満身創痍のなかでの雑感~術後7年目は余命のカウントダウン

2019年03月24日
0
0
胃がん闘病記・日記

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。今日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と19日目。転移性肝がんで余命宣告を受け、治療を放置してから4ヶ月と28日目になります。

昨日の記事で、風邪を引いた件について書きましたが、癌の進行と並行して低下を続ける免疫のためか、症状はひどくなる一方みたいです。

頭痛と喘息のような咳に加え、ここ最近つづいている、気管のヤケドのような痛みにリンパ腺の腫れ。

背中と肋骨の痛みや、フッと意識が飛びそうになる目まいも相変わらずですが、このような状態を「満身創痍」というのでしょうか…。

peony

スポンサードリンク

久し振りに炭水化物の主食(おかゆ)を食べたら…

風邪を引いたこともあり、病院に行けない以上、自力で何とかするしかない。そこで、これまでずっとやめていた(というより食べられない)炭水化物の主食を食べて、少しでも体力をつけねば…。

そう考え、ボクは土鍋でお粥を作って食べたことを記事に報告した次第です。

土鍋でお粥を作る時に吹きこぼれを防ぐ簡単な方法があった!

前回、長らく大切に使ってきた一人用の金属鍋が壊れたことを記事に書きました。一人用となると残りはあと土鍋しか持っておらず、吹きこぼれしやすくて困るなぁ、と。土鍋が吹きこぼれしやすい原因や、吹きこぼれを防止するTipsについて記事を書いたあと、読者の方からメールを頂きました。「お金を使わずに、今ある土鍋だけで簡単に吹きこぼれを防ぐ方法がありますよ」ボクはさっそく、教えて頂いた方法で、久し振りにお粥を作って...

しかし、やっぱり食べてる途中から冷や汗が噴き出しはじめ、目まいでおかしくなる(汗)結局、起きていられなくなり、半日ほど寝込んでしまいました。

そんな訳で、また炭水化物を食べられない生活に逆戻り。

煮干しの一味マヨネーズ

何にも食べない訳にもいきませんから、一応の貧血対策として、煮干しを一味マヨネーズで食べたり…。こんな感じのもので、何とかしのいでます。

まもなく迎える「胃がんの術後7年目」は余命のカウントダウンでもあることのジレンマ

もうすぐで、胃がんの術後7年目がやって来る。術後の経過日数というと、以前は喜ばしいものだった。

しかし、今は精神的なストレス以外のなにものでもない。なぜなら、胃がんの術後日数を重ねることは同時に、残り少ない余命のカウントダウンでもあるからだ(汗)

おまけに、今の状況でこのまま7年目を迎えてしまうと、大変なことになる。7年目を迎えるのと同時に、さまざなタイムリミットが訪れてしまうからだ。

一例としては、半年毎と決められている筋肉注射、定期検査(今となっては無意味か?)、障害年金更新にかかる診断書の提出期限etc…。

そして、何より最優先なのが、転移性肝がんの治療だ。あと2日で、再発ガンを放置し、余命宣告をされてから5ヶ月を迎えることになる。

ボクの余命は「最長1年以内」肝臓への再発胃ガン宣告

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。やっと、大学病院から帰宅しました。▼前回の記事GTO…。主治医の言葉でめちゃくちゃに泣きたくなったこんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。流石にもう、ブログを書くのをやめようかとも思いましたが…。「オレも男だ!!」歯を食いしばっての更新です。再発胃ガンの検査結果を聞きに大学病院へ胃がんの再発→肝臓への癌の転移を調べるために先週おこなった造影剤CT検査。今日はその結果を...

緊急を要する事態のなか積み重なる精神的ストレスの根源

これらの関係があり、身内の協力が必要なのだけれど、着信拒否をされている関係で、自ら直接連絡をとることが出来ないのは、たびたび記事にしてきた通りです。

それで、裁判を起こした際の代理人弁護士に、以前からずっと交渉を頼んでいるわけです。ところが、再三にわたって「緊急を要する事態」と念を押しているのにもかかわらず、放ったらかしにされている。

これには、事件が起きた時からずっと苦しめられてきて、数千万円の財産まで失った。にもかかわらず、現在の命が絡んでいることにまで同じ調子でやられてしまい、精神的ストレスのほうはとっくに限界を越えてる次第です。

この闘病日記でたびたび書いてることですが、とにかく、連絡や報告というものの意識について常識が欠落している。

メールも確認しなくなった。なぜ、メールを見てないか?が分かるのかについては、前回の記事に書いた通りだ。

Gmailで送ったメールを相手に知られずに開封確認する方法

こんにちは。ブロガーのMです。今回は、Googleの拡張機能を使って、Gmailで開封確認機能をつける方法をご紹介しようと思います。メールを送ったあとに、相手がメールを確認してくれたかどうかを気になることはありませんか?急ぎの用事だったり、大事な用件ならなおさらですよね。今回ご紹介するGoogleの拡張機能を使えば、相手がGmailを開いた時にお知らせしてくれるので、とても便利ですね。...

身内が再び逮捕されたというのは強ち間違いではないのかも

肝心な、身内の件。知り合いから「逮捕されたのでは?」という連絡があったことは、以前の記事に書きました。

「お兄さんが逮捕…」と1本の電話が。もうすぐ全てが終わります

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と15日目。転移性肝がんで余命宣告を受けてから、治療を放置して4ヶ月と24日目が訪れました。昨日もまったく起き上がることが出来ず(汗)何も食べないと、さすがにそのまま死んでいくので、時折ナッツや煮干しを少しずつ。基本、まともな食事は一切いたしておりません。あとは、低血糖の発作に備え、甘いコーヒーを作っておいて。寝床(といって...

この情報の真偽のほどについては未だ定かではないのだけれど、あらかた嘘でもないような気がしています。

まだちょっと詳しいことは控えさせてもらいますが、そんな形跡が確認できるようなことが続いているからです。

もしそうなのだとすると、身内に土地家屋調査士の仕事、すなわち測量関係の依頼はしないほうが良いのは明らかです。もう、土地家屋調査士の仕事はストップされる訳ですから、作業が途中で中止になるうえ、事故にもつながります。

今は、インターネットの発展とともに、ネット上でさまざまな情報公開がされるようになりました。

彼の仕事に関する情報も、過去に犯した事件のニュース記事以外に、ネットで調べればすぐに分かります。

ボクのブログを目にした方が彼のことを調べやすいように、すでにボクの本名についても、このブログのなかでコソッと公表してあります。もともと、本名を名乗ってブログをやりたい願望はありました。

数ヶ月前に誤って「予約投稿による遺書」が公開されたとき、さまざまな読者の方がいろんなところへ連絡を入れて下さった。

いずれまたやってくるであろう時に、ふたたび読者の方が動きやすくなるよう、このタイミングで名前を名乗っておくのがベストだと考えました。

ともかく、くれぐれも、仕事の面ではお気をつけなさって下さいm(__)m

いずれにせよ、さまざまな意味合いにおいて、「人生のタイムリミット」がもうすぐそこまで迫ってきています。

この映画「Sabrina」のように、ハッピーエンドとなれば良いのですが...


Prime Video
¥ 0プライム会員特典
¥ 199 - ¥ 1,500 レンタル または 購入
名優ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデン共演で贈る、『ローマの休日』と並ぶオードリーの代表作! 実らぬ恋を忘れるため過ごしたパリから帰ったサブリナの美しさには全世界が魅了されました。サブリナ・パンツなど劇中で披露されるオードリーのファッションはあまりにも有名。

ジャンル コメディー
監督 ビリー・ワイルダー
主演 ウォルター・ハンプデン, マルセル・ヒライヤー, オードリー・ヘプバーン


本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

P.S. 今日も寒い1日なのでしょうか?震えが止まりません(汗)

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする