ショーケン5年、ボク1年。炎症反応or寒気、握力低下で持ち運びに不安も…

M

2019-04-28
胃がん闘病記・日記
0 COMMENTS

転移性肝がんで余命宣告を受け、無治療のまま半年。寝たきりで苦しんでいるイメージ画像

胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣(胃癌)が再発した転移性肝がんで余命1年以内との宣告を受け、無治療のまま迎えた6ヶ月と4日目です。

裁判が4月25日に行われたことを26日の記事で書きました。いつもなら、弁護士から裁判に出廷したことや、次回の日程についての報告があるはずなのですが、何も連絡がないままゴールデンウィークに突入してしまいました。

がんの進行で体が日に日に蝕まれていくボクの容態を心配して連絡が来ることもあれば、まったく音沙汰がなかったり。こんなことがずっと繰り返されていると本当、人間不信に陥りますよ…。

ボクのがん治療をはじめるために、例の説得交渉はちゃんとやってくれているのだろうか?今のボクにとっては、GWなど何の意味もないのです。

いったい、「人の命」というものを何だと思っているのでしょうか?結局、GW1日目は心身ともに苦しむことに終始したのでした。

スポンサードリンク

ショーケン5年、ボク1年。がんの「余命宣告」医師の目利き

ショーケンこと萩原健一さんが、GIST (ジスト、消化管間質腫瘍)の再発で余命5年の宣告を受けていたことを知った。

▼関連記事

ショーケン・萩原健一、GISTで5年の余命宣告されたことを著書で告白

ショーケンこと俳優の萩原健一さん(享年68)が先月26日にGIST(消化管間質腫瘍)で亡くなったことを記事に書きました。今回は、萩原さんの死後に明らかとなった続報です。萩原さんは、4年前に「余命5年」と宣告されていたことがわかったそうです。...

ボクの場合は、無治療を続けたならば最長で余命1年とされた。

▼関連記事

ボクの余命は「最長1年以内」肝臓への再発胃ガン宣告

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。やっと、大学病院から帰宅しました。▼前回の記事GTO…。主治医の言葉でめちゃくちゃに泣きたくなったこんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。流石にもう、ブログを書くのをやめようかとも思いましたが…。「オレも男だ!!」歯を食いしばっての更新です。再発胃ガンの検査結果を聞きに大学病院へ胃がんの再発→肝臓への癌の転移を調べるために先週おこなった造影剤CT検査。今日はその結果を...

ショーケンの場合は5年まで持たずに4年で急逝された。医師の目利きよりも1年早かったということですが、粘膜から発生する胃がんや大腸がんなどとは違い、消化管の壁にできるGISTならではの恐ろしさということなのでしょう。

無治療のまま半年が経過したボクの場合、医師の目利きはどうなるのでしょうか?

がんで衰弱?「握力低下」の続き、持ち運びにも不安が

前回の記事でインスタントコーヒーの蓋が開けられなくなったことを書きました。

▼前回の記事

握力がない!?がんの進行がリアルに…「コーヒーの蓋が開けられない」

胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣(胃癌)が再発した転移性肝がんで余命宣告を受け、無治療のまま6ヶ月と3日が経過しました。貧血によるものか、低血糖が原因なのかは不明ですが、目まいがやたらとひどいわけでして(汗)こんなときは、気付け薬の代わりに甘いコーヒーを飲むのが習慣です。電気ケトルでお湯を沸かしながら、タンブラーに砂糖を小さじ5杯入れる。次に、インスタントコーヒーを取り出して蓋を開けようとし...

一瞬、がんで体の衰弱にともなった「握力低下」か?!と驚きました。しかし、蓋なんてものは、締め方が悪いと開かなくなってしまうことがあるものです。よって、あまり気にせず、様子を見ることにしました。

ところが、数時間後に喉の渇きを感じたので、麦茶をコップに注ごうとしたら、手が滑ってボトルを落としてしまいました。

急いで拾ったので事なきを得ましたが、麦茶を注いだコップをテーブルに運ぼうとしたところ、また手が滑ってしまいまして…。

何と、床に麦茶をぶちまけてしまって唖然!辺り一帯がびしょ濡れとなったのです(汗)麦茶で良かったなぁ( ;´Д`)

やっぱり握力がおかしい。持ち運びにも不安が起こり、何だかショックです。昔はりんごが潰せるくらい握力には自信があったのですが…。

これからは、何をするにも気をつけて行動しなければいけないのでしょうね。

「炎症反応」に「寒気」めまぐるしい体調の波

もうすぐで5月だというのに、気候というものがまったく体感できません。なぜか寒気でいつも震えています…。

かと思うと、断続的に暑苦しい倦怠感が襲ってくるのですから、めまぐるしい体調の波にはいつも後手後手に回っている次第です(汗)

たぶん、これはがんの仕業?なのではないかと。胃がんの術前抗がん剤治療の際に同じような体験をしていて、治療が延期になったことがありました。その時と症状がよく似ているんです。

▼関連記事

抗がん剤治療が延期、高熱で思い出す「幼少期の悪夢」

続く体調不良で抗がん剤投与が3日延期2011年12月15日にがんセンターへ入院した時のこと。翌日から抗がん剤を使った術前化学療法をやる予定でした。ところが、入院と同時に高熱を出し、抗がん剤は1日延期になりました。その後も高熱は続き、新たに白血球の数値も上昇。その結果、何と、3日も延期となり、入院が長引いてしまったのです。一体どうしてしまったんでしょうね…。やっぱり精神的なものだったのかな。この時は、前回の記事...

人間不信に体調不良。この先の自分は一体どうなってしまうのでしょうか?!

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
#胃がんブログ#胃がん闘病記#転移性肝がん#人間不信#がん炎症反応#がん握力低下#がん寒気#がん余命宣告#胃がん再発ブログ#ショーケン

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする

未分類 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5787)
胃がんブログ (244)
よりぬき 胃がんブログ (16)
胃がん闘病記・日記 (5478)
胃がん手術後の食事記録 (6)
胃切除後の料理など (33)
がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (82)
ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (24)
がん のこと(ガン情報全般) (415)
がんブログ (231)
がんニュース (184)
胃がん 障害年金ブログ (71)
障害年金 - 準備編 (23)
障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (126)
Amazonセール (2)
📱kindleセール (123)
今日のエッセイ (53)
ニュース・芸能・話題 (600)
恋愛・人間関係 (20)
終活ブログ (10)
グルメ (43)
胃切除後の食事・レシピ (668)
ご飯・おかゆ・和食 (174)
おかず (138)
味噌汁・スープ (73)
カレー関係 (66)
パン・洋食 (63)
麺類 (113)
その他、簡単レシピなど (38)
ブログ (198)
FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (175)
趣味や将棋のこと (22)
ファッション (1)
司法書士 (26)
仕事・実務や登記のこと (1)
事件ファイル (25)
COLLECTION (28)
家電 (13)
ホーム&キッチン (4)
ビューティー&ケア (4)
QOLの改善&ヘルスケア (2)
お酒 (5)