新元号は『安久』に?誤った「仮置き」対応発表文がネットで話題に

2019年03月30日
0
0
今日のエッセイ

新元号発表のイメージ画像

ネット上で「新元号の漏えいか!?」という話題でザワザワしています。内容としては、「Apache Lucene」という全文検索ソフトを使った検索エンジン導入支援などを手掛ける会社が28日、「新元号『安久』に対応する検索エンジンのパッチリリースを発表」と題した発表文を一時的に公開しちゃったそうなんです。それを見たネットユーザーは大騒ぎとなり、「新元号を事前に知らされた企業が漏えいしたのでは?」との憶測まで出たようです。

同社は、ネットを騒がせてしまったことについて「大変申し訳ございませんでした」と謝罪しています。

スポンサードリンク

ことの真相としては、検索エンジンのパッチを作成する際に仮に「安久」と置いて動作確認を行っていたのをそのまま発表文にも掲載・公開してしまった、ということらしい。

これについては「大変軽率な行いで、深く反省している」と謝罪がなされていて、「事前に新元号が知らされていたという事実はない」とも説明しています。

もし実際に新元号が「安久」だったりしたら、大変なことになりますね(^_^;)

なお、朝日新聞の報道では、元号予想で話題になっている「安久」などについては『俗用の一種に当たるので、なるべく避ける』と、政府関係者が語っているといいます。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする