もう、呆れましたよ。土日に電話がなかった理由に信じがたい返答が…

2019年04月16日
0
0
胃がん闘病記・日記

「夜空のイメージ画像」弁護士からやっと電話が来たのは昨晩になってからだった

胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣(胃癌)が再発した転移性肝がんで余命宣告を受け、治療を放置してから5ヶ月23日目です。

昨夜になって弁護士さんからやっとお電話を頂きました。内容は予想通りというか、ちょっと信じがたい返答でした…。

スポンサードリンク

なぜ、金、土、日、月曜と、今まで連絡がなかったのかを尋ねました。すると、このような返事がボクを唖然とさせました。

「土日は休みなんでね。」

報告の電話なんて3分もあれば済むことだと思うのですが…。ボクはこのためにさんざんストレスを山積させてあえぎ苦しんでいたのか…。

ちょっと言葉を失いました。とりあえず電話を切り、有志の知り合いに報告。今、数人で集まって打ち合わせをしてくれてるようなので、これ以上の事は後に支障が出てもいけないので、ここでは書くのを控えますね。

しかし、電話を切ったあと、クレームのメールを送りましたよ。弁護士さんに。今のボクにとっての1日1日は命に関わる大切な時間で、ずっと土日も山積するストレスに耐えながら我慢していたのに、どういうつもりなんですか?と。

もしかして、わざと故意的にやっているのではないですか?とまで書いた。すると、折り返し電話がかかってきて、詫びを入れてきました。今まで電話で話していたけれど、明日は警察と打ち合わせしてくれるとのことです。

有志の知り合いの方も極秘で動いてくれている。ボクはなおも人を信じて生きる道を歩むしかありません。

そうすれば、自分自身ギリギリまで追い込まれても必ず悪は滅びると信じている。

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
M
Posted by M
FC2ブロガー/ファッション研究家/企業家/投資家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする