新世紀エヴァンゲリオンを産んだGAINAXというアニメ制作会社の思い出

2019年04月10日
0
0
今日のエッセイ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 葛城ミサト フィギュア

FC2ブロガーのMです。今回は、「新世紀エヴァンゲリオン」について。ちょっと自分的にいって畑違いな分野なのだけれど、約14年ほど前に、エヴァを産んだGAINAX(ガイナックス)というアニメ制作会社と仕事で関わった経験のことを記事に書き記しておこうと思います。

スポンサードリンク

ボクが仕事で関わった有名人・芸能人で一番すごいのは誰?

ボクは、これまで長年にわたって不動産に関わる仕事をしてきました。不動産は高額な取り引きのためか、当事者となる買主・売主のなかには有名人や芸能人も多く名を連ねました。

ついちょっと前にご結婚された中◯◯紀さんや、広◯涼◯さん、元モー娘。の◯◯彩さん、さまーずのメンバーの一人、ビビアン◯◯さん、自殺なさった清◯由◯子さん、過去に都知事選に立候補したこともある磯◯尚◯さんetc…。

その中で、「関わった有名人の中で誰が一番すごいのか?」と職場で話題になったことがありました。

ボク的には、女優の中◯◯紀さんでした。しかし、それは人それぞれの好みによって左右することなので却下されました(汗)

結論として、大多数の人から名前が挙がったのは、ボクにとっては意外なものでした。

新世紀エヴァンゲリオンを産んだGAINAXのこと

職場のみんなから一番すごいと挙がった名前はGAINAX(ガイナックス)という会社と、その社名の書かれた名刺をボクに差し出した貞〇義〇という人物でした。ボクはその当時、GAINAXという会社名や貞〇義〇という名前を聞いてもまったくピンときませんでした。

約14年前の土地取引

話しは約14年前、2005年に遡ります。ボクの取引先だった不動産デベロッパー会社が吉祥寺に土地を所有していたのですが、その土地を買いたいという人がいるので、所有権移転の手続きを依頼されました。

いろいろと事前に準備を整え、いよいよ決済日がやってきました。決済場所は、吉祥寺にある三菱UFJ銀行。決められた時間通りに一同が会しました。

メンバーはボクのほかに、売主のデベロッパー担当者、不動産仲介業者、買主の貞〇義〇さん、そして、買主さんの付き添いとして顧問税理士が同席しました。

買主はアニメ業界の有名人

ボクは、買主さん個人が顧問税理士を引き連れるケースは珍しいなあ、と思いました。決済場所の銀行は、単なる場所借りだけ。吉祥寺の土地をキャッシュで購入するのですから、かなりの資産家であることには違いない。一体、どんな仕事をしている人なのだろう?

疑問に思っていたボクに、売主の若いデベ担当者が教えてくれました。

「この方は、アニメ業界ですごい有名なんですよ!名前を見てピンと来ませんか?!」

残念ながら、この時はピンと来なかった(汗)

その方の見た目は威張った雰囲気が微塵もなく、とても大人しそうな印象を受けた。

とりあえず、所有権移転に必要な書類にひとつひとつ署名・捺印をもらわなければならない。顧問税理士を通して説明し、書類を受領。決済は無事終了した。

PDFファイルを閲覧

「GAINAX→貞〇義〇=新世紀エヴァンゲリオン」だということをボクは知らなかった

アニメ好きな同僚がいたので、会社に戻ってから一連の出来事を話した。そして、買主の貞〇さんから頂いた名刺を見せると「エエッ?!何で事前に教えてくれなかったの!!」と怒られました(゚o゚;;

名刺には、GAINAXという社名と、買主さんの名前が入ってたのですが、どうしてもこの名刺を記念に貰えないか?と請願されたので、同僚にあげることにしました。

その同僚は、ボクが会社を辞める時まで大事そうに名刺を机に飾っていました。

「GAINAXという会社や、貞〇義〇って人はそんなに凄いのか?」ボクはずっとそのように思ってきました。なぜなら、ボクには誰一人としてGAINAXが「新世紀エヴァンゲリオン」の制作会社だとか、貞〇さんがエヴァのキャラクターデザインを手がけた人だとか教えてくれなかったからです。

新世紀エヴァンゲリオンなら、アニメに疎いボクだって知ってましたよ。当然(汗)おいおい、誰か教えてくれよ~(^_^;)

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする