消息不明の兄に弁護士メール。やはり逮捕?執行猶予中の無資格業務で

2019年03月28日
4
0
胃がん闘病記・日記

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と23日目。転移性肝がんで余命宣告を受け、治療の放置を続けてから5ヶ月と4日が経過しました。

残りわずかな寿命に備え、いろいろと悔いのないようにやっておきたいのとは裏腹に、それを決して許そうとはしないがんの進行と衰弱の日々。

結局、この日も何もなし遂げることなく、無駄な1日として過ぎ去っていった。

逮捕のイメージ画像
スポンサードリンク

今日も食事は朝の少量一食のみ。癌はますます体を衰弱させてゆく

結局、今日も何とか頑張って食事を!ということで、親子丼をつくってみたことは前回の記事に書きました。

がんで亡くなる前に食べたいもの ご飯の思い出

がんで亡くなる前に食べたいもの。やっぱり、死ぬ前に食べるのなら「米の飯」だ。胃がんで胃を全摘するまでのボクは、白飯が大好物だった。仕事漬けの忙しい毎日のなか、帰宅するのはいつも深夜の1時か2時。晩ごはんといえば、帰り道に立ち寄るセブンのお弁当ばっかりだったけど、それだけでは物足りなさを感じる大食漢だった。で、お弁当と一緒によく購入したのが、卵と白ごはんの大盛り。〆にはいつも、卵かけご飯を食べて寝た。...

しかし、半分くらいでギブアップ(汗)残りは体調が戻ったらにしようと考え、寝込んでしまったけど体調が戻ることなく、食べられる気もしないので処分してしまった…。

日常生活を送るうえでの、基礎的な単純作業が徐々にできなくなっている。癌は、ますますボクの体を衰弱させてゆく。そうゆう性質の病気だから独り身にとってはつらい限りだ。

決して「超えてはいけない一線」を踏み越える危険な逸脱者

弁護士にお願いしている身内の兄の件で、進捗状況をお知りになりたい読者さんからのメールが殺到しているのだけれど、何も進展はありません(汗)

まあ、世の中には決して「超えてはいけない一線」というものがあって、そのルールをみんなで守っているからこそ誰もが安心して日常生活を送ることができるのですよね。

しかし、元犯罪者である身内の兄は、昔から超えてはいけない一線を平気で越える、バレなければいくらでも犯罪を積み重ねる人物で、世間から見れば危険極まりない社会規範の逸脱者です。

滝田泰伸

弁護士ばかりを非難してはいるけれど、弁護士にとっても、あんな基地外を相手にすることがどんなにストレスになるかはボク自身が一番よくわかってます。2016年に母親が亡くなるまで、自分のブログに苦しんでいる母親の画像を勝手に載せまくったあげく、死ぬ間際には誰も親族への連絡すらせず、動画を撮影。ボクはそれに気付かず、知り合いからの連絡ではじめて知った。「人が死ぬ瞬間!」と題してアメブロに動画を貼った時には誰もが「基地外!!」と非難を浴びせたものです(現在は削除)。

母親に関する大部分の画像は削除させましたが、それでも、未だに母親が死にそうで苦しんでいる時の画像が目線やモザイクもなしで残ったままにされており、それを観ると胸が痛くなります。

『母の看病 遅刻です∑(゚Д゚)』

遅くなってしまいました病院に到着したのが、18時20分昨日まで、痰の吸引をしないと痰が詰まって危ない状態でした今日は昨日よりは若干良くなったようなので、うがい…

こんなに苦しんでいる母親の顔を万人の目に晒すことにどのような意味があるのでしょうか?!この記事をお読みになった日本全国の皆さんに良心というものをぜひお伺いしたいものです。ちなみに、これは明確な肖像権侵害にあたります。でも、弁護士は数年間にわたってボクをここまで窮地に陥れたのだから、罪滅ぼしの気持ちで何とか嘘をつかずにやってもらいたいものです。

弁護士による身内の兄へのメール

昨日、弁護士に送ったメールで、いつも兄には電話したが出ないと言ってるけれど、した、しないの話しは、ボクが死んだあとにトラブルになる可能性があって、弁護士自身のためにもメールで証拠を残しておくほうが身のためだよ、と書いておいた。

すると、これには弁護士も納得したようで、まもなくボクが死んだときに、「誰が死に追いやったのか?」ということを身内の兄に特定させる必要性を感じたようだ。

弁護士からは、こんなメールが届いた。

弁護士からのメール

メールが届いたか、相手がメールを開いたかなんて、いつも「確認できる機能があるから、それを使って下さい」と言ってるのにやってない。こんな緊急を要するときにこそ必要なのに…。

Gmailで送ったメールを相手に知られずに開封確認する方法

こんにちは。ブロガーのMです。今回は、Googleの拡張機能を使って、Gmailで開封確認機能をつける方法をご紹介しようと思います。メールを送ったあとに、相手がメールを確認してくれたかどうかを気になることはありませんか?急ぎの用事だったり、大事な用件ならなおさらですよね。今回ご紹介するGoogleの拡張機能を使えば、相手がGmailを開いた時にお知らせしてくれるので、とても便利ですね。...

おまけに、メールしたときにはこちらにもCCを付けるように言ってあるのに、それもしない。これじゃあ、本当にメールをしてるのかも信用できなくなってくる。今までさんざん嘘をつかれて来ましたから…。

ほんと、大切なことはキッチリやってもらわないと、死ぬにも後悔が残ります。

兄が逮捕されたというのはやっぱり本当なのか

弁護士から電話に兄が出ないことについて、先日、兄がこのように言っていた。「あの弁護士うるせえから着信拒否にしてやったんだよ。」

ちなみに、兄から着信拒否されてるボクが兄と一瞬だけ会話ができたのは、ボクが兄の知らない番号から電話をかけて、それを知らずに出たから。ちなみに、その番号もすぐ着信拒否された。

兄が弁護士を着信拒否にしても、着信履歴は残るものだ。以前は折り返しかけていたといいます。しかし、最近はパッタリと音沙汰がなくなったらしい。

これに関しては、以前の記事にも書いたことが本当だったのか?と思わせる根拠にもなる。今ごろは留置でもされているのだろうか?

「お兄さんが逮捕…」と1本の電話が。もうすぐ全てが終わります

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と15日目。転移性肝がんで余命宣告を受けてから、治療を放置して4ヶ月と24日目が訪れました。昨日もまったく起き上がることが出来ず(汗)何も食べないと、さすがにそのまま死んでいくので、時折ナッツや煮干しを少しずつ。基本、まともな食事は一切いたしておりません。あとは、低血糖の発作に備え、甘いコーヒーを作っておいて。寝床(といって...

執行猶予期間中から長年にわたって続けてきた無資格業務は罪が重い

兄が長年やってきた罪についてはずっと法務省が動いていて、警視庁にも伝わっているし、証拠も上がっている。というより、証拠なんか会社謄本を見るだけで何も必要ないほど明確な犯罪なのだ。

PDFファイルを閲覧

PDFファイルを閲覧

無資格業務というのは逮捕されるのだけれど、最近でもこんな記事が話題になっていた。

無資格で税理士業務をした男を逮捕 警視庁

資格がないのに税理士業務をしたとして、警視庁保安課は税理士法違反(税理士業務の制限)容疑で、東京都新宿区箪笥町の会社役員、小野口昇容疑者(50)を逮捕した。同課…

兄の場合は、刑罰の執行猶予期間中から長年にわたって犯してきた罪なので、さらに重くなるはずだ。

とにかく、ボクの命は残りわずか。少しの時間でも有意義に過ごしたいものです。また、好きなブログで好きなことを少しでも多く書いてブロガー生命をまっとうしたいものだ。

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

追記:兄の「着信拒否」について、読者の方からこんなメールをいただきました。

兄の着信拒否について読者の方からのメール

たしかに。ボクが電話した時も話し中にはならなくて、1、2回コールしたあと「おつなぎしましたが、お出になりません」とガイダンスが流れてる。これって、着信拒否のアナウンスとは違うみたいです。単に電話に出ないだけなのか…。まったく。話しにはいつも嘘やデマカセが含まれているから、まともな会話が出来ないんですよね…。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 4

There are no comments yet.
M

M  

To タクさん

ご無沙汰しております。

お元気にしてらっしゃいますか?

ご存じの通り、兄は相変わらずです。

私も最後まであきらめずに頑張るつもりではおりますが...

私は、兄と違って悪い事は一切いたしませんので、どうでしょうか...

とうとう、3月も終わりとなり、最終リミットが訪れてしまいました。

残念です。

後のことは宜しくお願いいたします。

2019/03/29 (Fri) 20:39

タク  

No title

本当ですよタキちゃん。なんで親にこんなこと出来るんか!!!!ちょっと信じられんです

2019/03/28 (Thu) 07:26
M

M  

To kittyさん

はじめまして(^^)

コメントありがとうございますm(__)m

本当にひどいものです。

母親本人が、このような画像を載せることを許可することがあり得ないのは、外形からも明らかです。

通常ですと、ブログ運営サイドから警告もあったりするのですが、どうやらアメブロは管理がずさんで、無法地帯化しているようです。

兄が母親の息を引き取る瞬間を動画に収めて記事にしたとき、ボクの知り合いらがアメブロに抗議したのですが、何の反応もありませんでした(汗)結局、本人に直接抗議をすることで削除させたんですけどね…

しかし、一部の画像は残ったままです。これに関して兄は、「面倒くさいからそのままにしている」と知人に答えたそうです。

2019/03/28 (Thu) 01:52

kitty  

はじめまして

管理人様

いつもブログを見させていただいております

本当にひどい‼︎ひどいお兄様ですみている私も胸が痛みました

管理人様絶対に負けないでください‼︎

2019/03/28 (Thu) 01:29

コメントする