でわかっています。

がんを克服した医師がみずから実践している「素朴な食事術」を明かす(青木 厚)

タレントの堀ちえみさんが自らステージ4にあることを告白したことで、一気に注目度が高まった舌がん。そんな舌がんを40歳で患ったものの、再発することもなく今も元気に医師として活躍しているのが、医学博士の青木厚医師だ。しかも、がんになる以前よりも健康に暮らしているという。一体、青木医師の健康の秘密はどこにあるのか。青木医師がみずから実践してという「最強の食事術」を明かしてくれた。その意外な、しかも極めてシンプルな食事法・健康法とは。

がんの「完全な」治療法? “怪しい”ニュースを拡散させたメディアの責任

1年以内にがんの完全な治療法を生み出す──。イスラエルの医薬品関連企業の怪しい主張を取り上げた記事が、米国に飛び火して急速に拡散した。患者にとっては「偽物の希望」となりかねないニュースを安易に報道したメディアの責任が、いま問われている。

がんの「完全な」治療法? “怪しい”ニュースを拡散させたメディアの責任|WIRED.jp

1年以内にがんの完全な治療法を生み出す──。イスラエルの医薬品関連企業の怪しい主張を取り上げた記事が、米国に飛び火して急速に拡散した。患者にとっては「偽物の希望」となりかねないニュースを安

「余命半年の妻」と結婚し看取った夫が見た幸せ

前田さんと出会ったときすでに弘子さんは肝臓がんと診断され、余命半年の宣告を受けていた。そのことを初対面でカミングアウトした弘子さんに対し、前田さんがあっけらかんと「あんまり気にしなくていいんじゃない?」と返したというエピソードが印象的だ。

「初対面で打ち明けたということは、彼女がこれまでの人間関係の中で嫌な思いをしたことがあったんだろうなとピンと来たんです。だから僕は病気を意識せず普通に接したほうがいいだろうと思った。あとで聞いたら、がんであることを告げたら離れていった友人がいたそうです。2度目のデートのとき、ひろが“私ががんであることを意識せず普通に接してくれてうれしかった。今までそういう人はいなかったから”と言ったことをよく覚えています」

「余命半年の妻」と結婚し看取った夫が見た幸せ | 週刊女性PRIME

2018年3月25日、ひとりの女性の訃報がニュースで伝えられた。山下弘子さん、享年25歳。19歳でがんを患い、余命宣告を受けながらも前向きに生き抜き、ブログや講演会などでがんについて伝え続けた。『アフラック』…


前田 朋己 (著)
内容紹介
僕らには最初から、
ハッピーエンドはなかった。
それでも、誰よりも幸せだったんだ。

19歳でガンを患い、余命宣告を受けた山下弘子さん(享年25)。
病に負けず、全力で“今"を生き抜く姿は日本中の人々に勇気を与えた。
彼女をいちばん近くで見守り、支え、ともに闘ってきた夫が
初めて明かす、意外な出会いから、永遠の別れのときまで――。

ひろと出会って、僕は初めて愛を知った。



関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする