「また兄が悪事を…」不動産営業マンからの電話で驚愕の事実が判明!

2019年03月31日
0
0
胃がん闘病記・日記
悪事を許さず逮捕する警察のイメージ画像

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。もう、とてもブログを書ける状態とはほど遠い感じなのですが…。たくさんの読者の方から激励のメールをいただき、気力を振り絞って更新することにいたします。

実は、メールに加え、知り合いの方からかかってくる電話も多くなりまして。そのなかで、約3年ぶりくらいになるのかな?不動産会社で営業マンをされてる方から、身内の兄に関して「あること」を言われたのです。

今回は、読者さまへのメール返信の代わりとしてその事をご報告したいと思います。

スポンサードリンク

不動産会社の営業マンとの会話

タキタさん。ブログを観ましたが、決してあんなお兄さんなんかに負けちゃ駄目ですよ!!

お兄さんは、タキタさんが苦しんでるのを放ったらかしにしたまま、未だに暴利をむさぼっているのを知らないんですか?

そうなんですか?兄にはずっと着信拒否をされていて、会話すらしたことないですから。また兄が何かご迷惑でもおかけしたんでしょうか?

実はですね。お兄さんがウチの会社の仲介で、新築のマンション一棟を1億700万円で購入したんですよ。ところが、契約したあとになって売主とトラブルを起こしたり、ウチの営業マンとリベートの画策をしたりしたことが発覚して。

一時期は、ウチの田無本社と裁判するとかしないとか大騒ぎになってたんですヨ~。

エ~ッ!?そうだったんですか!!ウチの兄が大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。今までまったく知りませんでした(汗)

タキタさんが知らないのはウチの会社でもみんな知ってますよ。なぜなら、マンションを買うことは絶対に弟に内緒にしてくれ、と会社中の人間にお願いして回ってましたから。

そうなんですか。相変わらず頭のおかしなことをやりますよね。

きっと、タキタさんがこんなに苦しんでいるのをよそに自分がカネ儲けしているのを知られないようにするためじゃないのか?って。社内でみんな言ってますよ。問題は起こすし、弟にはひどい事をするし、とんでもない奴だって。

まあ、あんな人間なのはボクも知ってますから…。さすがのボクも、頭にきたんで、法務省に公益通報して、悪事を暴いてやったんです。

今は、法務省と東京法務局が、土地家屋調査士法違反と測量法違反の疑いで調査に動いてます。

さらに、警視庁にも「告発」という形で情報提供して、法務省と合同で動いてもらえるように依頼してあるので。もしかすると間もなく逮捕されるんじゃないかと思います。今回お聞きしたことは、追加で報告しておく必要がありますね。脱税目的の会社も作ってますから。

▼関連記事

【本当にある因果応報(自業自得)の例】法務省へ公益通報書を持参

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。今回は、「本当にあった因果応報の例」を題材にした記事を。12月19日(水)は胃全摘手術後2450日目。6年8ヶ月と2週間が経ちました。実は昨日、相手にとっては自業自得(因果応報)となる、例の「公益通報」の件で法務省に行くことになっていました。肝臓に転移・再発した胃ガンが発覚してからというもの、日々のブログで書いている通りの情けない体調なものですから、事情を説明した上、...

▼関連記事

「お兄さんが逮捕…」と1本の電話が。もうすぐ全てが終わります

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と15日目。転移性肝がんで余命宣告を受けてから、治療を放置して4ヶ月と24日目が訪れました。昨日もまったく起き上がることが出来ず(汗)何も食べないと、さすがにそのまま死んでいくので、時折ナッツや煮干しを少しずつ。基本、まともな食事は一切いたしておりません。あとは、低血糖の発作に備え、甘いコーヒーを作っておいて。寝床(といって...

へえ~、そうなんだ。お兄さん、ずっと土地家屋調査士って名乗ってたけど、最初の頃はウソついてたんだね。そりゃあ、捕まるよ。

兄は、司法書士で逮捕された時は土地家屋調査士の無資格業務で生計を立てる画策をしたんです。今度は、土地家屋調査士で逮捕されたあとのことを考えて、マンションを買ったんだと思いますよ。

懲役の実刑判決が下りて仕事がなくなっても、7部屋くらいの家賃収入があれば、ローンを差し引いても細々と暮らしていけますからね。

「ブレーキの壊れたダンプカー」元犯罪者である兄の悪事にストップをかけるのは皆さまの良心にかかっているのかも

久しぶりに電話のあった不動産会社の営業マンから、身内の兄についてのまさかの話しでボクは唖然としました(汗)

かつて、ボクが紹介した不動産会社に迷惑をかけたうえ、悪事まで企てていたとは…。

元犯罪者である兄は、過去の過ちを反省するどころか、今もなお、まるでブレーキの壊れたダンプカーのように悪事や犯罪を繰り返しているようです。

滝田泰伸

彼の行く末は一体、どうなるのでしょうか?!このまま放置すると、いずれまた大きな重大犯罪を犯してしまうかも知れません。それまでに逮捕されれば良いのですが…。その頃にはもうボクはこの世に存在しないのです。

胃がん術後7年。4月5日がボクにとっての This is it!遺書を lock on

胃がんブログの管理人Mです。2019年4月5日は、ボクにとっての記念日となります。ボクは、2011年11月9日に東京警察病院で胃がん宣告を受けました。その後、すぐに築地のがんセンターへ転院しましたが、そこで初めて手術不能だと告げられたのです。正式な病名は、「高度リンパ節転移胃癌」。病期は、「最低でもステージ3b以上」というものでした。ボクはそれでも手術への希望を捨てず、臨床試験に参加。シスプラチン、ドセタキセル、...

もしかすると、彼にブレーキをかけるのは、皆さま一人一人の良心にかかっているのかも知れません。

胃がんブログゆうらりHappySmileの更新が途絶えた場合、情報提供先は?

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。最近、ボクが闘病ブログを再開したことで、さまざまな方から沢山の励ましメールを頂いております。こんなボクのために色々と案を練って下さり、感謝の念で一杯です。ありがとうございますm(__)mメールを頂いた方々には、ブログ再開前に「予約投稿による遺書」が公開されてしまった経緯や、現状についてなど、ざっくばらんにご報告させてもらってます。▼予約投稿による遺書とは?胃がん ブ...

【母親の苦しみ】息を引き取る瞬間、眼に映る最期の景色はスマホだった~絶食4日目

こんばんは。胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と26日目。転移性肝がんで余命宣告を受け、治療の放置を続けてから5ヶ月と1週間が経過しました。絶食4日目。重力がズシリと重く感じるというか、さすがに動けません(汗)もう、ブログも控えたほうが良いですね(笑)と思いつつ、今回は、読者の方からいただいたメールを簡単にご紹介します。...

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする